ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.04.07 Tuesday

我が子なら

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R9439.JPG

《優月》

パパ、雨が降ってるからゆっくり安全運転で帰ろうよ!だけど今日の映画は面白かったよね、たまにはああいうホラー映画もいいんじゃない、刺激があってさ!でっかいスクリーンで3Dだったし、また見に来ようよ、寒耐なんか怖くてわんわん泣いちゃって、ほら、疲れたから後ろの席で雫姉ちゃんにもたれて寝ちゃってるもん!

《パパ》

そうだね、パパも久々に見たけど怖くて心臓がバクバクしちゃってたな〜、でも今日はいいお土産話が出来た事だし、家でママととらちゃんと踏雪が待ってるから早く帰ってあげないとね、寒耐が風邪をひかない様に少しヒーターを入れてと、雫も眠かったら寝ていいんだよ。

《優月》

うわぁ〜、なんでこの辺は街灯がひとつもないんだろう?映画を見た後のこんな田舎の帰り道は怖かったりするんだよね〜、よくテレビでやってるじゃん、車の後部座席をルームミラーでそ〜と見たら、乗ってた人がいなかったって話、あんなのが本当にあったらビビってオシッコ漏らしちゃうかも、雫姉ちゃんもそう思うよね・・・ギャッーーー!

《雫》

し、失礼ね優月!お化粧落としてるだけじゃない!

                                                              ーおしまいー


ってなわけで、あまりの優月の悲鳴に急ブレーキをかけたパパさん、おかげで車は木に衝突して走行不能になったんだったとさ、でも、本当の恐怖がこれから始まろうとは誰も知らなかった、そこに立っていたのは白い服を着た長い髪の女性、”ど・う・か・な・さ・い・ま・し・た・か?”・・・・・ギャッーーー!

さてさて、パパさんはとっても怖がりなのでこんな話を自分で書いておきながらタブーです、霊感などないけれど、頭の中に思い浮かべちゃうと暫く気になっちゃって、夜中のトイレは奥さん同伴にしてもらわないとね、ぷぷぷ!

多くの人の並々ならぬ努力で、またひとつ嬉しい知らせが届いております、14年度における熊本市動物愛護センターの犬の殺処分はゼロ、猫は14匹、猫に於いては交通事故などでの安楽死が含まれているようで、犬の処分がゼロだったと言う事は、この14匹の猫については苦渋の決断だったと推測出来ます。

熊本市愛護センターの職員さんは偉いね〜、犬を捨てに来た飼い主と口論になろうが嫌われようが、理不尽な飼い主には一歩も引かない。

犬を捨てに来た男性、”飼い主の息子が海外転勤になり噛み癖があって飼えない”と、職員さんは、”噛んでもいいと教えてしまったのは息子でしょ、その躾の失敗をなぜこの犬が命をかけて償わなければならないのか”と言ったそうです。

また引っ越しで犬を飼えなくなった女性が、新しい飼い主探しの為に知人30人ほどにあたったが見つけられず捨てに来たところ、”たった30人に聞いてまわったぐらいでこの犬が殺されるなんて理不尽だ”と。

時には飼い主を殺処分に立ち会わせ、飼い主が犬を腕の中で抱いたまま獣医さんに静脈注射をしてもらい、痙攣しながら死んで行くのを見届けさせたとか。

怒りは形にして行くべきだよね、”必要ないものは処分、淘汰されて当然”、そう言ってるあんたも淘汰されるリストに入っているかも知れないんだから、安易にそんな事を言うべきじゃない。

人間も猫もつまるところ食って寝るだけ、でも人間は猫の様にエンターテイナーにはなれない、24時間人を癒す事なんてのは出来っこないし、このまま殺処分が続くようならいつか逆転劇が起きてもおかしくないとは思わないかい?

昔、猿の惑星ってのがあったけど、要はそういう事さ、ああなった時に命乞いするあんたの姿は惨めなもんだろうな、想像してみなよ、その時の自分を。

とまぁ、パパさんはみなさんに怒っているのではなく、動物を捨てに行く、虐待する、そんな愚かな人への怒りなので悪しからず。

人に優しい日本人、絶対出来るって殺処分ゼロ、競ってやろうよ殺処分ゼロ、そのうちつまはじきにされちゃうよ、”あんたの街ってまだ殺処分やってるの?みっともないわね!”ってね。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!














 
{love}
2014.11.29 Saturday

不器用な男ですから・・・

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R5030.JPG

《とら》

パパ、聞いて下さるかしら?この間とらの母校のハーバード大学で女性だけの同窓会がありましたのよ、でも最初とらは”ここじゃなかったかしら?”って思ってしまいましたの、だって存じ上げているお顔がひとつもございませんでしたもの。

《パパ》

えっ〜!とらちゃんはハーバード大学の出身だったの?あの大学世界ランキング1位を何度も取ってて、ノーベル受賞者も最多数を排出してるあのハーバード?どっちかって言ったらパパはそっちの方の話が聞きたいんだけど、で、その同窓会はどうなったの?

