ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.07.30 Thursday

陽炎 歪んだアスファルト 組んだその手で鼓動を叩け 君の想いで鼓動を叩け まだまだ死ぬなと鼓動を叩け 

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R4233.JPG

《パパ》

お〜、やってるやってる!いい感じじゃない寒耐、なんとか今度の日曜日のお友達のお誕生日パーティーには間に合いそうだね、これはパパからお友達へのプレゼントだよ、だから寒耐のプレゼントと一緒に持って行ってくれるかな?で、どんな絵になりそうなの?寒耐はお絵かきが上手だから、きっとお友達も気にいってくれるよね。

《寒耐》

うん、寒耐はお絵かきが上手なんだもんね、見てみてパパ〜、これはお友達がママに抱っこされて観覧車に乗ってる絵なんだよ〜、それからこれがパパ、観覧車が怖くて”オシッコをお漏らししそう”になってるところなんだもん、でもやっぱり”オシッコをお漏らししちゃったところ”をお絵かきした方がいいかなぁ〜、ねぇパパ?

《パパ》

あ、あのね寒耐、”オシッコをお漏らししそう”の方でいいと思います、それはそうと寒耐、確か誕生日にはなにかひとつ、お友達の願い事を聞いてあげるのが約束だったよね、この前はほら、寒耐のお誕生日の時にはお友達が寒耐の願い事を叶えてくれたじゃない、今度は寒耐がお友達の願い事を叶えてあげる番だけど、いったいお友達の願い事はなにかな?パパはお手伝いしなくて大丈夫?

《寒耐》

大丈夫なんだもんねパパ!ず〜と前からお友達は寒耐に、”豪華客船で行く世界一週の旅”に行きたいって言ってたんだもん、だから寒耐は一生懸命パソコンで探して、やっと予約出来たんだよ〜、お友達には、”もうすぐチケットがお家に届くと思うから楽しみに待っててね、それと一緒に請求書が入ってるから、お支払いをお願いだもんね”って、言ってあげたんだよ〜、でへへ!

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、お友達のママが受け取ったチケットと請求書、開けてびっくり玉手箱、ママのお顔に一瞬にして皺が出来るほど、そこには高額な値段が書かれていたんだったとさ、お願い事は、簡単なのにしとこうね〜、ぷぷぷ!

さてさて、最近の朝4時半は少しまだ暗く、夏と言えどもやはりだんだん日が短くなって行ってるんですね〜、夏至と冬至とでは確か2時間ぐらい日の出の時間が違っていたと思います、あっという間に夏も終わっちゃうんだろうな〜、みんな、夏を楽しんでますかー!

この先何十億年後かには、地球が、太陽が、そして宇宙が無くなるそうです、もちろん心配には及びません、誰一人として今の人間は生きていないわけですからね、でも、地球や太陽が無くなるってのはなんとなく想像が出来ます、でも宇宙がって・・・

宇宙が無くなるってどんだけ〜じゃなかった、どういう事〜?つまりなにも無くなる、なにも無くなるってどうしたら説明できるの?なにかしら暗黒の世界だけが漂っている、それならまだ理解できそうだけど、それさえも無く、”無”ってどういう事〜?

まぁパパさんのようなあんぽんたんな頭では到底理解出来そうもないし、考えると頭が”きぃ〜!”ってなりそうなのでやめておきます、”きぃ〜!”って伝わってんのかな?イライラよりもっと上が”きぃ〜!”?、まぁどっちでもいっか!

せっかく夜お風呂に入っても、朝起きるとなんだか体がべとべとで気持ち悪くて、結局またシャワーを浴びなきゃならないなんて事もしょっちゅうの夏、みなさんのところも今ごろが一番花火が盛んなのではないでしょうか。

今週の土曜日は岐阜の花火、人出は30万人とも40万人とも言われ、今年も行くか行かないかただいま奥さんと検討中です、汗だくになる事と帰りは1時間半も歩かなきゃいけない事、それを除けば最高なんだけどね〜、でも、なかなか日本の様な綺麗な花火は中国ではお目にかかれないそうですよ。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!

