ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.12.10 Sunday

思いのままに愛してくれた そんなあなたを誰よりも 愛しているのは私だけ 愛しているのは私だけ

JUGEMテーマ:ねこのきもち

 

《とら》

 

おかしいですわね、なんだかとら、とってもオネムになってしまいましたわ、いったいどうしたのかしら?

 

《パパ》

 

そりゃあとらちゃん、美味しいものをいっぱい食べて、おまけにお部屋も暖かいと来てるからね、眠くならない方がおかしいと思うよ、遠慮しなくていいから横になって寝ればいいのに。

 

《とら》

 

”春眠暁を覚えず”って、こういう事でしたのね、だって美味しいものを頂いたのさえ忘れてしまうほど、とらをオネムにさせるんですもの、それではみなさん、おやすみなさーい!おほ!おほ!おほほほほー!

 

《パパ》

 

え〜とえ〜ととらちゃん、季節は冬真っ只中ですけど、春眠って・・・まぁでもいっかー!ねぇとらちゃん!ぷぷぷ!

 

                                                              ーおしまいー

 

 

ってなわけで、パパさんもとらちゃんも、家族み〜んなオネムな一日だったとさ、ちなみにパパさんち、ご飯を作るのが面倒くさい時は、迷わず鍋だってさ〜、簡単だし、体がポカポカになるもんね、みんな風邪ひかないでよ〜!

 

さてさて、ずいぶんとブログをさぼってしまって、あっという間に今年もあと少しになりましたね、パパさんと言えば、う〜ん、あんまり変わりはないですね、奥さんも日本に帰国してもう2ヵ月、我が家は共働きになったので、以前よりもなんだか協力する場面が増えました。

 

息子の燕華(イエンホワァ)は中国に、1歳と4ヶ月になりました、もう立ってゆっくり歩けるようになったんですよ、この目で立って歩けるようになる瞬間を見れなかったのは残念だけれど、まぁやんちゃし放題みたいだし、心配はしてないです。

 

雫も優月も寒耐も、とらちゃんも踏雪(ターシュエ)も彩虹(ツァイホン)も、み〜んな元気です、別の部屋の王蘭(ユーラン)もメンボー(パン)もカフェ(コーヒー)も、ジーダン(たまご)もチョコリー(チョコレート)も、み〜んな元気です、まぁこっちはカーテンビリビリのスーパーやんちゃ家族ですけどね、ぷぷぷ!

 

とりあえず元気で過ごせたら、今はそれだけで十分かな、クリスマスも近いしね。

 

では、今日はこの辺で。

 

バイバ〜イ!

 

 

 

 

この子はチョコリー(チョコレート)、女の子で一番の甘えん坊、パパさんの胸の上が大好き、生後8ヶ月なのに、なんだかとっても小さい気がします、この子の目線の先には、きっと”ふわふわのチビ”がいるんだ、そうだよね、チョコリー!

 

※私信  ユエちゃんの時間がゆっくり流れます様に。

{love}
2017.04.20 Thursday

なにもいらない、この子だけ

JUGEMテーマ:ねこのきもち

ED6I3613 小.jpg

 

いつもは11時に家に着けるはずが、よりによって昨夜は12時半に帰宅、まったく残業ってやつは・・・

 

帰ったらすぐにパパさんに寄って来るはずの三毛が来ない、嫌な予感、そしてトイレには何やら粘着物らしきものが、どうやら巣箱に閉じこもっているらしい、懐中電灯で中を照らしてみるとやはり、お尻の際には赤ちゃん猫が1匹、遅かったか。

 

その赤ちゃんを取り上げてみると体がとても冷たい、でも鼓動はある、どうやらこの子が初めてらしい、パパさんは毛布でくるみ息を吹きかける、けど元気がない、何度も何度も赤ちゃんの鼻と口をパパさんの口で吸ってみる、鳴かない・・・

 

そうこうしている間に次の子が生まれて来た、2匹はパパさんがへその緒を、他の2匹は三毛がへその緒を噛み切った、時刻はもう4時、4匹の子猫たちは母親のおっぱいを探し、どうやら満足いくだけ吸えたもよう、でもパパさんが抱いているこの子はおっぱいが吸えない、吸うだけの力がないのだ。

 

何度も何度もおっぱいの傍へ口を近づけてみる、パパさんがこの子の口を軽くこじ開けると、吸うまね事はする、おっぱいが欲しいのだ、でもその力がない、しかたなくスポイドで少し水を飲ませてみる。

 

きっとこうなってしまっては、もう母親は受け付けてはくれないだろう、病院が開くまでにはまだ5時間もある、どうする、結局8時までパパさんはこの子を抱き、息を吹きかけ、マッサージをし、ともし火が消えない様に、ただただ待つしかなかった。

 

先ほど動物病院へ行って来ました、先生も、”あとはこの子の生命力にかけるしかありません”と言っていました、注射を打ってもらい、チューブでミルクを流し込むのも教わって来ました、体を温めてあげて下さいとも言われました。

 

なんとしてでも助かって欲しい、母親に子育てを放棄されてもいいから、生まれたばかりのこの命、是が非でも助けてあげたいと思っています、今はホッカイロや毛布やいろんなものを使って温めて、パパさんの傍にいます、昨日、バイト、休むべきでした、力を下さい。

 

ED6I3614 .jpg

 

取り急ぎご報告まで。

 

では、今日はこの辺で。

 

バイバ〜イ!

 

 

 

 

{love}
Powered by
30days Album