ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2014.03.28 Friday

全ては必然に

JUGEMテーマ:ねこのきもち
今日のブログはちょっと長いかも。

パパさんがパソコンを買ったのが2012/12、ブログを始めたのが2013/08、心が亡くなったのが2014/01。

つまり何が言いたいかと言いますと、これはあくまでもこじつけですが、パソコンを買わなかったら彼女との結婚もなかったという事です。

インターネット、なにが面白いねん?パソコンのパの字も知らなかったパパさんがパソコンを買い、雫たちの写真を撮りたくてカメラを買い、それをどこかに載せたくてブログを始め、そしてみなさんと知り合いました。

仲人事務所からは2年も前からお見合いのお話は度々ありました、でも、パパさんはジジ、ババを抱えた身、もう少しどんな形にせよ落ち着いてからと断り続けてきました。

そんな中、パパさんが愛した心が亡くなってしまい、みなさんに大変励まして頂いたのに、パパさんは腑抜け状態から抜け出せずにいました。


でも、こんな事ではいけないと勇気を振り絞って、登録だけでもと仲人事務所に出かけて行きました、そしてあれよあれよという間に結婚。

だけど、ここでひとつ疑問が浮かんで来ます、なぜ何一つ興味がなかったパソコンをパパさんは買ったのか?それは今だもってまったくパパさんにも分かりません。

今は毎晩、海の向こうの彼女とビデオチャットをしていますが、果たしてパソコンを買った時点で未来は見えていたのでしょうか?

パソコンを買ってから結婚に至るまで、何か一つでもパパさんの人生の物語が狂えば、どこかでボタンを掛け違えていれば、彼女と決して会う事はなく、存在すら知らないままお互いの人生を終えていたでしょう。


では改めて、初めまして、雨のち時々いつか晴れ、私が雫と優月と寒耐のパパさんです、みんな、ようやく会えたね!

IMG_6200.jpg
(どっちが奥さんでしょう?左側が奥様です、右はお姉さん、パパさんは160僂靴ないので、彼女の小柄な事が分かって頂けると思います、素顔は隠しておきますね、お化粧塗ると違いますから、ごめんなさ〜い!)




IMG_6456.jpg
(ホテルから出てきたパパさん、これから車に乗って彼女の家に向かいます、まあ、家まで3分なので、ゆっくりしたスピードで時間をかけてマンションの敷地内をグルグル、右側はハーフの通訳さん、まだ20代、う〜ん、かわいいー!ごめんなさ〜い!でも、最初から最後まで何から何までお世話になりました、ありがとう!また会おうね!)




IMG_6446.jpg
(う〜ん、少しパパさん緊張してるかな?この時なにを考えていたんだろう?たぶん、今、そしてこれから起ころうとする事が受け入れられてないような気がする、何で中国にいるの?何で花束抱えて立ってるの?不思議だよね!)




IMG_6464.JPG
(このお花、なにで車にくっつけてあるんだろう?そう思ったら確かめずにはいられないパパさん、結局セロハンテープでした、う〜ん、もっと結婚に集中しろー!)




IMG_6493.JPG
(彼女の家に到着、ちょっと緊張、それにしても、目の下のクマ、ひどいよね〜、若い頃はこんなのなかったのに、ええ〜い!結婚に集中しろー!)




IMG_6498.jpg
(車から降りて手を繋がれるパパさん、う〜ん、いつまでも手を繋いでいたかったんだけど、そんな分けにもいかず、でも、この女性、身内である事には間違いないけど、誰だったか思い出せない、まぁ、いっか!)





(さあ、いよいよ出陣、ガツーンと行って、日本男児の意気込みを見せてやりますよ、あっ!この人は彼女のお姉さん、いつもお世話になります、なんでもお申し付けください、出来る事はやらさせて頂きます・・・)



IMG_6507.jpg
(ちょっとボケてますが、彼女の部屋の前に到着です、パパさんのすぐ隣にいるビデオカメラを持った女性、めっちゃ面白いです、英語が話せるかと聞かれたから、少し話せると答えたらこの女性、日本の年配の方が使うような英語で、”カモ〜ン、ウイズ、ミィ〜!”と言って来ました、めっちゃ笑った!)

