ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.02.18 Thursday

刹那に生きる君が好き 陽だまり抱きしめ頬寄せれば ただ幸せで涙あふれて

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R5372.jpg
 
《とら》

あらパパ、珍しく今日は早起きなんですのね、まだ雫お姉様も優月さんも誰も起きていらっしゃらないっていうのに、でもこんな朝早くからストーブの前でいったい何をしていらっしゃるの?それにそんなパジャマだけではお風邪を召しになりますわよ。


《パパ》

おはようとらちゃん!とらちゃんも早いんだね、これかい?これは寒耐と踏雪の靴下だよ、ほら、今の時期って靴下を履く時にひんやりして嫌じゃない、だからこうやってストーブで温めといてあげるんだよ、いっつも”パパあれやって〜!”ってせがまれるから、今日ぐらいは朝起きてくる前にやってあげておこうと思って、よかったらとらちゃんの靴下もパパが温めてあげようか?

《とら》

そうでしたの、とってもお優しいんですのねパパ、でもとらは大丈夫ですわ!それよりとらの考えている事とパパの考えている事が一緒だったなんて、とってもびっくりしていますのよ、だってとらはパパのために、只今パパの靴下を温めて差し上げているところなんですもの、あら、”チーン!”って音がしましたから出来上がりかしら?とってもいい匂いがしてきましたわ、おほ!おほ!おほほほほー!

《パパ》

と、とらちゃん、トースターで靴下を温めちゃダメでしょ!ぷぷぷ!

                                                              ーおしまいー


ってなわけで、せっかくとらちゃんが温めてくれた靴下だもん、パパさんは”アツッ!アッチッチー!”って言いながらも、嬉しそうに履いたんだったとさ、火傷しないでよ〜パパさん!ぷぷぷ!

さてさて、今日は快晴のパパさん地方、とは言え優月が朝からリバースしたので布団のシーツを洗う羽目に、でもちょうど洗おうと思ってたからグッドタイミングかもー!まぁ本人はいたって元気、そのあともご飯を食べてたしね。

奥さんがパパさんに靴下を温めて渡してくれるので、パパさんはふと小さかった頃の事を思い出しました、あの頃はグランマやグランパがパパさんに、掘りごたつで温めた靴下を履かせてくれたものでした。

ご飯を食べ終えテレビを見ている間に寝てしまっているパパさん、そんなパパさんをそっと抱きかかえ、二人がかりで温めた下着とパジャマに着替えさせてくれるわけですが、なんせ寝てしまっているもんだから、さぞかし重かっただろうと思います。

今こうして思うと、確かに母親の愛情をパパさんは得られなかったけど、でもとてつもなく深く絶え間なく、二人はパパさんを愛してくれていたのだと思います、大した大人にはなれなかったから、ごめんだよグランパ、グランマ。

だけど今話が出来るなら、ちゃんとお礼を言いたいし、ちゃんと恩返しをしたいんだ、どれだけその愛が、今のパパさんを作ってくれたことか、本当に感謝しています、二人の孫で良かった、また会えるよねグランパ、グランマ、いつも見守っていてくれて、ありがとう!

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!




 
{love}
2016.02.02 Tuesday

My goodness!

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R2751.jpg

《踏雪》

おみゃあさん、なんぞワシに恨みでもあるんかなも?前にワシがこのブログに登場してからはい(もう)十日もたっとるがや〜、一生懸命に名古屋弁を浸透させようと骨折ったとるんだで、パパももうちょっと協力してくれなだちかんに、なんならワシ、毎日登場したってもええんだでよ〜、その代わりと言っちゃあなんやけど、前に食べたあれがどえりゃ〜うまかったで、もっかいワシに買ったってちょ〜すか。

《パパ》

もちろん感謝してますよ踏雪には、でもネタがないから毎日ってのは厳しいかな、それよりあれって”クレープ”の事だよね、お店でパパは”イチゴバナナクレープ”を、踏雪は”マンゴーキュウイクレープ”を食べたんだっけ、まぁ美味しいには美味しいんだけど、あれだけ待たされると嫌にならないかい?並んで立ってるのも辛いし・・・

《踏雪》

何を言っとりゃ〜すのおみゃあさん、あの並んどる時にぷ〜んと漂ってくる匂いがええんだがね、ワシなんかお腹がグースカピースカ言っとったもんで、ちょっと列を離れてベンチでクレープ食べとるカップルに後ろからそ〜と近づいて、こそっ〜と女の子のクレープをつまんだったがね、そしたら真っ赤な顔して怒らしたわ、だでワシ言ったったんだて、”鬼は外〜!”って、あかんかったかなもパパ?ガッハッハー!

《パパ》


あ、あかんでしょ!

