ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 悪夢ふたたび | main | 岐路 >>
2015.03.20 Friday

扉の向こうの別世界 酸いも甘いも噛み分けて この世に別れを告げれたら

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R8178.JPG

《とら》

どうしましょうパパ、お友達の結婚式に婆やと一緒にお呼ばれしているんですけれども、ひとつだけ気になる事がありますのよ、そのお友達は大富豪のお嬢様、ですから失礼のない様に振る舞わなくてはいけませんのに、肝心の婆やときたら・・・

《パパ》

へぇ〜、大富豪のお嬢様の結婚式ってどんなんだろうね、パパは興味津々だな〜、でもとらちゃんは上流社会の結婚式に何回も出席してるから、別に何も心配する必要はないんじゃないの?ってかとらちゃん自身も大富豪のお嬢様なわけだし。

《とら》

でもパパ、ちょっとこれを見て頂けますかしら、婆やがこのお衣装で披露宴に出席するって、とらは止めたんですのよ、でも駄々をこねて言う事を聞いてくれませんの、婆やが申しますにはこれは巷で今一番人気のあるお衣装だとか、何でも”セーラームーン”って言うらしいですのよ、最先端ファッションのチェックを怠らない婆や、隅に置けませんわね、おほ!おほ!おほほほほー!

《パパ》

ば、婆やにそんなコスプレの趣味があったとは、ってかスカートみじかー!しかもセーラームーンってどんだけ昔やねん!みなさんもふざけてると婆やに、「月に代わって、お仕置きよ!」されちゃうかもね、ぷぷぷ!

                                                              ーおしまいー


ってなわけで、婆やが衣装を着て見せてくれるとパパさんに言ったんだって、でもパパさんは丁重にお断りしたんだったとさ、だって婆やのミニスカやツインテールは見たくないもんね〜、ごめんちゃい!

さてさて、みなさんにご心配を頂きましたが、どうやらパパさんの石は体外に排出された可能性が高いものと思われます、たぶん、きっと、おそらく、レントゲン結果を見て先生はそう言っていました。

もう痛みもないし、でも現物を見てないので些か不安ではありますが、まぁ、暫くの間は座薬を持ち歩く事に致しましょう。

誰も未だに見た事のない、形にも出来ない”人のこころ”、世の中色んな事が起こりすぎて、気持ちの置き場所がないというか、いったい人々の胸の奥で、気持ちと言うのはどんな風になっているんでしょうね。

殺処分もそう、放射性物質を浴びながら福島に取り残されて懸命に生きる動物たちもそう、そしてまたテロが起き、日本人を含む多くの方が犠牲になった事もそう。

いつも心は揺れ動き、なにひとつ出来るわけではないけれど、これから先もきっと平穏な心の置場というものは、人類にとってもうないのではないかと思ってしまいます。

先日の田代まさしさんの会見をネットで見て、”あぁ、やっぱり人は一丸とならないとダメなんだ、今の自分を素直に受け止めて、謙虚でいなきゃダメなんだ”と思いました、薬物を止める日々を重ねて行く事しか今は言えない、それが彼の本心だったと思います。

彼の心が乱れた時には、きっとダルクの誰かが傍にいてくれる事でしょう、それと同じように、例えば犬猫のボランティアをされている方にも、心の拠り所となるボランティアが必要な時もあります。

疲れても疲れてもその身を捧げるボランティアの方々、やはりそこには一丸となってあげるみなさんの力が必要な気がします、もちろんお金、寄付も大切ですが、見えない人の”こころ”をその手で触ってみる、感じてみる、それがパパさんの、みなさんの揺れる心を平穏な場所に戻すのには必要なのかもしれません、な〜んてね。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!









 
{love}
コメント
てんつくさんへ。

色んな不幸があるけれど、何も罪のないのに殺される動物たち、何も言えなくて、人間とは悲しい生き物です。

殺されて行く姿をモザイクなしで、テレビで流せばいい、どれだけ酷いことをしているのか、みんなは知らないのです。

それを知った時、おそらくみんなは懺悔するでしょう、取り返しのつかない事をしてしまったと・・・

では、またね。

にんじんさんへ。

東京千代田区だったかな、殺処分ゼロが続いているようです、他にも少しずつ増えて来てはいるみたいですね。

手術して地域猫にしない限りは増える一方、みんなでお世話をする意識が根付いてくれればと思います。

では、またね。
おはようございます。

みんなで一丸となって…
本当にそう思います。
一人ではくじけそうなことも、一緒にいてもバラバラな心だと…そう、輪で繋がっていれば誰かが誰かを手助けできる、自分もできる。
ボランティアの方のボランティア、そうですよね。
いつも頼ってばかりではいけませんものね。

↓ニンジンさんの声より、みなしご隊の方はそうだったんですか。お名前や活動をちらっと拝見していただけの自分を恥ずかしく思いました。
まるで魔女狩りのような根拠のない殺処分はエゴにしか思えない。愛おしむ、いつくしむ心はいずこへ。

  • てんつく
  • 2015.03.21 Saturday 07:26
広島で、1000匹の猫ちゃんを保護しているみなしご隊のメンバーさん達。
地元の殺処分される猫を全部、引き取っているのですってー。
頭が下がります!_(..)_
  • にんじん
  • 2015.03.20 Friday 16:32
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album