ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ダイヤモンドの輝きよりも 君の笑顔が僕は好き | main | 冬ソナみたいなキスをして 濡れた瞳とマリッジリング >>
2014.10.14 Tuesday

歩みを止めて振り返るより ただただ信じて歩けばいい 君を信じて歩けばいい

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R2522.JPG

《とら》

あらパパ、何も見えません事よ、テレビも消えてしまってお部屋が真っ暗になってしまいましたわ、どういたしましょう?とらは暗いところがとっても苦手ですの、それにいつも傍にいるはずの婆やが見当たらなくて・・・

《パパ》

大丈夫だよとらちゃん、台風のせいで停電になっただけだから、そんな事もあろうかと発電機を用意しておいたからこのスイッチをポチッと押せば、ほら!電気が点いたよ、もう安心だからね、そう言えば優月と寒耐もいない様だけどいったいどこに行っちゃったのかな、二人でトイレでも行ってるのかな?

《とら》

パパ、先ほどお外でなんだか悲鳴のような音がしてましたのよ、だから怖くてとらはパパに言えませんでしたの、いったいなにかしら?ひょっとして優月さんや寒耐ちゃんになにかあったんじゃありません事?ほらパパ!また悲鳴が・・・

《パパ》

こ、こ、こら〜!優月に寒耐〜!婆やで凧あげをするんじゃありませーん!早くおろしてあげなさーい!

                                                            ーおしまいー


ってなわけで、もう少し発見が遅れていたら婆やは空の彼方に飛んで行ってるところ、いったい誰の発案で婆やを凧にしようとしたのか、その発想に笑いが止まらず、でも婆やには後でこっぴどく叱られたパパさんだったとさ。

さてさて、パパさん地方は本当に台風が来ているのかと思うぐらい静かな夜でしたね、少し雨風は強かったものの何事もなく通り過ぎてくれたようです。

パパさんの家では発電機を用意していつ停電になってもいいように準備、お風呂に水を溜め、飲料水も余分に貯え、暖をとれる準備もしていました、簡易コンロが使えない時の為に炭も余分に用意、これで白米は焚く事が出来ます。

でも、いざ準備してみると憂いなし、まぁ片付けも大変だったりするわけですが、でも命には代えられませんからね〜、まだまだ不測の事態に備えて色んな物を揃えますよ、って言ってると、きっとそのうち奥さんに怒られるんだろうなー!

でも、自分の命は後回しにしてでも家族に対しては後悔のない様にしたいもの、仮に家族に何かあった時でも、”やれる事はやって来た、これで許してもらうしかない”と言えるよう、普段から備えは怠らないようにしたいものです。

地震大国の日本、世界中の活火山の10%が日本にひしめいているとまで言われています、明日のわが身さえ分からないのであれば、わかるところまで自分に引き寄せ、危うい明日をやっつけて行きたいと思います。

ニャンコを守る為には常に先へ先へ、明日を迎えるには常に前へ前へ、体を乗り出してでもこちらから明日へ向かって行ってほしいと思います、否が応でも闘い続けなければならない人間、歯を食いしばるより他はないのかも知れません。

頑張れ、みんな!

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!




 
{love}
コメント
にんじんさんへ。

”立っている者は親でも使え”とはよく言ったもの、婆やもいい遊び相手になってくれたようです、ちょっと度が過ぎましたけどね(*^^*)

いつもありがとう!

では、またね。
婆やで遊ぶのは、ダメですよ−!笑。

災害は、いつ起こるか、分かりませんよね!
なるようになるしかないですね。

いざとなれば、車の中で避難生活を送るしかないかも知れませんね。
( ̄▽ ̄;)
  • にんじん
  • 2014.10.14 Tuesday 18:49
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album