ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 眠り続けた腕の中 グランマと共に夢の中 | main | いま帰る それが君に出来る事 ただいまが 君が家族に出来る事 >>
2015.01.21 Wednesday

言葉に出来ない楽しさが 君を大人にしてくれる 今を瞳に焼き付けて 雪と友と遊ぶがいい

JUGEMテーマ:ねこのきもち
IMG_7895.JPG

さてさて、お風呂は寝る少し前に入り体を温めてから布団に入ると良く眠れるんだとか、でもパパさんは思いっきり湯冷めしてしまい頭が痛い昨日でした、もう治りましたけどね。

結婚当初は奥さんと一枚の掛け布団で寝ようと思っていましたが、でも別々にして正解だった様に思います、別々の布団なら相手を気兼ねしなくても寝れるし、布団を取られる事もないしね、ぷぷぷ!

ニャンコたちはそれぞれパパさんの布団に入ったり奥さんの布団に入ったりします、でもここでひとつ問題が、別々の掛け布団という事はお互いにくっついて寝ていても時間が経てばそれぞれ色んな寝相に、そうなるとパパさんと奥さんの間には隙間が出来てしまいます。

で、夜中に運の悪いニャンコはこう言うわけです、”ん?むむむ?さ、寒ーい!なんで今まで布団の中にいたのに急に布団がなくなるんだ?”ってね。

特に奥さんの場合は布団に包まって寝てしまうので、そうなるとニャンコが布団に入ろうと思っても入り口が無くなるわけです、これはきっと昔からの癖なんでしょうね。

だから結局キングサイズの薄手の布団を購入、パパさんの掛け布団と奥さんの掛け布団の上に薄手の布団をかける事でお互いどんな寝相になろうとも、ニャンコが布団からはみ出る事はなくなりました。

みなさんもとっくに経験済み、”布団に入れて〜!”と言われて少し布団を持ち上げれば当たり前の様に中に入って来る、こんな幸せ、どこを探したってそうそうあるもんじゃありません、しかも冬しか味わえないしね。

お互いに風邪をひかない様に、上手にニャンコと寝てくださいよ〜、まだまだ冬の幸せは続きますからね。

2回目のスノボーとなった昨日、奥さんもようやくひとりでリフトに乗れるようになり、まだまだターンは出来ませんがだんだん慣れて来たように思います、上級者用のコースにも行って怖い思いもしたようですが、半日で6本も滑れたのは大きな収穫、次回は別のスキー場でもいいのかも知れません。

駐車場に大型バスが到着したかと思ったらぞくぞく降りて来たのは子供たち、授業でスキーに来たようです、先生に教えられながら滑っている子供たちを見ているその時間はとってもほのぼの、奥さんも写真を撮りまくっていました。

パパさんも子供の頃に、授業でスキーを教わりたかったな〜!ほ〜んと、羨ましい限りです。

では、今日はこの辺で、踏雪は大寒もなんのその、甘えん坊で元気に暮らしています。

バイバ〜イ!







 
{love}
コメント
てんつくさんへ。

まぁ、パパさん家のお風呂は外にありますから、そりゃあ湯冷めもするっちゅうねん!だから脱衣所はいつもガンガンストーブを焚いてます(*^^*)

そっか〜、昔はリフトなんてなかったんですね、パパさんは子供時代にスキーのスの字も知らなかったので、さぞや大変だったでしょう。

でも、なんだかお弁当を持って出かけるのは聞いているだけでワクワク、てんつくさんの苦労も知らないのにね、ごめんちゃい!(*^^*)

大人になってからは好きになられたかな?でも、これだけ鮮明に覚えていらっしゃるという事は、何れにしても大切な思い出に違いありません、大切にしてくださいね。

では、またね。
こんにちは。
湯冷め大変でしたね。

布団。。。
そうですね、大きいのを一枚上にかけるとニャんも寒くない夜が過ごせますね。
にゃんてにゃん思いなの(≧▽≦)

ママさん、スノボ上達早いんですね。
私はスノボはやったことはありませんが、スキーは授業でありました。スキー授業の日はお弁当持って歩いて30〜40分かかるスキー場となっている斜面に集合です。板を置くための小屋を学校で作ってくれていましたので運ぶのは一回だけですが。。。
給食は味噌汁が届きました。バナナとチョコレート一枚が出ました。
リフトはなく、斜面を下から上に登っては降りる除雪を運動として始めます。だからきついきつい。スキーなんて大っ嫌いでしたね、大人になるまで。
リフトがあるって素晴らしいと大人になってつくづく感じました。

  • てんつく
  • 2015.01.21 Wednesday 11:45
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album