ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 余韻 | main | 半券チケットおどけた横顔 いつかは終わる二人の時を なにも恐れぬ君がいる 未来が時をさらって行くのに  >>
2015.05.09 Saturday

あなたを知らない母の日が 今年も切なさ連れてくる 一目だけでも会いたいと 墓前に供えた赤いベゴニア

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R9989.JPG

《パパ》

あれ、今日の寒耐はシュワちゃんみたいなボディービルダーのようだね〜、お口の中も綺麗に治った事だし、これからはご飯をモリモリいっぱい食べて大きくならなきゃね、今からパパはママと一緒に眼医者さんに行って来るから、寒耐もママの”ものもらい”が早く治るように応援してあげようか。

《寒耐》

うん、寒耐はママの事が大好きなんだもんね、だからママのお目めが良くなるように、”ママのお目めから痛いの痛いの飛んでけ〜!”ってしてあげるんだもん、ママが帰って来たら、寒耐はいっぱいいっぱい目薬を差してあげるんだよ〜、それにお掃除やお洗濯のお手伝いだって出来るんだもん、ママ、早く良くなるといいね!

《パパ》

ありがとうね寒耐、寒耐はどんな時でも優しいんだね、でもパパも時々なんかこう頭が痛くなる事があるんだよね〜、なんて言うのかな、ちょっと難しい事を考えたりするとすぐに頭の中が熱くなったりして、そんな時には寒耐もパパに、”痛いの痛いの飛んでけ〜!”ってしてくれるかな?

《寒耐》

うん、いいよ〜!でもパパ〜、そういうのを”知恵熱”って言うんだよ〜、だから寒耐が一生懸命”痛いの痛いの飛んでけ〜!”ってしてあげても、きっと治らないんだもんね、パパの頭は残念な頭だって、雫姉ちゃんが言ってたんだもん!でへへ!

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、残念な頭のパパさんはこれからは難しい事を考えるのは止めにしたんだったとさ、でもおかしいんだよね〜、簡単な事を考えても頭の中が熱くなるんだけど、どうしよっか?ぷぷぷ!

さてさて、今日のパパさん地方は曇り空、何やら台風などというこの季節には聞き慣れないものを耳にした様な気が、雨もそうだけど風が強いと怖いよね〜、特に夜中に風がビュンビュン吹いてる時は、怖くて眠れたもんじゃありません。

台風が来るとなると、色んな準備をしなくちゃならないから大変なんですよね〜、まずは農作物が倒れないようにしっかり補強、特に今の時期は苗が小さいので、せっかく植えたのに・・・って事にならない様に気を付けなければなりません。

そして雨戸を閉め、家の周りのものを片付け、停電になっても良い様に発電機、懐中電灯、ロウソクの準備、さらにはこれが一番大事、もしもの時のニャンコたちの事。

地震で起きた原発事故、その影響でたくさんの動物たちが死んで行きました、ボランティアさんたちが足を運んでいるとはいえ、未だに苦しみ死んで行く、昔はペットとして飼われていた生き物たち。

飼い主のみなさんは、その子たちを身を切られる思いで手放さなければならなかった事と思います、仮にパパさんちに放射能が降り注いで退避命令がでれば、おそらく雫たちを連れて一緒に家を離れなければならないでしょう。

みなさんもパパさんも、”手放す”という選択肢は無いはずです、でもそのためにはやはり色んな準備をして最善を尽くさなければ、この選択肢を選ばざるを得ない状況になる事だってあるのです。

箱根山の火山活動も活発になって来ており、やはり近くに住んでおられる方は最悪の事態を考えておくべきだと思います、自治体などで非常事態の動物の受け入れなども検討されているとは思いますが、最終的には動物を守ってあげられるのはあなたしかいないのです。

人間は過ちを繰り返し、学習しない動物、パパさんはそう思います、今一度あなたの大切な愛して止まないニャンコたちに、”こんな状況になったらどうしたらいい?パパやママはあなたに何がしてあげられるの?”、そう聞いてみて下さい。

あなたの心の中などスッと見透かされて、この先一緒に生きて行っていいのか答えてくれるはずです、”命を賭して”、そうニャンコたちの目を見て言ってあげられますか?見透かされたパパさんの心の中は、雫たちにはどう映ったのでしょうか。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!




 
{love}
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album