ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 鼻をくすぐるそよ風に 君がいるって感じるんだ 遊び疲れてこの腕の中 君がいるって感じるんだ  | main | 息子へ >>
2015.02.23 Monday

指でなぞった柱の傷に 寂しさひとつ覚えたけれど 大人の顔を覗かせた 君の未来に嬉しさふたつ

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R7083.JPG

ってなわけで、今日のパパさん地方は天気が少し回復傾向にあり、若干ではあるけれどお日様が見え隠れしつつあります、気温も高く、スキー場には雪がなくなってしまうのではないかと心配しているパパさんです、んなぁこたぁないか!

さてさて、昨夜は踏雪をみんなと一緒に寝させようと試みたパパさんでしたが、なかなか上手くは行かないもの、時期尚早だったかも知れません、まぁ最初はこんなもんでしょう。

雫たちの部屋へ行くと踏雪はいつもお布団の真ん中を陣取ってしまい、それによってみんながお布団の中や上に乗っかるのが出来なくなり、遠巻きに見ている事になります。

肝が据わっているのか、はたまた空気が読めないのか、なんにせよ大物ぶり?を発揮しているわけですが、体もみんなの中で一番大きいし、みんなからシャッー!されても一度たりとも鳴き声をあげた事がないし、君は本当に野良さんだったのと疑ってしまうぐらいに大人しいですね〜。

で、途中まではみんなと距離を置きながら上手くいっていた踏雪、パパさんも今夜は何かあるといけないのでウトウトしながらも徹夜を覚悟でお布団の中で観察しながら起きていました。

がしかーし!小雨の降る中を奴が現れたんですよね〜、キジトラの野良ちゃん、体も大きく、おそらく雄、あの鳴き声は完全に発情期?雫、優月、寒耐、とらちゃんが一斉に窓から外を眺め始めました。

そうなるともうみんニャは興奮状態、4ニャンが興奮している窓辺に後から踏雪が近づいたもんだから、な〜んでか優月がプッツンして踏雪を追い回し、優月に捕まった踏雪は一回転、ほ〜んの薄く薄くではありますが、額に猫パンチの痕が残っていました。

行き場を失った踏雪の前にいたのはとらちゃん、これはやばい!とらちゃんすでに戦闘状態、でもテレビの裏の狭〜いところでやってるもんだからパパさん足を伸ばして止めるのが精いっぱい、なんとか奥さんと二人で止める事が出来て事なきを得ました。

その後の踏雪は少し怯えてダンボールハウスから出て来なくなってしまい、30分経過後にようやく落ち着きを取り戻し、結局朝までパパさんと一緒に別の部屋でお寝んねしたんだったとさ。

でも今日はみんニャ普通通り、踏雪もお尻をクンクンされたりとなんとか日課を済ませる事が出来ました、踏雪はな〜んでのほほんとしてるんだろ?ちょっと不思議ちゃんかも知れません、って猫にも不思議ちゃんはいるのかな?ぷぷぷ!

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!




 
{love}
コメント
にんじんさんへ。

見てると色んなニャンコがいるから面白いですよね、婆やにも力を借りて、早く仲良くなってくれないかな〜(*^^*)

楽しみがまた増えそうです(*^^*)

では、またね。
人間と同じで猫ちゃんも性格が異なるのでしょう。
でも、時間をかければ人間より猫同士の方がフィーリングが合うと思うのですがー。
婆やの力を借りましょうー!(*^^*)
  • にんじん
  • 2015.02.23 Monday 22:10
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album