ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.06.12 Friday

君が残した一粒種も 今ではお転婆お嬢様 ませた仕草と言葉遣いが 悲しみ覚える事さえ許さず

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R4311.JPG

《寒耐》

ごちそう様でしただもんねパパ〜、寒耐はいっぱいご飯を食べたんだよ〜、だからこ〜んなにお腹が大きくなっちゃったんだもん!お外で食べるより、お家でみんなでいっぱいお話をしながら食べるご飯の方がとっても美味しいんだもん、だから寒耐はパパもママも、雫姉ちゃんもとら姉ちゃんも、優月兄ちゃんも踏雪も、み〜んなの事が大好きなんだよ〜!

《パパ》

あれ、もう食べちゃったの寒耐!そんなに急いで食べると体に良くないよ、もっとゆっくり食べないとね、最近は寒耐も体が大きくなって来たから、ひょっとしたら今のご飯の量じゃ足りないんじゃない?だったらママに言って明日からはもっとたくさん作ってもらおうね、ほら、パパはもうお腹がいっぱいだから、このおかずを食べてもいいよ!

《寒耐》

あのねパパ〜、寒耐のお腹はポンポコリンのポンポンポンなんだよ〜、だからパパは寒耐の事を心配しなくていいんだもん、今日は公園で、優月兄ちゃんと踏雪と隠れん坊をしたんだもんね、優月兄ちゃんが鬼になったから、寒耐は見つからないように頑張って隠れたんだよ〜、それで・・・

《パパ》

『寒ちゃん、パパは知ってるよ、その大きく膨れ上がったお洋服の下には何を隠してるのかってね、いつもいつもありがとう!テーブルの下からそっと隣の食いしん坊の踏雪に、パパたちに分からないようにおかずをあげてるんだよね、踏雪の分はパパがあげるから、寒耐はお腹いっぱい食べたらいいのに・・・大好きだよ、か・ん・た!』

                                                             ーおしまいー



ってなわけで、いつの間にかおかずが増えているのを知らぬは踏雪ばかりなり、み〜んな寒耐のやってる事、知ってたんだったとさ、1人っ子のパパさんはそんな兄弟が欲しかったんだって、羨ましいよね〜、パパさん!

さてさて、昨日は豪雨になった地方もありましたが、どうやら今年の梅雨は中休みがあるようで、雨の量もさほど多くはなさそうです、夏の気温は平年並みかそれよりも涼しいかも知れないとの事ですね。

まぁ人間にとってもニャンコにとっても涼しい夏はありがたいわけですが、でも一気に秋になるってのもちょっと物足りない感じがしないわけでもないし、でも夏日と呼ばれる日が多くない事を、熱帯夜と呼ばれる日が少ない事を期待するばかりです。

若い頃は夏に食欲がなくても、無理して食べればそれなりに食べれたし、それなりに消化して脂肪になる事もなかったはずですが、今は無理しても食べれないし、無理をすれば燃焼しない脂肪になってお腹も減らないし、やっぱ年は取りたくないもんです。

流石にこの年になって炭酸飲料を飲む事はなくなりましたが、でも夏には冷たいものや簡単な食事、どうしてもそっちの方向になりがちです、夏バテせず夏を乗り切る為にも、今からでも遅くはありません、しっかりと汗をかいて、夏に強い体を作って欲しいと思います。

おそらく今の時期からは、きっとシャワーだけと言う人が増えて来るとは思いますが、体の疲れを取るには湯船に浸かるのが一番、少しぬるめのお湯でゆったりと温まって下さいよ〜、そしていっぱいいっぱい寝てください、ニャンコと一緒に寝! 

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!






 
{love}
2015.05.02 Saturday

寒耐兄ちゃん お帰りだなも!

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R1236.JPG

《踏雪》

パパ、な〜んも心配いらせんて、寒耐兄ちゃんはあんばよう先生がやってくれるで安心して待っとりゃあええんだわ、スケーリングなんか寝とる間にやってもらうもんだで、寒耐兄ちゃんも何が起こったか分かりゃせんに〜、あんまりパパがそんな顔しとると、寒耐兄ちゃんがおらせんのを雫姉ちゃんたちに気づかれてまうでだちかんだわ、ワシもついとるでよ〜、まぁここに座ってコーヒーでも一杯飲みゃあせ!

《パパ》

そ、そうなんだけどね踏雪、やっぱり全身麻酔って聞くと怖くて、本当に寒耐が耐えられるかな〜って、寒耐は甘えん坊で怖がりで、それになにも今やらなくても、もうちょっと大きくなってからでも良かったんじゃないかって・・・どうしよう踏雪、もしも寒耐になにかあったらパパは・・・


《踏雪》

おみゃあさん、たぁけた事を言っとってかんわ!寒耐兄ちゃんに名前を付けたのはパパだがや〜、よう見てちょうよ〜寒耐兄ちゃんの名前を、”耐える”って字が入っとるでしょ〜、見とってみや〜、”寒耐は良くお寝んねしたんだもんね!”ってケロッとして帰って来るに、そやけどワシのスケーリングの時にはガンガン麻酔を使ってしっかりと眠らせてくれなだちかんでなも、あ〜んな怖いもんオシッコちびってまうに〜、それに看護婦さんに手を握っとってもらうように頼んでちょ〜すか、で〜ら〜可愛い子でないとワシはやらせんで、今から言っとくでなも。


《パパ》

け、検討しときます、ぷぷぷ!

                                                             ーおしまいー



ってなわけで、いつもの様にいつもの時間が流れ、寒耐も何事もなかったかの様に無事に帰って来たんだったとさ、ってか何が起きたのかは覚えてないよね〜、パパ、心配したんだよ〜、か・ん・た!

