ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.07.10 Friday

君にしてあげられる事  −アダルトチルドレンー

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R4428.JPG

《雫》

あらパパ、さっきからず〜と同じとこ見つめてなに考えてるの?あんまり見つめると穴があいちゃうわよ!で、一体なんなのよ、仕事の事?それともお家の事?ひょっとしたら女性問題で悩んでたりして、でもまぁパパに限ってそれはないわね、どう見てもモテるタイプじゃないもの。

《パパ》

し、失礼な、パパだって若い時はブイブイ言わせたんだから、じゃなくてお弁当なんだけどね、ほら雫、どうしてもこのお弁当のおかずのところに隙間が出来ちゃうんだよね〜、あと1品あれば埋まるんだけど、なんてったって優月は食べ盛りだし、いつもいつも冷凍食品ってのも可哀想だし、いやはや毎日お弁当を考えるってのは難しいもんだね。

《雫》

あのねパパ、そんなに難しく考えるからいけないのよ、世の中には色んなお弁当の種類があって、例えば”日の丸弁当”、これなんかはとっても簡単よね、他には”サンドイッチ”、これは具材を変えるだけだから悩む必要なし、でも手間ひまかけず、持ち運ぶにもとっても軽い究極のお弁当ならこれしかないわね、ジャーン!”500円弁当”、お弁当箱の中に500円玉をひとつ入れておいてあげれば、あとは優月が自分で好きなものを買うわよ、これって名案でしょ、ねぇパパ!

《パパ》

た、確かに名案だけど、可哀想すぎるー!ぷぷぷ!

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、優月が持ち帰って来たお弁当箱を洗う必要がなかった雫、ちょっぴり寂しくて、少し反省したんだったとさ、でもパパさんのお弁当箱には”300円”しか入ってないんだけど、これってどういう事〜?

さてさて、今日はお弁当の話を少しばかり・・・

子供と言うのは酷な生き物、パパさんにはお袋がいなかったため、小さい頃にはただそれだけでイジメられたものでした、挙句にグランマが作ってくれたお弁当さえも標的にされ、ずいぶんと悲しい思いもしました。

中国のお弁当事情は、だいたいおかず1品にご飯と言うのが定番になっているようです、例えば、”茄子と挽肉”を炒めたおかずとご飯、これだけで終わらせてしまうようですが、お弁当の作り方にもあまり気を使わないところがあるんですね〜。

お弁当箱の中でそのおかずとご飯が一緒になってしまって、蓋を開けたら何が何だか分からない状態、仕切りなどあまり使用しない中国のお弁当に、在日中国人の子供はとても切なくなってしまい、そしてイジメが始まるわけです。

奥さんが勤め出して色んな話をパパさんにしてくれます、だからパパさんは奥さんの会社でのお昼のお弁当事情を聞いてみました、やっぱりブラジル人、フィリピン人、外国の方のお弁当は似たようなもの、おかず1品にご飯と言うのが多いようです。

なかにはウインナー3本に白飯だけの人もいたようで、まぁこれにはビックリしましたが、奥さんは”自分で作るからいいよ”とは言ってくれるものの、先の事を考えたらやっぱりパパさんが作る方が無難だと思い、毎日お弁当はパパさんが作っています。

パパさんはなにも子供が出来たら”キャラ弁”を作れと言っているのではありません、せめて周りからイジメられないように、昔に比べれば少なくなったかも知れませんが、でもパパさんの子供はハーフになるわけで、それだけでもイジメられる要素は持っているのではないでしょうか。

日本に住んでいるなら日本人と同じようなお弁当を、日本のお弁当はこういうもんなんだよって事を、今から奥さんに知っておいて欲しいのです、お弁当で虐げられる子供の話など数知れず、もちろんお弁当作りに頭を悩ますだろう事は、重々承知していますけどね。

長年トラックの運ちゃんだったパパさん、もちろんお弁当はコンビニで済ませる事が殆どで、子供の頃の経験やそんな事もあって、なるべく家で作ったものを、なるべく色んなものを奥さんには作ってあげたいと思っています。

そしてパパさんに子供が出来たら、子供が残してこないようなお弁当を、”またあれ作って入れといてよ!”って言われるようなお弁当を、その時には奥さんが作ってくれると思っています。

