ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 優しく叱って | main | 幸せのつかみ方 >>
2013.11.16 Saturday

一粒の雫

JUGEMテーマ:ねこのきもち
IMG_6599.JPG

《優月》

パパ、雫姉ちゃん寝たよ、熱も平熱だし顔色もだいぶいいみたいだけど、ちょっと寒いって!だらかストーブつけてきたよ。

《パパ》

ありがとね優月、雫は気苦労が多いからね、そこへ来て風邪をひいたもんだから寝込んじゃったのかな?もう少し早く気づいてあげればよかったね。

《寒耐》

優月兄ちゃん、雫姉ちゃんを見てきてもいい?寒耐、お姉ちゃんを困らせてる風邪さんをやっつけるんだ〜、きっとすぐに良くなるよね?

《優月》

いいけど、ちょっとだけだよ、それからマスクはして行かなきゃダメだからね、今度は寒耐がゴホンゴホンってなっちゃうから。


IMG_3302.JPG

《寒耐》

パパ〜、雫姉ちゃんネンネしてたからお話出来なかったんだ〜、でも、”風邪さんなんかどっか行っちゃえ〜!”って怒ってやったんだよ!

《パパ》

寒耐はおりこうさんだね、お姉ちゃん、またいっぱい寒耐と遊んでくれるようになるから、それまでいい子いい子してようね。

《優月》

パパ、何でも手伝うから言ってよね、少しは役に立てると思うんだ、なあ、寒耐!

《パパ》

そうだね、じゃあ寒耐、これからパパと優月で洗濯物を取り入れて雫の部屋まで持って行って来るから、少しここで待っててくれるかな?


IMG_3856.JPG

《雫》

パパ〜、ごめんね、洗濯物までたたませちゃって、もう少し横になってればきっと良くなると思うから。

《パパ》

雫、起こしちゃったかな?やってみると結構楽しいもんだよ、たまにはこういう事もしないと雫の気持ちを分かってあげられないからね。

《雫》

優月や寒耐がもう少しパパのお手伝いを出来るといいんだけどまだまだ遊びたい盛りだし、逆にパパの足手まといになっちゃうものね。

《パパ》

雫、なにも泣かなくても、余計な事は考えなくていいから後はパパに任せて、じゃあ、美味しいお粥と雫の好きなリンゴジュースを持って来て上げるからね!


IMG_3862.JPG

《優月》

雫姉ちゃん、泣いてるの?なんだかんだ言ったってやっぱり女の子なんだね、これからは我慢せずに泣きたい時は泣けば?

《雫》

そうね、優月の言う通りかも知れないわね、パパの優しさが目に沁みて泣けちゃった、だって、料理も洗濯もなんだって頼めばやってくれるんだもの。

《優月》

パパ、頼もしいよね、お姉ちゃんもパパみたいな彼氏を見つけなきゃダメだよ!あれ、その枕の下に見えてるものは何なの?

《雫》

あ、これ?”目薬と泣き本”よ。

ー泣き本、それは男女関係を情緒的に扱い女性の涙を誘うように書かれた本、このお嬢、泣き本では泣けなかったらしくご丁寧に目薬まで用意するという徹底ぶり、まさしく確信犯、未来の女優であるー

    ー目薬使って何が悪いのよ、たまには仮病でも使って上げ膳据え膳でぐーたらしたいじゃない、聞こえてる?世のパパ様方!−  by 雫
{love}
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album