ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
2014.06.11 Wednesday

陽炎に君を探して 4

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R7723.JPG

《パパ》

優月、また首輪をどっかに置いて来ちゃったね、ちゃんと持って来なきゃダメじゃない、雫をたまには見習ったら?もう長〜いこと同じ首輪をしてるから雫の首輪はボロボロだよ、それに結構なお値段なんだから大事にしてくれなきゃ。

《優月》

そんなこと言ったって遊びに夢中になってたら知らない間にどっかへ行っちゃって、探したんだけど見つからないんだよね、でも、そんなボロボロのを大切にしてるなんて、ほ〜んと雫姉ちゃんは物持ちがいいよね〜!

《パパ》


あのね優月、まだ使える物は大切に使って行く、それがかっこ良かったりもするんだよ、何でもかんでもとっかえひっかえ新しい物を買うなんて、それは物が欲しいって言うよりただお金を使いたいだけなんだよ、分かるかな優月?

《優月》

う〜ん、なんとなく分かるけど、でも雫姉ちゃんは物持ちがいいわりには男をとっかえひっかえするよね、これっていいのかな? ねえ雫姉ちゃん!

                                                           ーおしまいー


ーバカね〜優月、男を大事に使ったってどうせそのうちボロボロになるじゃない、そうなる前に新しいのと交換よ!ー by 雫


ってなわけで、今朝はこれからお袋を施設に送り届けたらまたお互いの日常が始まります、本人はいろいろ思うところがあったようですが、穏やかな日々を過ごしてくれる事を願うばかりです。

さてさて、ここにきて奥さんからの連絡がぷっつりとなくなってしまって、あれ〜、どうしたんだろ〜?と思わないでもないパパさんです。

7日には北京入りしているはずだから、今日を含めてもう5日も連絡がない事になります、もちろん連絡をしようと思えばパパさんからでも出来るのですが、な〜んでパパさん連絡を取らないのでしょう?

まあ、頭の片隅に最悪のケースがないほどパパさんも能天気ではないので、リスクを背負った結婚である事は分かっています。

でも、燃えたぎるような想いから信頼へと、それが結婚であるとするならば、今のパパさんは敢えて連絡を取らなくとも落ち着き待っていられます、う〜ん、それが能天気かもー!


これはあくまでも余談、ここだけの話、ひそひそ話、門外不出ですが、パパさん昔は大恋愛をしました、でもその恋は成就しませんでした、そしてパパさんは少しの間、彼女への想いを引きずる事に・・・

それをきっかけにパパさんは変わりました、恋の痛手は引きずらない、あるのは前進のみ、次へ次へと進むだけ。

だから、パパさんの変わり身は早いです、もしも、もしも、もしもー、今回の結婚がダメになってもパパさんはスーパマンの如く、早〜く着替えます、あくまでも、もしもーの話です。

お口にチャック、よろしくね。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!

 
{love}
2014.06.07 Saturday

唇かみしめ 汽笛を鳴らせ! 8

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R6648.JPG

《雫》

パパ、素敵な場所ね〜、新婚さんもいっぱいじゃない、こんなところに連れて行ってくれる星の王子様が早く目の前に現れないかしら、それでここはなんていうところなの?

《パパ》

綺麗だよね〜、ここはギリシャのサントリー二島って言うんだよ、海も綺麗、空も綺麗、なんてったって建物のカラフルさに目を奪われるよね、雫はこんなところで結婚式を挙げたいのかい?

《雫》

そうよパパ、もう贅沢は言わないわ、だからお見合いをセッティングしてちょうだい、すべてを投げ捨ててこの体を奪い去ってくれる、地の果てまでもこの胸をときめかせてくれる、そんな男が欲しいのよ!

《パパ》

あはは!朝から過激だね〜! でも雫、雫の新婚旅行にはもれなくパパがついてくるからよろしくね、って言うか、パパとママが先に新婚旅行で見て来てあげるから、それからでもいいんじゃない?

                                                           ーおしまいー


ってなわけで、本番直前に弱〜いパパさん、少し胃腸風邪の症状があったので町医者で診察してもらい薬局で見付けた一枚の写真、本当に目を奪われました、サントリーニ島。

さてさてうちの奥さん、昨夜は家族や親戚と最後の晩餐会を楽しんだようでありました、送られてきた写真には彼女を祝福してくださる方たちの沢山の笑顔、素敵な人たちに恵まれて彼女は幸せそうでした。

今日の夜8時頃、列車に揺られ彼女は北京に旅立ちます、みなさんの言われるように女の人は逞しいんですね、感傷的になっているのはパパさんだけかも知れません。

わざわざ夜行列車にしなくても、パパさんだったら号泣する事間違いなし、北京までは800km、あの小さな体に威海の街並みと潮風を抱きしめて、今晩彼女はミッドナイトトレインに身を委ねます。

人生の幕引きをする時、パパさんの傍にはいつも笑ってくれている彼女がきっといてくれる事でしょう、そしてパパさんは彼女に最後にこう言うはずです、”もう一度パパさんと出逢ってくれるかい?”

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!


                                                          

 
{love}
2014.05.02 Friday

死しても命をまだ燃やせ!

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R6115.JPG

《パパ》

お掃除、お掃除、楽しいな〜♪ルルルルル〜ン!雫、お部屋が綺麗になるのは気持ちいいね〜、今日は天気が良くなりそうだから洗濯してお布団も干そうね。

《雫》

パパ、脳天気に歌なんか歌ってる場合じゃなくてよ、明日からはGWの後半戦、いよいよ東京ニャンズーランドで決起集会ね、これは弔い合戦なの!いよいよ立ち上がる時が来たわよ、これ、スピーチの原稿だからお願いね!

《パパ》

え?なにそれ、パパはなんにも聞いてないよ、しかも何の準備もしてないし、うそ!車中泊なの、え〜、家族5人ではきついでしょ〜、日を改めようよ、それにパパ、どっちかって言うと東京ディズニーランドの方がいいんだけど。

《雫》

つべこべ言ってないでパパ、原稿に目を通しておいてね。

”我々は人間に対して抗議する、今すぐ殺処分などという愚かな行為は止めろ!死んで行った同士に哀悼の意を表せ!”

”我々は人間の敵ではない、これだけ多くの代償を払って人間に歩み寄っている我々に、まだ代償を払えと言うのか、それならば人間も代償を払え!同じ痛みを感じろ!”

”人間は卑劣だ!ボタン任せの殺処分に頼らず自分の手で我々の首を絞めてみろ!それが責任だ!子供が出来たから、親が痴ほう症になったから、そんな理由で我々は命を絶たれるのか!” 

”この闘いは無くならない、人間が我々に挑んでくる限り悪夢の中で生きて行かなければならないだろう、けれど、諦める事はない、我々と一緒に闘ってくれる人間も数多くいるからだ、恐れるな、今こそ立ち上がれ!”

                                                         ーおしまいー


 
{love}
Powered by
30days Album