ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.04.20 Monday

君もいつかは思い出す 屋台の匂いと笛太鼓 大きな杉を傘にして 頬張る口にはリンゴ飴

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R0261.JPG

《雫》

パパ、そっちはどうなの?温泉って男湯と女湯が違ってたりするけど、こっちはとってもいいお湯だわよ、だ〜れもいないお風呂にひとりっきりで入るっていうのはこの上なく幸せよね〜、都会の喧騒を離れて過ごすこのひと時、身も心もいやされるー!

《パパ》

あ、あのね雫、パパんちは田舎だから喧騒のけの字もないし、いつものんびりしてるじゃない、でもまぁこんないいお湯はお家では味わえないからね、ゆっくり入るといいよ、男湯には”箱湯”なんてのもあって、けっこう楽しいけど、そっちにもあるんだっけ?


《雫》

もちろんあるわよパパ、それにこっちの大きなお風呂にはバラの花が浮いていてとっても綺麗なんだから!他に誰もいないから、ほんとはパパと一緒に混浴でもさせてあげたいんだけど、それはまた今度のお楽しみにしといてね!だって旅館の従業員さんに見つかったら大問題になるでしょ?

《パパ》

え〜と雫、パパはもうすでに混浴状態で心臓バックバク、今にも鼻血が出そうなくらい興奮してますけど・・・そ〜とそ〜と目を合わせないように、このままそ〜と何食わぬ顔で混浴してないとね、だって湯けむりの向こうには、頭に手ぬぐいを乗せたお猿さんが・・・

                                                              ーおしまいー


ってなわけで、”これは大問題にはならないのかー!”と、大きな声で叫びたかったパパさん、でもパパさんの体は硬直状態、横に来たお猿さんがパパさんの髪の毛を毛繕いし始めたんだったとさ、綺麗にしてもらえて良かったね、パパさん!ぷぷぷ!

さてさて、ここんところは晴れ間が続かないパパさん地方、いったいこの雨はいつまで続くんでしょうか?今日も雨、なんだか梅雨を早々に経験している気分ですね〜、でもじとじと梅雨はまだこれからやって来るんだった!嫌だな〜!

昨日はお祭りがあったので、サンドイッチを作りちょっとだけ見学に行ってきました、天気予報では雨は夕方からになっていたので安心していたのも束の間、もう行く途中から雨に降られてしまいました。

パパさんと奥さん、パパさんの男友達とその子供二人の計5人で見に行ったんですけどね、でも小さな子供2人の面倒を見なければならない父親、いやぁ〜、大変だなぁと思いました、パパさんもいずれあんな風になるのかな、因みにその父親にはまだ1人子供がいて、奥さんとお留守だったようです。

お祭り自体は本当に小さなものでしたが、雰囲気を楽しめただけでも良かったかなぁとは思います、主催する側にも苦労があり、街へ街へと出て行ってしまう若者を、お祭りだけの為に呼び戻すと言った事もあるようです。

なんでもそうですけど、いくら伝統だからと言ったってそこに魅力を感じないようであれば、続けて行く事は難しいんでしょうね、手を変え品を変え、生き残って行く為にはそれこそ”企業努力”ってものが必要なわけで、でなければ消え去って行くのは目に見えています。

パパさんのところでも、昔のやり方のままで頑として譲らない方がまだおられたりしますが、でも結局どん詰まりになってケツを拭かされるのはパパさん世代、後の事を考えないで”昔のままで”というのはあまりにも時代に逆らっているのではと思ってしまいます。

若者がやりやすい様に、後に残された人たちに負担をかけないように伝統を受け継いでもらうのが今いる人たちの役目、いつまで経っても上から目線で昭和を押し付ける様なやり方は、昭和生まれのパパさんとしては悲しい限りです、昭和を愛し続ける、昭和を残して行くにはどうすればいいか、今一度考えて欲しいものです。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!


おまけ




中の人は終わったあと、汗びっしょりでした





IMG_8029.JPG

なかなかお似合いで!





IMG_8064.JPG

う〜ん、どっかで聞いた覚えが・・・







雨じゃなかったら・・・







これは分かる・・・










 
{love}
2014.09.29 Monday

ご褒美の幸せは木陰の下で

JUGEMテーマ:ねこのきもち

さてさて、昨日は瀬戸の猫祭り、とっても疲れたけどとっても有意義な一日になりました、気温もおそらく30度を越していたんではないでしょうか、とっても暑くて汗だくになりましたね〜。

猫祭り自体はパパさんにとっては”まぁ、こんなものか”と言うのが正直な感想です、それなりに見る物はあったりしましたがイマイチ盛り上がりに欠けていたかな。

前に行った瀬戸物祭りでは川沿いに出店が並び、人が街を埋め尽くすと言った表現がぴったりなぐらい人出が多かったですが、今回はお店自体も少なかったので少し残念な気がしました。

じゃあパパさんは何が楽しかったのか、それは関西から来て頂いたみなさんと公園の木陰でお弁当を広げて一緒に食べた事、全部で6人と少人数のオフ会ではありましたが色んなお話をさせて頂き面白かったですね〜。

とらちゃんのママにもお越し頂いてパパさんとはおおよそ5か月ぶりの再会となったわけですが、元気そうで安心しました、リハビリは続けておられるようで、ゆっくりゆっくり気長にお体を養生して行って欲しいと思います、また会おうね!

