ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 捻じれた欲で 小さな蛙をも踏み潰す アクセル開けた快感と マネーゲームに君は虜 | main | 頬に残ったあの痛み 脳さえ揺らした一発が 今でも自分を戒める 今日の人生すべてだと >>
2015.07.17 Friday

愛だけでは脆すぎて 情だけでは薄すぎて 歩み寄ったその時に 初めて分かる愛情の意味

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R4157.jpg

《踏雪》

こりゃ〜ひどい雨風だなも、だでワシがあれほどパパに言ったったんだわ、”こんな日に買い物なんかに出かけたらどえりゃ〜事になるで、やめとこまいか、ずぶ濡れになってまうだけだに!”って、ほやけどおみゃあさんはあかんがね〜、ち〜ともワシのいう事を聞けせんもんで、見てみや〜、風で吹き飛ばされんように街路樹に掴まっとるのが精一杯だに!

《パパ》

踏雪〜、大丈夫かー!パパが、パパが今すぐそこへ助けに行くから、じ〜と動かず待ってるんだよ〜!とにかく体を低くして・・・パパが台風を甘く見ていたが為にこんな事になっちゃって、ごめんだよ〜踏雪!買い物袋なんかどうなってもいいから、まずは自分の事だけ考えて、もうちょっと頑張ろうねー!

《踏雪》

当ったり前だがねおみゃあさん!な〜んでこんな時に買い物袋まで気にせなあかんの、ほやけどワシは体重も重いし、こんな時でもポッケにあったアンパンを食べる余裕があるで、心配しや〜すな!木に捕まっとるパパの体こそ吹き流しみたいに真横になっとるで、どっか飛んでってまわんように、しっかり掴まっとらなだちかんにー!

《パパ》

あっ!て、手が離れそう・・・パパはお空を少し散歩してくるからね踏雪、先に帰っててよ〜、あ〜れ〜!

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、台風が収まったと思ったら、すかさず買い物袋を探す未練たらたらのパパさんだったとさ、吹き流しになるのは子供の日だけにしとこうね、パパさん!ぷぷぷ!

さてさて、奥さんのお友達2人は今日が中国への帰国日、セントレア空港では台風の影響の為、4時間足止めを食らってのフライトとなりました、日本に帰って来るのは2ヵ月後、旦那さんは寂しいだろうな〜!

パパさん地方でも今日で学校は終わり、いよいよ夏休みのようです、だから日本の中国人の子供たちもこの夏休みを利用して、お母さんと一緒に中国へ帰国、旦那さんはひとり残されてどんな気持ちなんでしょうね、自由だー!と喜べるのかな?

子供が出来て物ごころがついたら、自分の親や他人に子供を預けるのが一般的な中国、それも2、3年だったりします、だから日本と中国でそれぞれ別々に親と子供が暮らすのはなんら不思議ではないようです、その時期はお母さんは働きに出かけるんですけどね。

まぁ日本では考えられませんが、子供が大きくなって日本に来させると言うのもめっちゃ多いです、もちろんパパさんにはそんな気はさらさらありません、ニャンコと少し離れただけでも寂しくなっちゃうのに、そんなのあり得ないでしょ。

因みに中国では、仕事で遅くなった旦那さんや奥さんを、それぞれ待つという習慣はありません、つまり相手を待ってあげて、一緒に夕飯を食べるという考えはないんですね〜、もちろん”先に食べてていいよ”とは言うみたいですが、なんだか少し寂しい気がします。

この辺のアンバランスがパパさんには良く分かんないんですよね、だってかたや家族をとっても大切にする民族、心で繋がっているから別々に食事を取ろうとも心配ない、そんな自信のあらわれなんでしょうか。

もちろん日本人だってみんな一緒に夕飯を食べれる家族ばかりじゃないでしょうが、でもパパさんが子供の頃のような、”夕食にはちゃんと帰って来なさい、みんな待ってるんだから”、そんなルールは今でもパパさんとっても好きです。

”先に食べてていいよ”、”待ってるから大丈夫”、これらはどちらも優しい気遣い、でもこれが、”先に食べればいいじゃん!”、”待っててあげてるんじゃない!”となると、これも受け取り方次第ではケンカになっちゃうんですよね、きっと。

パパさんと奥さんには、言葉、習慣の違いがあり、色んな面で誤解が生まれ、衝突も多くあります、”国際結婚じゃないみなさんにはせめて”と言うわけではありませんが、でも、日本人同士で結婚しておられる方は、そんな問題に囚われないで、もっと他の事で気遣ってあげられる事が出来るはず。

言葉にしたって言い方ひとつ気遣えば、無駄なケンカは避けられます、パパさんちのケンカは無理ですよ、だって奥さんが何て言って怒ってんだかパパさん分かりませんから、ぷぷぷ!

それに時速60キロで走っている車のドアを、火山のごとく自分の怒りに任せて開けようとするうちの奥さんですから、まぁそのあとどうなったのかは想像にお任せしますけどね。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!

 ーおまけー


BT6R4158.jpg







 
{love}
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album