みんなでご飯を食べるというのはとっても楽しくて、またとっても大切な事、ひとりっこのパパさん、お袋のいなかったパパさんにはそれが出来ないという事がどれほど寂しいか痛いほど分かります。

”うわぁ〜、〜君ちのお弁当、めっちゃ美味しそうだね〜!”、お昼時に我が子が屈託のない笑顔で友達にそう話せるような、そんな子供になって欲しいと思います。

ひとりっきり教室の机でお弁当を隠しながら、味さえ感じず他人の視線も自分の感情も押し殺して時が過ぎるのを待つ、そんな子供だけにはなって欲しくないし、してはいけないと思います、なぜならパパさんがそうだったから、その一言に尽きます。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!










 
{love}
2015.07.08 Wednesday

荒れ狂う波もさざ波へ 命をかけて舵取りせよ!

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R4097.JPG

《踏雪》

パパ、お弁当の事ならワシに任せてくれんかなも、せっかくお金を出して買うんだで、どうせなら美味しい店で買わんと損だに!ちょっと見てみや〜おみゃあさん!あそこの弁当屋さんにはどえりゃ〜こと人が並んどるがや、ああいうとこで買っとけば絶対間違いないでよ〜、ほやけど早よ行かんと”のうなって”(無くなって)まうでだちかんに、ちょっと急ごまいか!

《パパ》

いやぁ〜、30分待ってやっと注文出来るなんて、よっぽどこのお店は流行ってるんだろうね、ママや雫たちのお弁当はもう注文しておいたから、後は踏雪だけだよ、定番の”のり弁当”に”唐揚げ弁当”、他には”生姜焼き弁当”に”鳥南蛮弁当”なんかもあるんだね、どれもこれも美味しそうだけど、踏雪はどのお弁当にするの?

《踏雪》

たわけたこと言っとってかんわおみゃあさん!ワシと言えば踏雪、踏雪と言えば名古屋、名古屋と言えば味噌、味噌と言えば”味噌カツ弁当”に決まっとるがねー!ワシの体はあのコッテリ甘〜いドロドロの赤味噌で出来とるんだで、よ〜覚えとってちょ〜すか!いか〜ん!いらんこと喋っとる間に他のじん(人)が先に注文してまったがね、「すま〜んけどお兄さん、ワシには味噌カツ弁当ひとつくれんかなも?」

《パパ》

あ、あれ?な〜んか厨房が怪しい雰囲気だよ踏雪!み、”味噌カツ弁当”は今の人で売り切れだって!そ、そんなに”味噌カツ弁当”如きで怒らなくても踏雪、顔が真っ赤じゃない!その手に持ってる紙はなんなの?”味噌カツ弁当タダ券、7月8日まで有効”って、そ、そりゃ怒れちゃうよね〜踏雪!ぷぷぷ!

                                                              ーおしまいー


ってなわけで、今にも噴火しそうな踏雪の顔を見た厨房のお兄さん、”な、なんとかします!”、そう言ったんだったとさ、だってこのお店の”味噌カツ弁当”の売り上げは、8割を踏雪がお買い上げなんだって、そうだよね、常連踏雪さん!

さてさて、パパさんの畑では夏野菜が取れ始め、まぁ毎日同じものを食べなきゃならないって言う嬉しい悲鳴もあったりするんですけどね、でもスイカやメロンが大きくなるのを見ていると、いよいよ夏がやって来る、そう思ってしまいますよね〜。

ただこの長雨でニャンコたちもお寝んね状態、太陽が射さない為にパパさんの写真もちょっとお休み、早く梅雨が終わって、またニャンコたちの元気で飛び回る姿を撮りたいものです。

こんな梅雨時に洗濯ものを部屋干しにすると半乾き状態、だから臭いが残ったりするんですよね〜、どうにもこうにもあの臭い、パパさんは我慢出来ません、着ているだけで気分が悪くなってしまいます。

そんな時の優れものは除湿機、パパさんはクローゼットに洗濯物と除湿機を入れ、あとは”衣類乾燥”ボタンを押せばあら不思議、翌朝にはなんの臭いもなく、気分よく服が着られます。

がしかーし!電気代はどうなんだろ?まぁこの時期だけだからね、その辺は良しとしますか!あんまり切り詰めた生活ってのも、体に影響が出たりしますから、そこそこ、ほどほど、いい加減に、そんなんで梅雨を乗り切ろうね〜!