電話やメールで話した事があったり、SNSの投稿を見て猫さんを知っていても、そのパパさんやママさんの顔は知らないままと言うのが現実、そんな中で初めて会うというのはなんだか不思議な感じがしました。

今まで電話で聞いていた声やSNSに投稿された文章が、次第に目の前におられる本人とだんだんとリンクして行き、やがてはその人そのものになる、そうなるまでには大した時間も必要なかった気がします、みなさんに会えて良かった、本当に。

どうもパパさん、風景を撮るのはあまり向いていないらしく、撮影禁止の場所もあったりとみなさんにお見せできるような写真はこれと言ってないわけですが、こんな写真を2枚だけ、後姿の女性はパパさんの奥さんです、たぶん・・・いや、間違いなく・・・

また今日からみなさんそれぞれの世界へ戻って行かれます、なんだか少し寂しいですが、でもまた会える事を信じて日々を過ごして行きたいと思います、本当に本当にお疲れさまでした、そして、ありがとう!

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!


IMG_7229.JPG

なんのパロディだか分かりますか?ちょっと怖かったりもしますが・・・パパさんが感心したのはもちろん犬神家に”色が三毛”をぶつけて来たところですが、なかなか三毛猫の色を”色が三毛”、そして”犬神家”まで持って行くのは至難の業?頭が柔らかいんでしょうね〜。

IMG_7174.JPG

まったくこの人、パパさんの前から消えてしまう事も度々、シャトルバスに乗る時にはバスが人でぎゅうぎゅう詰めだったので、”15分待てば次のバスに座れるから待ちましょうか”とみなさんと話しているにもかかわらず、”大丈夫、大丈夫!”と言って勝手に乗って行くありさま、お、恐るべし中国パワー、身長148センチしかないのにね。
 
{love}
2014.09.20 Saturday

Without You

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R1567_2.JPG
《とら》

婆や、まだですの?あれほど言ってありましたのに用意が出来ていないなんて、とらはずいぶん前から楽しみにしておりましたのよ、パパからも一言婆やにお小言を言って頂けませんかしら、それになんでもリムジンや専用ジェット機は乗り入れ禁止だとか、いったいどうすれば宜しいのかしら?

《パパ》

あれ〜とらちゃん、いったい何をそんなにプンプンしてるの、あんまり怒るとせっかくの美人さんが台無しだよ、婆やはいつもとらちゃんの為に一生懸命やってくれているんだから少しぐらいの失敗は大目に見てあげなくちゃ、なんならパパが車で送って行ってあげるよ、まぁ、小っちゃい車で我慢できればの話だけどね、で、どこへ行くの?

《とら》

パパ、お言葉を返すようですけどとらは怒っても美人ですの、”生まれ持った美貌”っていうのかしら、この美しさは誰にも止められません事よ、おほほほ!じゃあ今日はパパの車でお願いしようかしら、せっかくの申し出を断るわけにはいきませんものね、そろそろお出かけしないと遅れてしまいますわ、行きますわよパパ、いざ”瀬戸猫祭り”へ。

《パパ》

と、とらちゃん、ちょっと言いにくいんだけど・・・”瀬戸猫祭り”は来週です・・・

                                                           ーおしまいー


ってなわけで、すっかり日にちを間違えていたとらちゃん、でもパパさんはその日一日をとらちゃんと二人きりでデートを楽しんだとさ、映画を見て食事をして、そうそう、ハロウィンの置物も買ったんだよね、ねぇ、とらちゃん!

さてさて、いよいよ来週に迫りました、”瀬戸猫祭り”、正式には”来る福招き猫まつりin瀬戸”と言うんですが、いったいどのくらいの盛り上がりを見せるんでしょうね、行った事のないパパさんとしては興味津々ですがあまり期待はしておりません、瀬戸のみなさん、ごめんなさい。

でもまぁ、楽しめるか楽しめないかはその人次第ってところもありますからね、きっと街には顔に猫のペイントをした人たちが溢れ、大賑わいになる事でしょう。

パパさんは28日(日)に奥さんと出かけて行くつもりです、因みに公共交通機関を使われる方は名鉄の”尾張瀬戸駅”で降りればもう目の前、高速なら東海環状を多治見方面へ向かい”瀬戸赤津”で降りれば10分ほどで着くはずです。

尚、公共交通機関で来られる方は往復切符を買われるか、瀬戸に到着した時点で帰りの切符をその場で買われる事をお勧めします、帰りの切符売り場は大変込み合いますからね、たぶん、きっと、かもね、自己責任でお願いします。

詳しい事は瀬戸の観光協会、0561−85−2730までお問い合わせをお願いします、駐車場の情報など、パパさんは大変詳しく教えて頂きました、まぁ、パパさんは猫祭りの宣伝部長でもなんでもないのでお間違えなく。

パパさんを見かけたら声をかけて下さいよー!誰も分からないと思いますけど・・・

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!




 
{love}
Powered by
30days Album