ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 子を抱く父の笑い顔 セピアに刻んだ人生を 涙で濡らせどなお愚か 儚さ知りてもなお愚か  | main |
2018.07.22 Sunday

そろそろ また 生きてみようか

JUGEMテーマ:ねこのきもち

 

さて、何から書きましょうか、まぁ、パパさんが書き出すといつも長くなってしまうけど・・・

 

まずは、今年の1月にパパさんの父親が亡くなった時、励ましの言葉やお見舞いの言葉をくださった方々に、遅ればせながらお礼を申し上げたいと思います、本当にありがとうございました、力を落としていたパパさんには、とっても支えになりました、心より、ありがとう!

 

奥さんの意思で、去年の10月に子供だけ帰国させたわけですが、その奥さんもパパさんの父親の死の影響か、少し精神的に不安定になったと思われたので、今年の1月に帰国させました。

 

そして今年の6月、奥さんが日本に帰って来て、7月には子供と奥さんの母親と、奥さんのお姉ちゃんが一緒に来日しました。

 

父親の死から半年、パパさんも少しずつ元気になっていき、もちろん子供と奥さんとお母さんとお姉ちゃんが家にいて、さらに雫たち6匹と、ユーランたち5匹、外には野良猫の親子6匹が毎日の様にご飯を食べにきているのですから、賑やかなのは言うまでもありません。

 

でも、人生とはまったく持って儚いもの、7月17日午後10時40分、パパさんの母親が死去しました、父親と同じく昭和3年生まれの90歳、まぁ、大往生だったのではないでしょうか。

 

パパさんが中学生の時に家に来た母親なので、その頃には随分と反発していたのを覚えています、あれからほぼ40年、パパさんの祖母に尽くし、父親に尽くし、ただただ感謝しかありません。

 

葬儀場のあの、棺を乗せる台車の機械的な音、いつ行っても慣れるのもではありませんね、いま目の前にあった身体が、たった1時間半ほどで無になってしまう、生きている意味、生きて行かなければならない意味、どう消化させれば前へ進めるのか、パパさんの心も体も、また元の木阿弥になってしまいました。

 

大きな柱を立て続けに2本も失って、それでも立っていなければならないのはとっても辛いです、これで本当に、頼るものは何もなくなりました、奥さんや子供がいても、やはり両親の存在は意味合いが違います、いてくれるだけでいい、パパさんを包んでくれていると言う、その安心感においては。

 

暑い日が続きます、みなさんお体ご自愛ください、今日死んでもいい生き方を、ますますこの頃そう思うようになりました、ご飯を食べに来ている6匹の猫の親子も、なんとか出来れば、そう思っています。

 

今日もにゃんこを抱きしめて、明日もにゃんこを抱きしめて、繋いだその手、どうか離さないで!

 

では、今日はこの辺で。

 

バイバ〜イ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

{love}
コメント
パパさん、
何と言葉を掛けたら良いのかー。
大変でしたね。

ウチも、両親が高齢で、父親も入院中です。
パパさん、ご両親は、天国から見守って下さいますよ。

頑張り過ぎないで、生きて行きましょうね。お互いにー。
^_^
  • みかママ
  • 2018.08.10 Friday 21:30
てんつくさんへ。

しかし暑いですね、今年の夏の異常さは、畑の作物にも大きな影響が出ています。

もうこれで、パパさんが頼れるものはなにひとつなくなってしまいました、前に進むしかないですね。

てんつく家のにゃんこ達も、この夏をどうか無事に過ごせます様に、てんつくさんも、お体ご自愛下さい、いつもありがとう!(*^^*)
  • 雨のち時々いつか晴れ
  • 2018.08.05 Sunday 13:18
お母様のこと、心よりご冥福をお祈り申し上げます


立て続けに、お辛いですね。
今年は豪雨も酷暑もあり、大変な夏になりました。

奥さんはじめ、みんなが揃って、みんにゃも元気で今いることが何よりです。

今生きている意味を感じながら。
今日も暑いけど、頑張りましょう。
  • てんつく
  • 2018.08.05 Sunday 09:14
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album