ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小さな怒りを震えに変えて 君は僕の腕の中 ここから二人で歩き出そう | main | 全ての夢が走り出した あの日の君に立ち返れ! >>
2014.10.07 Tuesday

小鳥のさえずり始発の電車 ベランダに流れた君の髪

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R2594.JPG

《優月》

パパ、いよいよあいつと決着をつける時が来たようだね、包囲されているとも知らないでわざわざ自分から敵の陣地に飛び込んで来るなんて間抜けなやつさ、畑に作られたこの囲い、タイマン張るには誰も邪魔が入らなくてもってこいのリングじゃない!

《パパ》

でも優月、相手は百戦錬磨のハクビシンだよ、どうやって闘うつもりなの?ちょっとやそっとじゃ勝てないよ、ほら見てごらんよあの鋭い爪を、囲いの中に入ったら最後、お互いどこからも逃げられないんだからやるかやられるかだよ、勝機はあるの?パパは優月がボロボロになるのを見てられないよ!

《優月》

なに言ってんのパパ、そのために過酷なトレーニングをして来たんじゃない!”勝とうと思うな、敵は我なり!”でしょ、あとの事は全てパパに任せるから、じゃあ囲いの扉を開けるよ、気合を入れてガツーン!とかまして来てよ!さあパパ、突入だよ!

《パパ》

え〜、パパが行くのー!な、なんで?・・・

                                                            ーおしまいー


ってなわけで、畑に作られたこのリング、気合を入れて突入したはいいものの、”立てー!立つんだパパー!”と言う暇もないくらいパパさんはハクビシンに瞬殺され、失神して大の字になっていたとさ。

さてさて、奴は台風の夜にやって来ました、どこからともなく・・・奴の名前はハクビシン、やってくれました、パパさんの畑を荒らし放題!

パパさんの畑は2か所に分かれており、大きな(とっても小さいです)方の畑には電柵が張ってあります、なのでそちらにはイノシシや鹿も近づく事はありません。

でも小さな(とっても小さいです)畑はなにもしてないのでみなさんお邪魔し放題!今年は安心していたのがいけなかったんですね〜。

もともとニラは自生しているので作るつもりはなかったのですが、奥さんが是非とも作ってみたいというので種から育てていました、大きさも5僂阿蕕い泙膿び、来年の春には植え替えをして少しは食べれるはずだったのに根こそぎ掘られて・・・

あとはターツァイもやられましたね〜、と言ってもニラやターツァイをハクビシンが食べるのではなく、土の中のミミズなんかがおそらく目的ではないかと思われます、イノシシなんかはそうなんですけどね。

畑をおこして肥料をやり、畝を作り種を播く、発芽までは毎日水遣り、大きくなるまでは虫に食われないようにと最新の注意を払い、やっと子供たちが大きくなって来て一安心と思ったらこれだもんな〜!

パパさん一度だけハクビシンを捕まえた事がありますがとっても怖かったですね〜、まぁ、網を破って逃げられましたけどね、彼らも生きるのに必死、気持ちも分かります。

でも、ショックはショック、みなさんも一度や二度は周りの方々のこんな嘆きの声を聞かれた事があるんではないでしょうか、これは野菜を作っている人だけにしか分からないショックかも知れませんね〜。

特に今は時期が時期だけに、露地栽培ではなかなかこれから種を播いても発芽はしてくれません、ビニールを被せれば出来ない事もないですけど、面倒くさいですしね、一度こうなってしまうとテンションだだ下がりです。

こうなったら今ある物はなんとしてでも守らねば、青梗菜、ほうれん草、小松菜、水菜、これからは葉物野菜が美味しい季節、パパさん頑張って死守したいと思います。

いくらなんでも大根や白菜を食べるのだけはやめてね!それにお猿さん、勝手知ったるなんとやら、今年はパパさんのお家の屋根の上でかぼちゃを美味しそうに食べるの、やめてくんない?

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!












 
{love}
コメント
にんじんさんへ。

田舎に住んでいるとどうしてもイノシシなどは避けては通れませんね(*_*;

出来れば棲み分け出来る環境を作ってあげたいものです(*^^*)

野菜は作るのも食べるのも楽しみですからね!
パパさん、相当ショックだったみたいですね!
うちは、イタチが来るので、20数万円もかけて保護してもらったのは1匹だけー。まさに、イタチごっこー!
パパさんの所は、鹿やイノシン、猿まで来るのですか?
大切な野菜、しっかり守ってあげて下さいね!
ヽ(・∀・)ノ
  • にんじん
  • 2014.10.07 Tuesday 22:20
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album