ーおまけー


BT6R4231.JPG








 
{love}
2015.05.01 Friday

いい事 あるといいな!

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R1220.JPG

《パパ》

いやぁ〜、またまた凄い施設を作ったもんだねとらちゃん、にしてもとらちゃんのお屋敷の広さはいったいどれだけあるんだろう?ひょっとしたら一日歩いても回りきれなかったりしてね、で、今度のこの施設はいったい何をする為のものなんだい?

《とら》

あらパパ、これはなんの変哲もない散歩道ですのよ、とらが屋内で散歩したいと申しましたら、どこからともなく殿方たちがお金を出して下さいまして、時々婆やとふたりでこうやって楽しんでおりますの、だってお外は今が一番紫外線が強い時、太陽の下で散歩でもして、とらの美貌になにかあったら全世界の人々が悲しみますものね。

《パパ》

そうだよね〜、とらちゃんの熱狂的なファンを悲しませるわけにはいかないもんね、にしても右も左もお花畑でいっぱいで良い匂いがするし、上から降り注ぐミストシャワーはとっても気持ちがいいし、まるで本当の公園を歩いてるかのようだけど、この道を歩き終えるのにはどのくらいの時間がかかるんだい?

《とら》

あらパパ、もうお疲れになりましたの?それともなにか急なご予定でもお入りになって?そんな時にはこれ、このスイッチを”ポン!”っと押せば、この”動く歩道”のスピードが超快速になりますのよ、とっても早いのでしっかりお掴まりになって!では、行きますわよ〜、”ポン!”、あ〜れ〜!おほ!おほ!おほほほほー!

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、なぜかゴーグルを付けるように指示されたパパさん、”動く歩道”のあまりの速さにミストシャワーは暴風雨と変わり、景色を楽しむところじゃなかったんだったとさ、風圧でころころ転がらなくて良かったね、パパさん!ぷぷぷ!

さてさて、パパさん地方は今日も晴れ、遊びに行くにはもってこいの一日となりそうです、きっと街は人で賑わっているんだろうな〜、冷たいアイスやクレープ、食べに行きたいよー!でも、内臓脂肪を燃焼させなくては・・・我慢!

俳優の今井雅之さん、別人の様になられてしまいましたね、ネットで見ただけなので話す姿までは分かりませんが、さぞかし辛く苦しい思いをされているのだと思います。

パパさんはああいうちょっとやんちゃな人は好きなので、以前からとっても好感の持てた俳優さんの一人でしたね、自衛隊からのたたき上げ、強面なオッチャンでありながら、悪い事をした子供にはガツンと言って愛情を注ぐ、そんな人は今では数少なくなりました。

大腸がんステージ4、仮にどこかに転移していても、それらのものを全部取り除いて生還した人は数知れず、10年再発しなければ完治したと見ていいと言われているそうです。

パパさんの様な弱い人間は、きっと癌と聞いただけでその日から生きる意欲も全て失くしてしまうと思いますが、彼にはまだ心の底で闘う意思が残っていると思います、またあのふっくらとした顔と、そして威勢のいい言葉が聞ける事を信じています。

やりたい事を”今やっておけ!”、彼ならきっとそう言うでしょう、一時間後でもなく、明日でもなく、今やりたいと思ったら今やっておけ!それに尽きると思います。

みなさん、”今”やりたい事は、なんですか?

では、今日はこの辺で。

寒耐〜、4時に迎えに行くからねー!

バイバ〜イ!





 
{love}
2014.09.23 Tuesday

いつまでこうしていられるかしら 波打ち際の君と僕

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R2231.JPG

《パパ》

寒耐、ちょっとお手伝いしてもらっていいかな?パパは両手が塞がっちゃってるからね、そこにある”黄な粉”の袋の封を切って欲しいんだけど、出来るかな?