さてさて、ご心配を頂きました寒耐、なんの弊害もなくスケーリングを終える事が出来ました、パパさんにとっては長かった一日でしたがこれで一先ず安心出来そうです、本当にありがとうございました!

やはり寒耐は歯肉炎を起こしており、スケーリングと歯肉炎の注射をして頂きました、絶食して行かなければならなかったのにパパさんほんの少しだけカリカリを与えてしまい、これについては反省です。

その辺のところも獣医さんにお話して、”気を付けてやりますから大丈夫ですよ”と言って下さったのでお任せする事にしました、もちろん血液検査の数値も異常なし、この日はなぜか行きの車の中でも一回鳴いただけであとは寝ていたようで、よっぽど緊張していたのかな。

迎えに行った時にはすでに麻酔から醒めており、にしても帰って来てからパパさんビックリ、寒耐のお口の匂いを嗅いでみるとまったく無臭、今朝もカリカリを与えてから嗅いでみましたが口臭ゼロ、まぁこれが当たり前だったんですね〜。

口の中を気にする様子もなく、やって良かったと今では思っています、参考までに料金は、15、000円でした、血液検査はパパさんからお願いしたので、なければもっと安くなりますね、パパさんこれから歯磨きがんばるのだー!の巻きでした、ぷぷぷ!

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!


 
{love}
2015.04.22 Wednesday

雨宿り 甘えて生きてもいいんだよ 寄って行きなよ僕の家

JUGEMテーマ:ねこのきもち


《パパ》

今日のパパは住宅展示会に来れて大満足だよ寒耐!前々から一度は見たいと思っていたしね、それに”仮面ライダーショー!”も楽しかった事だし、そろそろお家に帰ろうか、それにしてもたくさんの風船をもらったんだね!

《寒耐》

うん、仮面ライダー1号さんと2号さんが寒耐に、こ〜んなにたくさんの風船さんをくれたんだもんね、あれ、でもおかしいな?パパ〜、なんだか寒耐のお体が宙に浮いて来たんだよ〜、わ〜いわ〜い、風船さんが寒耐をお空の散歩に連れて行ってくれるんだって、パパは先にお家に帰ってていいんだもんね!

《パパ》

げっ!か、寒耐〜!う、浮くんじゃありませーん!は、早くどっかに掴まって!よ〜し寒耐、もう大丈夫!パパが寒耐の足を引っ張ってるからね、これでお空へは飛んで行ったりしないから・・・って、こ、こらー!ショッカー!寒耐に残った風船を渡すんじゃありませーん!


《寒耐》

うわぁ〜パパ〜、もうこんなに高いところまで来たんだよ〜、みんなのお家がとっても小さく見えるんだもんね、寒耐のお家はどこにあるのかな?鳥さんや雲さんといっぱいお話してからお家に帰るんだもん、いいでしょパパ〜!でもなんだか寒耐のお靴が脱げそうなんだもん、しっかり掴まってなきゃダメだもんね、パパ〜!

                                                              ーおしまいー


ってなわけで、高所恐怖症のパパさんは気絶寸前、景色を見る間もなくお空の散歩は終わったんだったとさ、次回の住宅展示会では”ウルトラマンショー!”があるから、バルタン聖人に風船を渡されないようにしないとね、ぷぷぷ!

さてさて、汗ばむ陽気となった昨日、今日のパパさん地方は引き続きいい天気になりそうです、でもちょっと曇り空、まぁ雨でなければ良しとしましょう、あんまり雨を嫌ってもね。

今朝の特攻隊長は2時起床、あかんやろ優月〜、いくらなんでも早すぎるっちゅうねん!しかもいつもより長めのご飯くれくれ催促猫パンチ、お腹が空いたら寝れないだろうと思って夜ご飯を少し多めにあげたのに・・・

毎年5月5日頃には田んぼの苗植えが始まるパパさん地方、少しずつ準備が始まりカエルも鳴き始めました、裸足で田んぼの中を歩くのはどうも子供の頃から好きになれなかったパパさんですが、今の子供はどうなんでしょうね〜、小学校でも体験するのかな。

お鼻をクンクンさせてる猫たちを見ていると、ついつい聞いてしまいたくなりますね〜、”今年の匂いはどうだい?”ってね、きっと去年とは違う匂いを感じているはず、例えそれが自然からの警告の匂いだとしても物言えぬ猫たち、人間たちには感じ取って欲しいと願っているに違いありません。

時には足を止めて、大きく両手いっぱい手を広げたなら、今の匂いを思いっきり吸い込んで見て下さい、あなたが子供の頃の匂いとは同じですか?

通勤の電車の中、車の中、ビルの谷間や地下街に至るまで、それぞれ色んな匂いがある事でしょう、人間が心地よい匂いを求めるのと同じように、動物にだって要らない臭いは存在しているはずです。

パパさんの親父やお袋がいる老健に入る時にはいつもこんな貼り紙を目にします、”香水等で気分が悪くなられるお年寄りの方もおられます、ご配慮ください”と。

動物だって同じだと思うんですよね〜、中には動物自体に匂いを付ける飼い主や、自分の体にたっぷりの香水を付けたままでペットを抱く飼い主、はっきり言って要らない臭いです。

匂いと臭い、分かって欲しいな〜、パパさんは香水を付けた女性は好きだけれど、これでもかと香水を付けたままペットを抱く女性は訝しんでしまいますね、そのぐらいの気遣いはあってもいいと思うけど、魚に痛点がないのと同じように、”ウチの猫は香水を気にしないから”と、言われてしまえば返す言葉が見つかりません。

要らない臭い、あなたの傍にはありませんか?

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!







 
{love}
Powered by
30days Album