ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 僕にそっと寄り添って 君の過去を聞かしておくれよ | main | スクランブル交差点にただひとり >>
2014.08.28 Thursday

君と星になれるなら

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R0149.JPG

《パパ》

優月、遊ぶことも大切だけどそれと同じくらいに勉強もしておかなきゃいけないよ、大人になってからはなかなか勉強する時間がないからね、分からない事があれば何でもパパが教えるから。

《優月》

分かってるってパパ、でも勉強はあんまり好きじゃないんだ〜、だって難しいし退屈だもんね、そうそうパパ、ナメクジとカタツムリはどこが違うのさ?それにイモリとヤモリの区別もつかないし、パパ!ねえパパったら〜!聞いてる?

《パパ》

も、もちろん聞いてますとも、そんなの簡単じゃない!でもパパはトイレに行ってくるからその話は後でね、ちょっとお腹が痛くなって来ちゃって・・・

ー10分後ー

《優月》

パパ、大丈夫?もう10分もトイレに入ってるよ、さっきの質問はママに聞いて分かったからもういいからね、それより鶏と卵はどっちが先なんだっけ?パパ、聞いてる?

                                                            ーおしまいー


ってなわけで、この後も優月の質問攻めにあったパパさん、暫くの間はトイレから出てくる事はなかったとさ。

さてさて、天気が定まらない今年の夏、このまま一気に秋へと向かっていくのでしょうか?そんな簡単なものでもないような気がします。

パパさんの家の裏山では鹿が鳴き始め、ひょっとしたら今年も食べるものに困っているのかも知れません、気候の変動の大きさは人間にとっても動物にとっても厳しいものとなりつつあります。

壊れ行く地球、ひょっとしたら何十年後かに人類が宇宙へ引っ越しなんて事も、でも宇宙へ行けるのはきっと選ばれた人間たちだけ、ニャンコたちなど話にも上らないでしょう。

今日もニャンコを抱きしめて、明日もギュッと抱きしめて、今を生きて欲しいと思います、二度と戻る事のないこの瞬間、ニャンコの瞳にあなたはしっかり映っていますか?

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!
{love}
コメント
にんじんさんへ。

鹿の鳴き声はひどい時には毎晩のように聞こえます。

まあ、畑まで降りて来る事もあるので困る事もあるんですけどね(*_*;

たぶんニャンコたちにも聞こえているかな(*^^*)

では、またね。
このまま、あっさり秋には、ならないでしょう!
でも、今夜は過ごし易いですね♪
パパさんの所は、シカもいるのですか?
自然がいっぱいですね!
いい所ですね〜!(o⌒∇⌒o)
  • にんじん
  • 2014.08.28 Thursday 21:36
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album