《寒耐》

うん、いいよ〜、え〜とえ〜と、これかな?パパ〜、”ちなこ”ってこれの事でしょ、こんなの簡単に寒耐だって開ける事が出来るんだもん!いち、に〜の、さん!あちゃ〜、パパ〜、ちなこさんがいっぱいいっぱい飛び出しちゃった〜、パパのお顔にもくっついちゃったんだもんね!

《パパ》

あはは!大丈夫だよ寒耐、どうせパパのお手ても真っ白けだからね、じゃあこの丸めたお団子を沸騰したお湯に入れて、ぷか〜って浮いて来たら出来上がりだよ、どれどれ、もうそろそろこれなんかいいんじゃないかな?アツアツのお団子に黄な粉をまぶしてと、う〜ん、とっても美味しそうだね、ハイ寒耐、召し上がれ!


《寒耐》

わ〜いわ〜い、お団子お団子〜!パクリ!・・・パパ〜、雫姉ちゃんが寒耐にね、”お外でご飯をお呼ばれした時は美味しくなくてもちゃんと美味しいって言わなきゃダメよ!”って教えてくれたんだもん、だからパパ、美味しいね!

                                                           ーおしまいー


ってなわけで、美味しいといった寒耐の顔が歪んだのを見てふと気づいたパパさん、し、しまったー!黄な粉に砂糖を入れるの忘れてた!・・・そんな寒耐の健気な一面に触れちょっと涙したパパさんだったとさ。

さてさて、”一喜一憂する事なかれ”と思いつつもどうしても抑えられない気持ちというものがあったりします、あまり詳しく書くとご本人に迷惑がかかりそうなので簡単に話そうと思います、まぁ、パパさんの為を思って言ってくれたんですけどね。


お彼岸に我が家にお墓参りに来てくれたとあるご夫婦、うちの奥さんは慌ててコーヒーを用意し、なんとか4人でテーブルにつくことが出来ました、ここではそのご夫婦のご主人をAさん、奥様をBさんとさせて頂きます。

《A》パパさん、猫は何匹いる? 《パパ》はい、4匹です 《A》1匹にしろ! 《B》私はいつもみんなに言ってあげるの、子供に猫は良くないから、子供が出来たら猫をなんとかしないとダメ! 《パパ》 はい、でも今は色んな検査も出来てその辺のところはちゃんと考えてありますので大丈夫です。

とまあ、こんなやりとりがあったわけですが、パパさんは一気に気持ちが落ち込んでしまい、パパさん自体を全否定され、挙句の果てに奈落の底まで落とされたような気分になってしまいました。

1匹にしろとは、1匹だけで十分、逃がすなりなんなりして処分しなさいと言う意味です、まったくもって意味不明ですが、70歳半ばを過ぎた年配の動物を飼った事がない方はこのような考え方になってしまうのかなと思いました。


因みにこの奥様も動物はいっさいダメなようです、亡き愛犬「心」が生きていた時も、怖くて触って頂く事は出来ませんでした。

そして更に、《A》11月にパパさんの奥さんが中国へ帰ると聞いたけれど、どのぐらい返すつもりでいる? 《パパ》はい、本人に任せてあります、パパさんとしては1か月でもいいかなと、家族でゆっくりのんびりして、それにお友達とも旅行へ行きたいだろうし・・・

《A》1か月?そんなにはダメだ、10日で帰ってきなさい! 《B》そうですよ、あんまり長くいると向こうの方が良くなって日本に帰って来なくなるといけませんからね。

帰って来なければそれだけのもの、それがパパさんの本心です、奥さんにもそこら辺のところはちゃんと伝えてあるし、奥さんも理解してくれています。

このご夫婦の息子のお嫁さんも中国人なので、ある程度は理解されているかと思ったのですが・・・やっべー!めっちゃ詳しく書いてるやん!


では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!



















 
{love}
Powered by
30days Album