ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< かがり火 薄っすら 髪飾り 忘れてしまったはずなのに どよめく心は君を探して | main | 手枷足枷はめられて 十字架背負い生きていく それが家族の辿る道 >>
2015.07.26 Sunday

ただ 生れた場所へ帰るだけ

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R3420.JPG

《踏雪》

この間ワシ、ちょっと”おしゃぶり”が欲しかったもんだで薬局へ雫姉ちゃんと寄ったったんだわ、ほやけどあっきゃせんがね、女の店員さんが安いのから高いのまで色々出して来て説明するもんで、”おしゃぶりなんてどれも同じじゃない、さっさと買って帰りたいから一番のお薦めはどれなのよ!”って、しまいに雫姉ちゃんは怒りだしてまって、本当はワシ、もっと他のも見たかったのに、まぁワヤだでかんわ〜。

《パパ》

へぇ〜、そんな事があったんだ、今はおしゃぶりも色んな種類があるみたいだから、踏雪だっていっぱい買ってもらいたかったよね、でも心配しなくていいよ踏雪、そんな時にの為にと、パパがちゃ〜んとネットで買っておいたんだから、ほら、ジャーン!”おしゃぶりコレクション”、桃の匂いやレモンの匂い、なかには”からし味”なんてのもあるからね、きっと気にいってくれると思うよ。

《踏雪》

何考えとんだておみゃあさん!こ〜んなにたくさんおしゃぶり買ってまって、雫姉ちゃんに見つかったらどえりゃ〜怒られるがね、それにワシはまだ子供だで、からしなんか食べたら体に悪いでなも、ほやけどせっかくパパがワシの為に買ってくれたんやで、どれどれ、ふむふむ、ほぉ〜!このからし味のおしゃぶり、けっこうイケるがねー!雫姉ちゃん、すま〜んけどワシにビール持って来たってちょ〜すか!

《パパ》

いっつもいっつも言うようだけど踏雪、お、オッサンだがね!

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、まだまだおしゃぶりから卒業出来ない踏雪、そんな踏雪が愛おしくて堪らないパパさんだったとさ、でも踏雪、ビールのおつまみにはもうちょっと他のものがあるでしょ、ぷぷぷ!

さてさて、もうなんにも言えませーん!今日も朝から暑いですが、昨日も暑かったー!なのでパパさん、普段はめったに買う事のないアイスクリームを昨日はコンビニで買っちゃいました、まぁ奥さんは一口も食べなかったですけどね、常温の水が一番いいようです、暑いのに・・・

施設の親父に会いに行ったパパさんと奥さん、部屋の中はもちろん冷房が効いており、パパさんたちにはちょうどよい温度設定に思われましたが、という事は、お年寄りの方の中には少し寒いと感じておられる方が見えるのかも知れません。

外では盆踊りの提灯の準備をされており、パパさんとしては色んなイベントをやって頂けるのはとてもありがたい事で、スタッフの方々の優しい心遣いに只々感謝するばかりです。

パパさんの親父もお袋も、揃って88歳になりました、昭和3年生まれで苦しい時代を生きて来た、パパさんたちには到底理解できるはずもなく、子供時代も食うや食わずの毎日を送っていた事と思います。

街には物が溢れ、飽食の時代となって久しいわけですが、それらはお年寄りたちの目にはどう映っているのでしょうか?”老いては子に従え”、それも確かに一理あります、でも、孫に何かを買ってやらないからと言って、優しくないお祖父ちゃんとは限りません。

”頑固じじい”、そんな人が消えてしまうのはとっても悲しい事、孫は頑固じじいに怒られ、やがて死と向き合い、大人になって初めて頑固じじいたる所以はなんだったのか、何を頑固じじいは伝えたかったのか、身をもって知る事となるでしょう。

残念ながらパパさんには、母親の記憶は微塵も残っていません、でも、グランパやグランマが大切な物をパパさんに残してくれました、これは死ぬまでパパさんの心の中で、パパさんを正しい道へと導いてくれる事でしょう。

お年寄りはお年寄りのままで、時代の流れだからと諭すのではなく、是非とも頑固じじいのままでいさせてあげて欲しいと思います、みなさんが時にご両親を否定する事は自分自身を否定する事、あなたの血液の中にはこれからも、脈々とご両親の歴史が流れ続けて行くのですから。

親御さんがご健在の方、どうか大切に、共に過ごせる時間はあとわずか、今の自分があるのは皺くちゃになったその手があったから、もいちどギュッと握りしめて、どうかその手を離さないで。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!
{love}
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album