では、パパさんの写真ばかりではしょうがないので、奥さんを紹介しますね、この女性が、みなさんの前では二度と恥ずかしくてこんな言葉を使う事はないでしょうが、狂おしいほど愛おしいパパさんの奥さんです。




IMG_6527.JPG
(どんな美人の方よりも、パパさんはこの女性がすべてです、ちょっと緊張してるかな?)





(メイクさん、海岸のビーチ撮影にも付きっ切りでした、ありがとう)




IMG_6530.JPG
(赤い靴が置いてありますが、あとでパパさんが履かせる事になっています)




IMG_6588.JPG




IMG_6562.JPG




IMG_6597.jpg




IMG_6607.jpg
(なにを言っても笑ってくれる、いつもありがとう!)




IMG_6606.jpg
(なにを笑ってるの?なにがそんなにおかしいの?毎回聞いてはいますがお茶を濁されます)




IMG_6576.jpg
(出会った頃から本当によく笑う子でした、パパさんはこの笑った顔が大好きです!)




IMG_6641.JPG





IMG_6632.JPG




IMG_6678.JPG
(パパさん、片膝をついて花束を渡します)




IMG_6681.JPG
(そしてキスをして)




IMG_6686.JPG
(花をつけ、彼女の足に赤い靴を履かせます)




IMG_6612.JPG

さて、これで結婚式の写真は終わりです、ビーチでの写真、結婚式場での写真は二人だけで楽しみたいと思います。

結婚式から帰って来て一週間、まだまだ慌ただしい日々が続きます、やっと今日28日、大安吉日、日本で婚姻届けを出すことが出来ます。

彼女との生活が始まるのは早くて7月だけど、それまでパパさん、雫たちとがんばりたいと思います、みなさんは結婚した時、どんな気持ちだったんだろ?新婚生活はどんなだったんだろう?

毎日ビデオチャットをしてはいるけれど、会いたい気持ちは募るばかり、二人になるという事はこんなにも人生が変わってしまうんですね。

彼女が日本に来る日が決まったら、またみなさんにご報告したいと思います、いままでみなさん、本当に本当にありがとう、これから二人で幸せになります。

みなさんといつか会えるその日まで、パパさんはなんとかブログを続けるだけです、本当にありがとう、いつか会おうね、みんな〜!

おっと!言い忘れていました、朝日カメラに載った雫と優月のでんぐり返しの写真、パパさん見ましたよ〜、でも、小っちゃかった〜、もうちょっと大きかったら良かったのに、まあ、佳作だからね。

そこでまたまたハガキが来ました、5月頃に写真家岩合光昭さんの写真集が出るらしいのですが、その写真集に雫と優月の写真を載せたいから許可をして欲しいと連絡がありました。

もちろんOKの返事はだしておきましたよ、でも、候補と書いてあったのでどうなるかは分かりません。

ではみなさん、また会いましょう!もう一度だけ言わせて、本当にありがとう!
{love}
2014.03.27 Thursday

みんなに会える金曜日!

JUGEMテーマ:ねこのきもち
さて、金曜日まであと少し、みなさんいかがお過ごしでしょうか?パパさんは少しずつ中国語の勉強を始めました、やっぱりとっても難しいですね。

彼女とビデオチャットをする時あまりにも機械翻訳があてにならないため、予め中国語のフレーズを覚えて、中国語のままで彼女に送信するようにしました。

たとえば”こんばんは”、これは中国語だと”晩上好”となります、でも、この漢字はそのまま日本語入力で打てますが、たとえば”今日は割と寒い”は中国語だと”今天比较冷”となります。

よ〜くみると日本では使わない漢字がありますよね、(パパさんだけ?)だからこの”今天比较冷”を打とうと思うと、中国語入力にしなくてはなりません。

だからパソコンを中国語の入力に変えて、ローマ字でjintianbijiaolengと打てば中国語の”今天比较冷”となります、このローマ字はそのまま発音となります、発音をカタカナ表記すれば”ジン ティェン ビー ジャオ ラン”となります。

とりあえずどこかで教えてもらうつもりですが、今はなんとかこんな風で勉強しています、でも、漢字を覚えて、ローマ字を覚えて、カタカナ表記を覚えて、発音を覚えて、パパさんにそんな事できるかな?

一番大事なのはピンインからって、ピンインってなによ?発音する時のアクセントのようなもの?

そっか!発音を覚えればローマ字は覚えなくてもいい?う〜ん、頭の中がぐちゃぐちゃです、でも、うちの奥様、ちょっとだけですが日本語を読んでました、パパさんびっくり!頑張ろうね〜!

