ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.03.01 Tuesday

溶けそうなほど甘えておいで 僕がすべてを守るから

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R3108.jpg

《雫》

いよいよパパ、3月が始まっちゃったわね、だんだん春めいて来て体がうずうずって感じだけど、パパだったらまず最初に何をしてみたいの?優月やとらちゃんたちもみ〜んなどこかへ出かけたがってるみたいだから、思い切って旅行でも行ってみない?温泉なんかでのんびりするのって最高じゃない!

《パパ》

そうだね〜、去年はとらちゃんが用意してくれたボーイング727で無重力体験をさせてもらったんだっけ、あんな経験したのは初めてだったからついついパパもはしゃいじゃって、だって体が宙に浮くんだよ、おかげで飛行機の天井に頭をぶつけて痛かったな〜、それにぷかぷか浮いてるお水をストローで飲んだりもして、あれだったらパパは今年もやってみたいな〜!

《雫》

それって名案かも!だって踏雪はまだ小さいから、色んなところへ連れて行こうとすると大変なのよね〜、それを思うと移動しなくても飛行機の中で遊べるわけだし、踏雪がグズリだしても好きな時に帰って来れるわけだから、ママもきっと楽しめるわよ!ひとつ言い忘れてたけど、パパが去年飲んだあのぷかぷか浮いてるお水、ダメだって言ったのに寒耐が飛行機の中でおしっこしちゃって、って言う事だから、言わなくても気づいてたわよね、パパ?

《パパ》

こ、今年の旅行は中止です・・・ぷぷぷ!

                                                              ーおしまいー


ってなわけで、結局はおにぎりをた〜くさん作って、近くの丘へピクニックに出かけたパパさんだったとさ、でもやっぱり8人家族はそれなりに大変なんだって、だって子供たちはお茶をこぼしたりおかずを取り合ったり、挙句の果てには婆やが余興で演舞を始めちゃったりして、は〜るよ来い!は〜やく来い!だよねー!

さてさて、今日は風が強くて寒〜いパパさん地方、夜中に少し雪が降り、明け方には道路もうっすらと白くなっていました、この時期は色々とあるようでみなさん忙しいんだよね〜、引き継ぎだのなんだのいって。

特に田舎は色んな役がすぐに回ってくるからね、そうそう逃げてばっかりはいられないわけで、でもこれがまたすんなりいかないんだよね〜、ここぞとばかり重箱の隅を楊枝でほじくろうとする人がいるから、ほ〜んと年度末の総会なんかは憂鬱です。

パパさんもついこの前に、副区長と区長を合わせて2年やったのに、な〜んだかまた役が回って来そうで困ったものです、年寄りばかりで若い人が少ないっていうのに、いつまでも同じやり方してたんじゃ、そりゃ〜転出者も多くなるっちゅうねん。

とまぁ愚痴っててもしょうがないですが、あと1週間もしたら奥さんが6週間ほど帰国します、晴れて自由の身だー!と思えるのか、それともやっぱり寂しいなぁ〜と思うのか、それはその時になってみないと分かりませんね〜。

朝早く家を出るから、奥さんは雫たちに会わないで行った方がいいよねきっと、なんだかんだ言ってもみんにゃ奥さんの事が好きみたいだし、奥さんもみんにゃを大切にしてくれているから、いなくなると寂しがるかな。

早いもので結婚してからもうすぐ2年が経とうとしています、二人を取り巻く状況は日に日に変化しているけど、まぁなんとかここまでやってこれました、毎日耳掃除をしてくれるのは嬉しいけど、根こそぎ取ろうとするのはやめてね、ってか毎日耳掃除ってダメじゃなかったっけ?

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!




 
{love}
2014.11.03 Monday

君が望むこと

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R2474.JPG

《とら》

パパ、どうですの、お独り身になった気分は?なんだかいつもよりお顔がほころんで見えますわ、あら、さっそく密会のお電話かしら?とらが主催する舞踏会ではよく”人目を忍んで殿方とお会いしましたの”なんてお話を耳にしますのよ、おほほほ!

《パパ》

ただの間違い電話です、それにとらちゃん、密会だなんて人聞きの悪い、残念ながらパパと会ってくれるような人はいないんだよね〜、万が一そんな事がママにばれたらパパはどうなることやら・・・でもいい感じだよ、自分の好きな事が自由に出来るしね、だけど少し気が抜けちゃったからちょっと風邪をひいたみたいで熱っぽいかな〜。

《とら》

パパ、ちょっとおでこを拝借いたしますわよ、あら、どうしましょう、こんなにお熱が!婆や、最新鋭ステルス戦闘機F−22ラプターの準備をお願いできるかしら?北京までなら45分で到着、すぐにママを連れて戻って参りますわ、じゃあ行ってきますわねパパ、婆やの迷彩柄の酸素マスク、とってもお似合いですこと、おほほほ!

《パパ》


じゅ、準備良すぎるでしょ!それにめっちゃマニアックだし、パパは自力で治すからもうちょっとひとりにさせてよね〜!

                                                            ーおしまいー


ってなわけで、お薬を飲んで床に就いたパパさん、目が覚めると枕元には奥さんがいたー!という夢を見ていたところを優月のご飯くれくれチョイチョイ攻撃で起こされたんだったとさ。

さてさて、昨日は奥さんを見送りにセントレア空港まで行ったわけですが、まぁあまり時間もなくハグもしないままのあっさりとしたお別れになってしまいました。

入国審査口へと消えて行く小さな奥さんを見ていたら、やっぱり少し寂しくなりましたね〜、本人はもちろん帰国する嬉しさでいっぱいでしょうが、ああいったところは女性は寂しくならないんでしょうか。

ニャンコにはすぐにママは帰って来るよと話しかけたりしましたが、分かってんのか分かってないのか、いやはや無邪気なものです。


北京に降り立った時はきっと、”中国に帰って来たー!”と思ったんだろうな〜とか、最初に食べるものはなんだろうとか色々な想像をしてしまいます、家族とわいわいがやがや、元気になって日本に帰って来てもらえればと思っています。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!







 
{love}
Powered by
30days Album