《とら》

やはりその場所はまぎれもなくハーバードでしたの、でもみなさんお顔に小皺、シミ、ソバカスなどがありましたので昔の面影もなく別人のようで、とらは気づいてあげられませんでしたわ、おほほほ!中にはお相撲さんの着ぐるみを着ていらした方もいらっしゃって、とらだけが昔のままのスタイルでしたの、なんだか美人のままでいるのも罪ですわね、おほ、おほ、おほほほ!

《パパ》

き、着ぐるみって・・・パパはコメントを控えさせて頂きます。


ってなわけで、なんでもとらちゃんはハーバードでハリウッドスターさながらのフラッシュの光に包まれたとか、とらちゃんの体に指1本触れさせる事なく警護にあたっていたのは言うまでもなく武装した婆やだったとさ。

さてさて、昨日は久々にテレビをつけたら”幸福の黄色いハンカチ”がやるという事で、奥さんと2人で見ようと言う事になりました。

奥さんはいつもおネムさんなので最後まで見れないのは分かっていましたが、でも中国では5回も見たそうであらすじもとっても良く知っており、高倉健さんは中国でも大スターだったようです。

欽也(武田鉄矢)の代わりに車を運転していたところを検問にひっかかり交番へと連れて行かれた勇作(高倉健)、そこでは恩人である渡辺(渥美清)と会話をするシーンがあるんですが・・・

う〜ん、パパさんとしては高倉健さんは死なないものだと、いや死んではいけないものだと思っているほど男を感じさせてくれる役者さんだったので残念でなりません。

アウトローの役が多かった健さんですが、でも物を言わなくとも立っているだけで絵になる、そして誰も近づけないあの雰囲気、もう二度とあんな役者さんは出てこないんでしょうね。

そして高倉健さんと渥美清さんの場面で、”あぁ、2人とももうこの世にはいないんだなぁ”って思って見ていたら、なんだかすごく寂しくなりました。

私生活を殆ど見せなかった高倉健さん、やはり映画スターと言うのはこうあるべき、パパさんも一年に一度ぐらいは喫茶店などで”佇まいで物を語る”一般の方を見かけたりしますが、いつもそんな人に憧れてしまいます、男が男に憧れる、なかなかこれがいるようでいないんですね〜。

パパさんは黄色いハンカチの下で勇作(高倉健)と光枝(倍賞千恵子)が逢う最後のシーンまで、奥さんは途中でグースカピーでした(こ、これも死語か〜!?)

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!







 
{love}
2014.10.21 Tuesday

少しのお洒落で心のときめき スクリーンに輝く君がいる

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R1837_1.JPG

《雫》

パパ、今度のお休みは雨模様みたいね、だったらみんなで映画でも見に行きましょうよ、どうせお家でゴロゴロしてるだけなんだから、今ならドラえもんのチケットが割引きで手に入るわよ、ママもドラえもんが好きって言ってたじゃない!

《パパ》

そうだね〜、どうしよっか?映画を見に行くのはいいんだけどね、ほら、前の時はとらちゃん専用のリムジンで映画館に乗りつけて、そのうえ婆やが赤絨毯を敷いちゃったりしたじゃない、あの上を歩くのってけっこう恥ずかしいんだよね〜、みんな見てるし・・・

《雫》

あらパパ、そんなの気にしなくていいのに、映画館の中ではどうぜ寒耐はお菓子でベトベトのお手てを隣の人の服で拭いちゃうし、優月ははしゃいで椅子の上でジャンプして宙返りしちゃうし、とらちゃんは大きな日傘を差して映画を見るから後ろの人が怒るのは必至、ママなんかは中国まで聞こえそうな鼾をかいてお寝んねなんだから、いちいちそんな小っちゃな事は気にしないの、ねぇパパ!

《パパ》

き、気にして下さい、少しは・・・

                                                           ーおしまいー


ってなわけで、異様な雰囲気に包まれた映画館の中の6名連席のこの一角、迷惑千万としりながらもパパさんは一番端の席で小っちゃくなっていたとさ、が、しかーし!飛び交うヤジから家族を守っていたのはまたしても武装したこの人、婆や見参!あっぱれである!

さてさて、パパさんはテレサ・テンの歌が大好き、ジャッキー・チェーンも好きだったりします、奥さんも両方知っているので、じゃあジャッキー・チェーンの酔拳2をDVDで見ようという事になりました。

パパさんは字幕で、奥さんは言語でと思って見始めたのですが、奥さん曰く、”言葉がほとんど分からない”との事、よくよく見たら広東語だったんですね〜、っていうより広東語と日本語しかなかったので結局は日本語で奥さんは見る事となりました。

まぁ、笑う場面が一緒だったのでやっぱり同じアジア人だなぁ〜と思ったりもしましたが、奥さん少し見ただけで爆睡モード、ニャンコもお寝んねモード、パパさんひとりの映画鑑賞会となりました。

もう60年も前の映画になりますがヒッチコック監督の”裏窓”、パパさん大好きです!現実逃避が出来て想像力も養えて、少しのお金で2時間、3時間の時間を遊ぶことが出来る、映画って、いいですよね〜。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!








 
{love}
Powered by
30days Album