日本からお水とコーヒーを持ってい行ったパパさん、うっかり飲みかけのペットボトルをショルダーバッグにいれたままで検査にひっかかった事もありましたが、それもいい経験。

パパさんが見たコンビニは日本のように大きくはなく、本当にこじんまりとしていました、中には入らなかったわけですが、仲人さんいわく、ペットボトルのお茶には砂糖が入っているんだとか。

そう言えば、パパさんの泊まっていたホテルの朝食、ちょっとしたバイキング形式でコーヒーにも砂糖が入ってました、パパさんはブラックなので、でも、あれはあれで美味しかったかな。

上海空港ではブラックは飲むことが出来たし、注文したカレーはとっても美味しかったですね、お金は前払い、お水は出てこなかったと思います。

パパさんは携帯には疎いのでよく分かりませんが、誰をみてもまず携帯を触っている、中国人の携帯熱、凄まじいものがあります。

うちの奥さんにしてもしかり、なんだか携帯を耳にあてないで喋ってました、あれは録音した言葉が殆どリアルタイムで相手の携帯に届くのかな?料金が安くなるの?パパさん昭和の人間、ごめんなさい。

威海(ウエイハイ)でのPM2.5を気にした事はありませんでしたね、海沿いの都市だからでしょうか、空気も普通で汚いと感じた事はありませんでした。

ショッピングセンターは確かに巨大です、うちの奥さんには洋服を買ってあげました、パパさん洋服にはちょっとこだわりがあるので一緒にいろいろ見て回ったのですが・・・

う〜ん、なにがう〜んかと言えば、う〜んって感じです、洋服は品ぞろえが日本ほどなく洋服のデザインもう〜ん、原色が多く、いわゆる可愛い服っていうのがないような気がしました。

違った、品ぞろえがなくではなく、洋服の数はすごいあるんですけど、う〜んって感じです、日本に来たら可愛い洋服を買ってあげたいと思います、でも、小さいサイズってあるのかな?

(写真は全て赤山大明神です)

IMG_6337.JPG



IMG_6333.JPG



IMG_6326.JPG



IMG_6315.JPG



IMG_6190.JPG



IMG_6189.JPG



IMG_6159.JPG



IMG_6183.JPG



IMG_6187.JPG



IMG_6211.JPG



IMG_6176.JPG

さて、とりとめのないブログになってしまったので、今日はこのへんで、最後にうちの奥様について。

結婚式の時、中国でもご両親に感謝の意味を込めてお辞儀をします、パパさんも奥さんと一緒に奥さんのママにお辞儀をしました。

結婚式が始まる前に彼女と片言で話していると、彼女の視線がふと遠くを見つめ始めました、視線の先にはおそらく彼女がお世話になった人であろうご老人が優しい表情で立っておられました。

彼女は無言でやわらかな笑みを返し、その笑みの中に隠されたひとかたならぬ想い、ご老人の胸に熱く熱く届いていたに違いありません。

そして彼女は深く深く、まるでこのご老人を包み込んでしまうような優しいお辞儀をしました、このお辞儀が全てをものがたり、匂いまでもが漂って来そうなそんな一瞬でした。

パパさんはみなさんが言われるように、本当に幸せもんだね。

今日まで続けて来た中国旅日記(ごめんなさい、中国嫁日記をパクリました)、とっても楽しかったです、本当はもっともっと紹介したい事がいっぱいあったのに、残念ながら今日で最後となります。

明日は殆ど写真がメインなので、これといってなにもご紹介はしてありません、今日まで読んでくれてありがとう、やっと明日の金曜日、みなさんに会う事が出来ます。

もちろん実際にみなさんに会えるわけではありませんが、こうして通じ合えてる事、本当に感謝しています、ありがとう!

明日はAM4:00のブログup、お約束しますよ!普通のおじさんですからあんまり期待しないでね。

では、明日、雫と優月と寒耐のパパさん、ご入場です、一同、ご礼拝を(お、拝むんじゃありません!)

