ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 食べすぎにはご注意を! | main | 静 心 >>
2014.03.25 Tuesday

フェイント

JUGEMテーマ:ねこのきもち
さて、じゃあ今日は、珍道中でも紹介しますか、お〜と、その前に、結婚式の日程が変わったのを言ってなかったですよね。

当初は17日(月)だったのに、なぜか19日(水)に変更、よくよく聞いたら19日(水)の方が縁起がいいからだとか、結婚式の日ってそんな間近になって、か、変えれるものなんですね・・・ 現地についてから言われても。


IMG_6478.JPG

(彼女のマンションの入り口です、おめでたい時にはこうして赤い紙を貼ります、そして、爆竹、あれはパパさんにしてみれば爆竹ではなくて爆弾でした、日本でやったらまず逮捕されるでしょう、オートロックでセキュリティーは万全なようです)

行きの飛行機はセントレアから上海、上海から威海(ウエイハイ)のはずが、なぜか上海からバスで一時間移動して別の空港へ、どちてでしょうか?

移動のバスはもちろん大型ですが、お世辞にも綺麗とは言えず、ところどころ壊れているしゴミも落ちていて、みなさん携帯で話をし放題、運賃は前払い制、その場限りのバスガイドさん?が集めていました。

バスはスムーズに出発、が、しかーし!なぜかどこからともなく音楽が、この音楽、次の空港まで止む事はありませんでした、きっと運転手さんの持ちこみカセットの可能性100%!

飛行機に乗るために飛行機まで専用のバスで移動したりしますよね、が、しかーし!運転が雑すぎ〜!急ブレーキは当たり前、人を運んでいるとは決して思ってないですよね。

飛行機ってバックするんですね、いわゆる滑走路まで右に曲がり左に曲がり、一旦停止してまた直進、もっとすんなり簡単に飛べないんでしょうか?悪酔いしそ〜!

テレビでよく貧富の格差とかそんな表現を聞いたりもしますが、パパさんは一日だけ市内観光をさせてもらいました、実際には郊外へ行ったんですけど、そこで初めてこの言葉の意味を知りました。

市内からおおよそ2時間、車を走らせた場所はまるで別世界、日本でいったら戦後の闇市といった感じでしょうか、路地に座り込み物を売る人々、身なりはお粗末で家はレンガ造り。

畑に野菜は作ってあるものの、おそらく赤土、大した物も作れてないでしょう、でも、そんなみなさんは活気に溢れ、憐れみなど微塵も感じてないようでした。

たった2時間違うだけでこんな世界が存在する、パパさんにとってはカルチャーショックでした、そして、憐れみを感じたパパさんこそ、本当の貧しいこころの持ち主なのかも知れません。

今を生きている人々、パパさんがこの地に降り立ち、靴下もはかず道に座り込み物を売ってこそ初めてこの人たちと対等な気持ちになれるのであって、自分を恥じた瞬間でもありました。

中国人は日本人と比べて遥かに短命です、この人たちにとって健康の為に何かを食べるとか、疲れたから体を休めるといった考えは存在しないのでしょう、ただただ今を生きる、日本人が捨てて来てしまったものがこの世界に凝縮されているような気がしました。

パパさんが奥さんを迎えるにあたって、いったい何がしてあげれるでしょう、”貧しいこころの持ち主”、それこそが奥さんを一番悲しませ、失望させる事なのかも知れません。

パパさんが豊かなこころの持ち主になれた時、初めてパパさんと奥さんは夫婦になれるのかも知れません、でも、こんなパパさんを受け入れてくれた奥さんに、本当に感謝しています、ありがとう!

う〜ん、今日もわけの分からない話になってしまいました、ごめんなさい、ニャンコのブログを書いている方がよっぽど楽かも。


IMG_6503.jpg

おーと!誰だこれは〜? パパさんなのか、そうなのか?いや、違うのか〜!                                                                                                 ーおしまいー








 
{love}
コメント
にゃんずぱぱちさんへ。

う〜ん、う〜ん、正解です!
彼女の家に向かう途中で写真を撮られていましたね。

まあ、こんなもんです、現実は、あはは!

バイバ〜イ!
しま母へ。

しま姐、分かってるくせに〜!思わぬところから写真を撮られていたんだね。

貧富って言葉自体がおかしいのかもね、その人に与えられた環境で生きている、だから、全然普通で苦痛でもないんだろうね。

豊かな国日本、でも、こころは貧しい日本、この国が本当のこころの豊かさを身に着けれる日はくるのかな?

そっか、年2回の新年か、なんだか新鮮だね、頑張って年1回ぐらいは里帰りさせてあげたいね。

っていうか、おパパが威海に住みたいんだけど・・・

でも、彼女が来るのが待ち遠しくてたまらないな〜、まだまだ先だね。

バイバ〜イ!
この方パパさんでしょ?
正装してるし髪型もピシっと整ってらしゃるから
新郎さんでしょ〜♪
え?どっちがおぱぱ?スーツ来てるから右?笑
私もねジャマイカ言った時に現地の友達にゲトー(貧困層っていったらいいのかな?表現悪くてごめんなさい)地域につれてってもらって、びっくりした。密集するトタン屋根の家、中にはいったら床は土。。水道はホース。でも皆それが当たり前でレゲエミュージックがんがん流して、明るく暮らしてて、凄いなって思った。うまく言えないけど彼らから生きるパワーをもらった気がしたよ。
アメリカでも同じ地域でも1ブロック挟んだだけで貧富の差が分かれてる所がいっぱいあるよ。
中国の人、爆竹好きだよね〜笑
こっちのチャイナタウンでもチャイニーズニューイヤーに爆竹で大騒ぎだよ。怖くて皆近づかないもん(笑)
オパパもこれから新年を2回お祝いすることになるんだね〜
  • しま母
  • 2014.03.25 Tuesday 09:35
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album