ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 愛だけでは脆すぎて 情だけでは薄すぎて 歩み寄ったその時に 初めて分かる愛情の意味 | main | 子供に娘に嫁に母 君の無邪気な七色顔に 僕はひたすら溶けていく >>
2015.07.21 Tuesday

頬に残ったあの痛み 脳さえ揺らした一発が 今でも自分を戒める 今日の人生すべてだと

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R4357.JPG

《雫》

やっぱり七輪に限るわよね〜ウナギを焼くには!ちょっと煙いけど、でもこの匂いだけでご飯が食べれそうだもの、こんな暑い日にはウナギでも食べて体力をつけなくちゃ、そうでしょパパ?ほらほら、ちゃんと焦がさないようにうちわを仰いでくれないと、せっかくの美味しいウナギが焦げちゃったら悲しいじゃない。

《パパ》

いやぁ〜、たまんないねぇー!なんてったって我が家では年に一度のイベント、ウナギなんてそうそうお目にかかれるもんじゃないから、心して食べないとね、でも雫、うちは家族が多いから、これだけウナギを買おうと思ったらやりくりが大変だったんじゃないの?まさか天然もののウナギって事はないよね?

《雫》

当たり前じゃないパパ、うちにはそんなお金はありません!このウナギは訳あり大特価で1匹500円、どんな訳ありかは怖くて聞けなかったけど、でもこんなお安いウナギでもこの最高級の”紀州備長炭”で焼けば、たちどころに美味しくなるらしいのよね〜、炭とウナギのどちらにお金をかけようか随分と悩んだんだけど、お高い炭を買って正解だったんじゃない、ねぇパパ!

《パパ》

あ、あのね雫、根本的に2つほど間違いがあると思うんだよね〜、1つは普通お金をかけるならウナギの方でしょ!それともう1つは、訳ありならなんで訳ありか聞こうよ〜、怖くて食べれないじゃない、それと気になる事があと1つ、パパの後ろに長〜い長〜いニャンコの行列が出来てるんだけど、パパは本当にウナギを食べる事が出来るのかな?ぷぷぷ!

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、結局パパさんは野良さんたちの給仕係をする事となり、みんなが帰った後に微かに残った匂いだけをおかずに、ひとり寂しく七輪の前でご飯を食べたんだったとさ、”訳あり”、気になるよねー!

さてさて、東海地方も梅雨明けし、一気に暑さが増して来ましたね、熱中症対策、みなさん大丈夫でしょうか?この暑さのおかげで我が家のニャンコたちも動かなーい!どうにもこうにも動いてくれないので、写真もまだまだお休みです。

去年もこんなんだっけかなって考えてみましたが、でもパパさんも雫たちも歳を1歳取ったわけだし、体が重くなるのは当然だよね〜、明け方ならやる気があるみたいですが、でも体調管理に気を付けてあげて、涼しくなる秋を待ちたいと思います。

そうそう、電気柵で感電死された人のニュースがありましたけど、あれって普通では考えられないんですよね、まぁパパさんちの場合は車のバッテリーが電源なので、もちろん触れば”ドン!”って来ますけど、でも死ぬことはないんですよ、だってパパさん何度も誤って触ってるし、奥さんも経験があるしね。

それに基本的に猪や鹿やハクビシンなんかは、雨の日や夜に行動するので、パパさんちの電気柵は日が落ちてからしか通電しないようになってます、危険の案内も出してあるし、この地方では子供たちにも親が教えるんだけどな〜、触っちゃダメだよって・・・

いつもの事ながら夏休みは危険がいっぱい、大人でさえ溺れちゃうんだから、ほ〜んと気を付けて頂きたいものです、ダメなものはダメ、親と子供が友達の様な関係の多い昨今、懇々と説明してあげるのが理想なのかも知れないけれど、でも、パパさん世代の親父たちは一言、”ダメなものはダメだ”、そんな威厳がありました。

自分で体験しなきゃ分からない事はあるけれど、でも命を落としてしまえばそれまで、二十歳過ぎても自分の無知さ、体力の無さ、自分の事を分かってない若者は数知れず、だから若者って言うんだろうけど、親も突き放してあげないと。

パパさんの同級生の女の子、中学卒業して看護婦になったけど、今では立派な役職で、見た目もしっかりしてるもんね、言う事はきっぱり言うし、人生歩んで来たって感じ、”いつまでもあると思うな親と金”、若者よ、浮かれていられるのも、そう長くはないんだよ。

必ずどん底人生がやって来る、これは誰も避けられない、普段してない事はいざという時には絶対に出来ない、だからこそ、少しでも自分の足で大地を踏みしめ、お互いに親離れ、子離れをしてあげる事が愛情じゃないかな。

”もう少しだけいいよね”、そう思ってる事ほど愚かな事はないと思う、違うかな。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!





 
{love}
コメント
にんじんさんへ。

本当ですね、昔の人はよくそう言ってました、でもそんな言葉も今の親は知らないんだろうな〜(*_*;

ってか、そんな考え方はないのかも知れませね、今の人は。

美味しいウナギを食べて、この夏を乗り切って行こうねー!(*^^*)
苦労は買ってでもしろー!って言いますよね。
何事も経験ー。人生はそんな甘いものじゃないですよねー。
鰻、お高いですよね!でも美味しい♪
  • にんじん
  • 2015.07.21 Tuesday 16:02
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album