                                                          ーおしまいー


 
{love}
2014.03.26 Wednesday

静 心

JUGEMテーマ:ねこのきもち
さて、ここのところブログのUP時間が朝の8時過ぎになってしまい心苦しいばかりですが、おそらく来週あたりから元に戻ると思いますので早起きのみなさん、もう少しの辛抱を。

パパさんのブログには招かれざる客も多くロシアからの訪問者がいるようで、いわゆるリファラースパムと呼ばれているものが訪問してきます。

ブログにはなんの関係もないお店のホームページから訪問してきて、あわよくば自分のホームページを開かせようというものですが、まあ、開いただけでは何の影響もありません。

が、しかーし!パパさんが懸念しているのは雫たちの写真が変な使われ方をしていないかという事です、もちろん使われても何の影響もありませんがあんまり気持ちのいいものではありませんね。

因みにアクセス数のところを見ると、毎日3という同じ数字が並びますのですぐ分かると思います、う〜ん、にっくきリファラースパムめ!


IMG_6160.JPG
(ここは大変有名なところで、赤山というそうです、詳しい事は分かりませんが、仏教に関係しているようです、それにしてもデカい!)

余談で始まってしまった今日のブログ、今日は何をお話しましょうか、ではパパさんと奥さんについて。

パパさんが泊まったホテルは彼女の実家から歩いて3分、まあ、ホテルのランクはそんなに高いとは言えませんが、でも、彼女が用意してくれた精一杯のホテル、なんの不自由もなく快適に過ごせました。

彼女と入籍するために朝一番で写真屋さんに行きました、中国での結婚証明書に写真を貼る為です、この結婚証明書は赤色をしておりパスポートと殆ど形も同じです。

登録する場所と受理される場所は別々の建物で、移動にかなり車で走らなくてはなりませんでした、日本のようにひとつの建物で全て済ませられるというふうにはなってないようです。

したがって建物の中は閑散としており、人が数人しかいません、まあ、パパさん役所や役所の人間は嫌いなので(役所の人がいたらごめんなさい、もちろん日本の役所です)良かったのですが。

入籍の登録には彼女のお母さんも含め、いろんな人が役所に集まってくれました、そこで初めて彼女の身内を紹介してもらい、なんだかすごい事に、でも、パパさんはとっても幸せでした。


IMG_6178.JPG
(ここも同じ場所、ネットで、威海、赤山と検索すれば詳しい事が載っています)

晴れて二人はとりあえず夫婦となり役所を後にして、今度は受理してもらう役所に行きました、そこでは書類の不備があり、彼女のお姉さんは何度も何度も走る羽目になりました。

お〜と!言い忘れてました、パパさんの奥さんは双子でした、威海(ウエイハイ)の空港でパパさんを待っていたのは、まったく同じ服を着た女性が二人、まあ、見分けはつきましたけどね。

5日間の車の運転、全てこのお姉さんがやってくれました、このお姉さんも身長150センチにもみたない小柄な女の子、でも、旦那さんと子供ひとり、お仕事はバスの運転手、ありえな〜い!ありがとう、お姉さん!

日本を出発したのが16日、入籍は17日、17日の夜からパパさんと奥さんは最後の日までホテルで一緒に過ごすことになります、まあ、夫婦だから当たり前なんでしょうが、う〜ん、いきなりですか。

ゼスチャー、筆談、いろんな事が始まります、試行錯誤の末、なんとか二人から笑顔が、でも、あの新鮮さ、彼女が笑ってくれた事、涙が出る程嬉しかった、一生忘れることはないでしょう。


IMG_6308.JPG
(朝11時になるとこの催しが行われるようです、壮大な音楽が流れ、パパさんのこころは洗われて行きました、この子供たちは出たり入ったりします)

では、最後に奥さんについて。

結婚式は日本とあまり変わりなく、もちろん日本のように豪華ではありませんが、それでも料理に関してはみんなすご〜く美味しくて、出て来る量といったら半端なく、とてつもない事に。

パパさんお酒は飲める方ではないのですぐに顔が赤く、でも、めでたい席なので注がれるお酒は頑張って飲んでいました。

テーブルの人たちにお酒を注いでまわるのも日本と同じかな、ひと通りまわったことろで男性がひとりパパさんに近づいてきて、握手を求めパパさんにお酒を注いでくれようとしました。

が、しかーし!うちの奥様、その男性に一喝!お酒を注ぐなとその男性をキリッ!っと睨めつけました、あのぁ〜、もう少し飲んでも良かったんですけど・・・

あの男性を睨めつけた顔、今でも忘れられません、奥さん、パパさんには優しくしてね!

                                                          ーおしまいー




 
{love}
Powered by
30days Album