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!








 
{love}
2015.04.06 Monday

しとしと降る雨こんな日は あの日をいつも思い出す 心激しく揺さぶられ 出逢った君はそう雫 

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R9859.JPG

《雫》

パパ、見てみて、これがいま噂になってる女性国会議員の人よ、でも思ったより可愛くないわよね、なんでも体調不良で診断書を取って国会をお休みしたにも拘らず、その後には秘書と不倫旅行に出かけたんだって、いいわよね〜、お金もあるし乗り物だってタダだし、まぁ”先生”って呼ばれれば勘違いしてこうなっちゃうのかしら。

《パパ》

でもね雫、事実はちょっと違うみたいだよ、不倫とか旅行とかは事実無根だと本人がきっぱり言ってるし、ただマスコミに対しての本人や秘書の対応がまずかったもんだから、色んなところに飛び火しちゃってこんな大騒動になったんだね、議員さんってのはいつ何時に何をしていたのかまで答えなきゃならないなんて、いやはやなんともまぁ大変なお仕事で。

《雫》

当たり前でしょパパ、みんなの税金で生活してるわけだから答えるのも仕事だもの、これからはパパの事も”先生”って呼んであげるから、逐一報告義務を怠らないでね、お小遣いの使い道やご飯のメニュー、それに一人で出かける時には行き先や途中の休憩場所とその滞在時間も、事細かに時系列で答えてくれるとず〜と先生でいられるわよ、にしてももうちょっと可愛かったらね〜、この人。

《パパ》

そ、そこ!?パパは先生でいたくありませーん!貧乏でも自由がいいー!

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、どっちかって言うと先生より”お殿様”って呼ばれたいパパさん、でも雫にあっさり却下されたんだったとさ、その後は雫に先生と呼ばれる事もなく、でもなぜか報告義務だけは習慣化されたんだって、大変だね〜パパさん!、頑張れ〜!ぷぷぷ!

さてさて、雨が続くパパさん地方、どうやら今日は一旦上がりそうだけれどもまた明日も雨、各地からお花見報告が続々と聞こえて来ますが、果たしたパパさんちのお花見は間に合うのでしょうか、一日だけ晴れてくれないかな〜、桜の花が舞い散る前に。

昨日はめったに食べないホットケーキを焼いてみました、お昼時にホットケーキだなんてご飯以外は考えられないパパさんでしたが、でも案の定やっぱり途中で飽きて来ちゃうんですよね〜、甘いというかくどいというか・・・

お菓子は中国でも食べていた奥さん、ほとんど同じものがあるらしくホットケーキも向こうの子供たちは大喜びだとか、でもやっぱり日本のものは美味しいらしいですね〜、万人受けにするのが日本人は上手いのかな。

お弁当箱、今はランチボックスって言うんですかね、パパさんの持っているのもすごく気に入っていてお昼までご飯やお味噌汁なんかは十分に温かったりします、一番下が汁物、その上にご飯、そしておかず入れが二つだったかな。

中国にいる奥さんの姪は今13歳、毎日お弁当を作ってもらって持って行っているわけですが、でもお昼にはご飯が冷たくなってしまいなんとも悲しい思いをしているようです、そこで日本のランチボックスが欲しいと言いだしたこの子、パパさんがプレゼントした水筒も大好評だったので、おそらくランチボックスも日本のものが良いと思ったのでしょう。

キティちゃんが大好きらしいのでそれなりのランチボックスをいま探しているところですが、ただああいったグッズものは少ないし、そのうえスープ容器もついてなかったりするので只今思案中です、どうなんでしょうね、13歳の乙女心というのは。

まぁパパさんは男だからどんなランチボックスでも構わないし、要はご飯とお味噌汁が温かけりゃ文句ないわけで、あとは奥さんの愛情をふりかけ程度にパラパラしてください、なんつって!

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!


 
{love}
Powered by
30days Album