ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 言葉に出来ない楽しさが 君を大人にしてくれる 今を瞳に焼き付けて 雪と友と遊ぶがいい | main | たまには君と 日曜日 >>
2015.01.22 Thursday

いま帰る それが君に出来る事 ただいまが 君が家族に出来る事

JUGEMテーマ:ねこのきもち
IMG_7941.JPG

《雫》

みんな〜、点呼をとるわよ、優月〜!寒耐〜!とらちゃ〜ん!あ、あら?婆やもいらっしゃったのね!はい、良く出来ました!いいことみんな、ここは横断歩道だからちゃんと右を見て左を見て車が来ない事を確認してから渡ってね、それじゃあ行くわよ!

《寒耐》

わ〜いわ〜い、寒耐は横断歩道が大好きだもんね、だって運転手さんはみんな止まってくれるんだもん!あれ〜、でも優月兄ちゃん、あの運転手さんはなんだか窓から大っきな声で叫んでるよ、寒耐は何にも悪い事をしてないのにきっと寒耐に怒ってるんだもんね!寒耐はとっても怖いんだもん!

《優月》

あんな奴は相手にしなくていいからね寒耐、横断歩道を早く渡れって怒鳴ってるだけなのさ、寒耐は怖がる必要なんて何にもないんだから、もっと堂々としてていいんだよ、なんだったらお兄ちゃんが文句を言って来てあげるからとら姉ちゃんと先に行ってたら?

《とら》

あらまぁ優月さん、そんな野蛮な事はいけません事よ、こういう時には頭を使って賢く応戦するのがセレブですの、ここはすべてとらにお任せあれ!ほら、ご覧あそばせ!いま婆やに合図をしてカルガモの親子を100匹ほど横断歩道に放させましたの、これで当分あのお方も身動きが取れません事よ、おほ!おほ!おほほほほー!

                                                           ーおしまいー


ってなわけで、婆やはドラえもんかー!きっとパパさんがこの場にいたらどれだけあたふたした事やら、雫を筆頭になんとも頼もしいパパさん一家、怒っていた運転手さんもカルガモには目尻が下がりっぱなしだったとさ。

さてさて、今日は全国的に雨模様、スキーに行かれる方は雪崩に注意ですよ〜、くれぐれも滑走禁止区域には入らない様にお願いしますね。

車も歩行者もお互い様、自分が歩行者になったり運転者になったりすれば、相手が邪魔だと思う時は必ず出て来ます、自分の事はさて置き相手のマナーに敏感に反応する事も多々あると思います。

いつ何時でも気持ちに余裕を、それが全てをいい結果に導く方法だと思います、急いで車をとばしたところで5分と変わりません、前方に祖父ちゃんが運転する車が時速30kmで走っていても、そのうちどこかで曲がって行きます(例外もありますが)、祖父ちゃんを待ってあげる余裕を、そしていつかはみなさんもパパさんもこの祖父ちゃんの様になるのです。

後ろから車が煽って来たら道を譲ればいいのです、パパさんも若い頃は車を止めて言い争った事もありましたが時間の無駄、道を譲る事は徳を積む事になるのです、これは賢い回避の仕方、家で待っているニャンコの為でもあります。

みなさんの体の中に流れている燃え滾る熱い炎はこんな些細な事には使わないで、いざという時、家族が危機に晒された時やニャンコの為に使って欲しいと思います。

”そんな事に構っている暇はないわ〜、だって家族がニャンコが一番だもん!”、たった今みなさんからそう聞こえて来たので安心しました、当然ですよね。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!


ブログ、”おたっしゃくらぶー高齢ネコの日々”のあいちゃんが亡くなりました、これぞ大往生に相応しい猫生だったと思います、飼い主teaさんほど猫の体の事を分かっておられる方はそうそういないと思われ、獣医さん以上に勉強され、あいちゃんと共に生きた人生だったでしょう。

ご自分を責められてはいますが、どうか穏やかな日々が一日も早く訪れる事を願っています、あいちゃん、本当にお疲れ様でした、ゆっくり休んでね、ありがとう、あいちゃん!







 
{love}
コメント
にゃんずぱぱちさんへ。

一度は見てみたいですよね〜、その日一日、いや一年ぐらいは幸せになれるかも(*^^*)

では、またね。
雫ちゃんを先頭に寒耐ちゃん優月ちゃんとらちゃんに婆やさん♪
1列に並んで歩くみんにゃの姿を想像しただけでニヤニヤしちゃう(笑)
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album