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、迷子で呼び出されなくて良かったよね踏雪、でも本当は踏雪のあまりの可愛さに、その女の子は踏雪を抱きしめたんだったとさ、おかげでその彼氏、踏雪にやきもちを焼いてデートが一日台無しになったんだって、んっなこたぁ〜知らないよねパパさん!ぷぷぷ!

さてさて、今日もいい天気のパパさん地方、おかげで洗濯物もよく乾くし、にゃんこのトイレを掃除するにも大助かり、まぁ部屋を掃除するときに奥さん窓を全開にするので、それだけはやめてほしいかな〜、年が10歳違うと体感温度も違うんだからね。

それにそろそろ花粉が飛び始める頃、奥さんは日本に来て少し花粉症になったみたいだし、これからが辛いだろうね〜、パパさんはもう何十年と山の中に住んでるのでどうやら大丈夫みたいです、でもにゃんこはどうなんだろう?

昨日は茶トラが夕方に来てくれました、朝もパパさんが起きて行くと炬燵でお寝んねしてたみたいで、でも夜中にはいなかったから明け方来たのかな、ご飯をみゃぁ〜!とおねだりし、思う存分食べた後、どこかへ遊びに行きました、まだ寒いのにね〜。

みんな明日はお豆を年の数だけ食べて、恵方巻きをがぶりして下さいよ〜、でも恵方巻きって結構高いんだよね、それにあれを全部食べようと思うとかなり大変だし、けどあれだけの量を食べれるって事は健康だってことかな、だから頑張って食べるのだー!おしゃべりは禁物だよー!みなさんのお家の南南東はどっちかな?


では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!



BT6R5441.jpg















 
{love}
2016.01.26 Tuesday

何かを感じてくれたかい? そんな気持ちが嬉しくて

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R3000-2.jpg

《優月》

うひゃ〜、痛そうだねパパ、あんまり我慢できないようなら何か塗り薬でも持ってきてあげようか?でも逆に痛みが倍増するかもよ、そもそも家だからって靴下を履いてないからそういうことになるのさ、雫姉ちゃんにも”自業自得よね〜”って軽くあしらわれてたじゃない。

《パパ》

い、痛いー!涙がちょちょ切れるほど痛いよ〜!だ〜から前々からパパが言ってるじゃない、ここには箪笥を置かない方がいいって、どんなに気をつけてても3回に1回は箪笥の角に足の小指をぶつけちゃうんだから、もうちょっとなんとかしてよ優月〜?

《優月》

な〜んでパパはもっと違うところで運を使わないんだろ、そうそういないよ、3回に1回も箪笥の角に小指をぶつける人なんて、まぁもしその痛みを早く取り除きたいんだったらパパ、このトンカチで膝を思いっきり叩いてみればいいさ、膝はしばらく痛いだろうけど、その痛みで小指の痛みが忘れられるし、脚気かどうかもわかるしね、どうパパ、やってみない?

《パパ》

え、遠慮しときます・・・(優月にこんな入れ知恵したのは、きっとあのお嬢しかいないよな〜、ねぇ雫!)

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、パパさんの説得も虚しく未だ箪笥の位置はそのままなんだって、相も変わらずおっちょこちょいのパパさん、今度は物干し竿に頭をぶつけたんだったとさ、な〜んで目の前にあるのに分かんないんだろ、ねぇパパさん!ぷぷぷ!

さてさて、今日のパパさん地方はいい天気!気温は5度ぐらいなんだけど、でも日差しがなんだかとっても暖かくて、太陽を背にするとほんわかしちゃうよね〜、ストーブなしでもにゃんこたちはとっても気持ちがよさそうで、一緒にお昼寝したいのだー!

そうそう、パパさんちに来るようになった茶トラ、雌だと思ってたのにどうやら雄の様です、若いせいもあってかほ〜んとよく食べるんだよね〜、この間は扉越しに雫に”シャッー!”されてました、まぁ当然と言えば当然ですが。

一番驚いたのは、今までうちの雫や寒耐なんかを餌付けをした時には一度も台所に入って来る事などなかったのに、この茶トラ、なんとお勝手口からビビりながらも入って来るんですね〜、新鮮というかなんというか、パパさんとしては初めての経験です。

外でご飯をあげてた頃はストーブを出してあげたんだけど、でもどうにもこうにも寒そうなので、今ではもひとつ格が上がり、ひと部屋を開放して、そこに炬燵を出してあげてます、夜中はどうやらぬくぬくの中で寝ているようですね。

パパさんと茶トラの距離は15cmまでに縮まりました、まだまだシャッー!もするし、触らせてはもらえませんが、パパさんの人差し指の匂いを嗅ごうとうする仕草には心温まるものがあります。

とりあえずはこの冬を、風邪をひくことなく乗り切ってもらいたい、ただただそう願うばかりです。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!


BT6R5131.jpg




BT6R5113.jpg




BT6R5128.jpg



 
{love}
Powered by
30days Album