ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 縺れた糸 | main | 螺旋階段 >>
2015.07.04 Saturday

錯綜

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R4387.JPG

《寒耐》

わ〜いわ〜い、見てみてパパ〜、新しいパンツだもんね、ママに買ってもらったんだよ〜、ウルトラマンがついててとってもカッコイイんだもん!寒耐は今までず〜と優月兄ちゃんのお下がりパンツだったから、本当は新しいのがとってもとっても欲しかったんだもんね!

《パパ》

ごめんね寒耐、パパのお家は貧乏だから寒耐の好きなものを買ってあげられないんだ、だからお洋服なんかは着回しして使ってもらう事になっちゃうんだよね、でも寒耐の事だから、また新しいパンツもず〜とず〜と大切に使ってくれるんだろうね、それで今まで穿いてた古いパンツはどうしたの?

《寒耐》

あのねパパ〜、あのボロボロのパンツは踏雪にあげたんだよ〜、だって踏雪が、”寒耐兄ちゃん、そのパンツを捨てるんだったらワシにくれんかなも?ワシのはどえりゃ〜事になっとるで、まんだそのパンツの方がマシだがね!”って言うんだもん、たぶんパパのパンツの裏にもなにか書いてあると思うから、よ〜く見てみた方がいいんだもんね、きっと誰かのお下がりパンツだったりして、でへへ!

《パパ》

い、嫌な予感が、どれどれ?”ワシのだで穿かんとってちょ〜よ、踏雪”、って書いてありますが・・・

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、流石にお下がりパンツにはショックを受けたパパさん、”普通は気づくでしょ?”と周りから突っ込まれたパパさんだったとさ、ぷぷぷ!

さてさて、色〜んな事がここ2、3日あったパパさん、敢えて書きませんが一生分の労力を使ったような気がして、とっても疲れてしまいました、まぁこれも神様からの試練を与えられたようで、人生すんなりとは行かないんだと思い知らされました。

昨日はパパさんのリベンジ、去年奥さんが日本に来た時に見せられなかった蛍を、夜の8時頃に近くの川へ見に行きました、近所の人から情報を仕入れ、どうやらお月様にも雲がかかりシチュエーションはバッチリ、綺麗な月夜だと見えにくいからね。

街灯のない田舎道、車のヘッドライトを消したら本当に真っ暗、真っ暗って言うかまっ黒だよね〜、あんなとこには怖くてとても一人じゃいられないパパさんだけど、でも、そこには素晴らしい光景が待っていました。

車を降りて川の近くまで行けば、なんともまぁ幻想的な、パパさんは一瞬にして子供の頃の自分に戻ってしまいました、愛おしいとまで思えたあの光、山を切り開き道路を作り続ける中で、かけがえのないものを見たような気がします。

先日の選挙でパパさんは、町内色んなところをほぼ隈なく回ったわけですが、その時には猿を2回見る事が出来ました、まだ子猿でしたが母親の鳴き声に誘われて、楽しそうに遊んでいた気がします。

山に手を入れれば動物たちにはもちろん影響が出ます、この世のものは全て借り物、借りた物は返す、それも元の形のままで、それが人間の道筋だとパパさんは思います。

なぜ借り物か、それは人間が未来永劫に生きる事は出来ないからです、余分な事をするから山に食べ物がなくなり、動物たちは人家に降りて来ざるを得なくなってしまった、自然の調和を乱し、自らの首を、いや、これからの世代の子供たちの首さえも絞めている事に気づかない人たちがいるのも事実です。

コシアブラ、タラの木、林道を作るからと言ってみんな失くしてしまいました、自然からの贈り物、どうやら人間は有難く受け取る事を知らない様です、一番大切な宝物なのに・・・

では、今日はこの辺で、お猿さん、本当に可愛かったよ、これからやって来る冬も、逞しく生きて欲しい、せめてその邪魔だけはする事のない様に、愚かな人間の手に落ちる事のない様に、パパさんもなにか出来ればいいと思っています。

バイバ〜イ!







 
{love}
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album