ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 祈りよ届け | main | 鼻緒で擦り傷大人びて ひと夜ひと夏あし踏みの恋 >>
2015.08.10 Monday

そこにあなたがいなくとも

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R5621.JPG

《パパ》

あれれ?縁側の白提灯の下で、な〜にを寒耐はひとりでぶつぶつ喋ってるんだろう?寒耐〜、夜も遅くなって来たから、もうそろそろ網戸を閉めてこっちにおいでよ!これからみんなで一緒にスイカを食べるからね、そのあとお庭で花火でもしよっか?

《寒耐》

わ〜いわ〜い、スイカだスイカだー!寒耐はとってもスイカが大好きなんだもんね!だって寒耐のお腹と同じで”ポンポコポンのポン!”なんだよ〜、それに花火もとっても綺麗なんだもん、でもちょっと音が大きいから、寒耐は踏雪がビックリしない様にお耳を塞いであげるんだもんね、でへへ!

《パパ》

優しいんだね寒耐は、パパは寒耐にありがとうって言わなきゃね、でも寒耐、さっき向こうでなにをひとりでお話してたの?ひょっとしたらカエルさんとか虫さんがいたのかな?寒耐はみんなのお話を聞いてあげるのが大好きだから、きっと今晩もみんな集まって来てたんだよね。

《寒耐》

違うんだもんね、あのねパパ〜、今晩はあそこにパパの本当のママとお祖父ちゃんやお祖母ちゃん、それにパパが大好きだった”心おじいちゃん”が来てるんだよ〜、みんなパパの事が大好きだって、そう言ってたんだもん、それにパパが結婚出来た事がとっても嬉しいんだって!『パパとママと、5匹のニャンコの事を頼みましたよ』、そう寒耐はお願いされちゃったんだもんね、花火が終わったら、またお話してもいいでしょ〜、ねぇパパ〜?

                                                             ーおしまいー

ってなわけで、穢れてしまったパパさんにはとうてい感じられるはずもなく、純粋無垢な寒耐だけに亡き者の言葉が見えた、そんなお盆の夜だったんだとさ、四つの精霊に包まれて、朝まで何を話したんだろう?教えておくれよ寒耐、パパの行く道は間違ってないかい?パパにも君の様な心があったなら・・・

さてさて、”お帰りなさい”、そう言って迎えてあげたいですね、パパさんの亡き母、グランパ、グランマ、そして愛犬”心”、どうか間違わないように我が家に辿り着き、楽しい時間を過ごして帰ってもらいたいと思っています。

色んな事を思い出すと、とってもしんみりしちゃって落ち込んだりするけれど、でも今の自分がこうして生きていられるのはどこかで見守られている様な気がする、そう考えるのが一番辻褄が合うのではないでしょうか。

きっといつでもどこでもあなたの傍に、あなたが大好きだった亡き者がいてくれる、そう思える事は、幸せな事だと思います。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!

ーおまけー  

夏が終わって行くね〜。


IMG_8383.jpg













 
{love}
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album