ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.01.06 Wednesday

鎮魂 やがて君は天使となって 来世も人を愛すだろう 愚かな人のいない世界 そんな道もあると言うのに

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R1853.jpg

《雫》

うわぁ〜、すごい人出よね〜、でもやっぱり初詣はこうでなくっちゃ!パパ、お参りする前に屋台でなにか食べない?たこ焼きでしょ〜、リンゴ飴でしょ〜、綿あめなんかもあるわよ!みんな〜、今日は好きなものを買っていいからね、ぜ〜んぶパパのおごりなんだって、そうでしょパパ!

《パパ》

あ、あはは!ちょっとその前に財布の中身をと・・・た、たぶん大丈夫です、でもあんまり好き勝手に遠くへ行っちゃダメだからね、優月と寒耐と踏雪は一緒に行動するんだよ、雫はとらちゃんと婆やと一緒にね、じゃあそれぞれお財布を渡しておくから落とさないように、一時間したらこの場所でパパとママは待ってるから、遅れないように集合だよ、き、聞いてるの雫〜?

《雫》

ちょ、ちょっとあんた〜、何すんのよー!この人混みに紛れて今、あたしのお尻を触ったでしょ!!”ドガッ!バゴッ!ドオリャー!”逃げようとしたって無駄よ、これでも喰らえ〜腕ひしぎ逆十字〜!お次は四の字固め〜!最後はこれよ、チョークスリーパー!って事で、はい一丁上がり!警備員さ〜ん、この輩、あとはよろしくね、あ〜怖かったパパ!雫、泣いちゃうかも。

《パパ》

よ、吉本の見すぎでしょ・・・にしても相手が悪いよね〜、ってか雫は今まで一度もお尻なんて触られた事ないのに、これが本当の”おめでとう!”なんつって、ぷぷぷ!

                                                              ーおしまいー


ってなわけで、初詣に行って痴漢撃退までした雫、これだから今年も結婚できそうにないんだったとさ、でも本当に頼りになる我が家の姉御、今年もパパさん一家を頼みますよ〜雫!

さてさて、昨日はパパさんと奥さん初詣に行って来ました、まぁ去年と同じ名古屋の熱田神宮なんですけどね、お焚き上げしてもらうために古い破魔矢とお守りを持って行き、なんとか無事に帰って来る事ができました。

お昼すぎに到着した事もあり、身動きが出来ない程は混んでいませんでしたがそれでもやっぱりすごい人出、みんなそれぞれ色んな想いを胸に来られたんでしょうね〜。

去年は公共交通機関を使ったのですが今年は車、やっぱり駐車場を探すのはひと苦労で時間ばかりが過ぎて行き、30分ぐるぐる回った挙句、やっと神宮の目の前の駐車場にとめる事が出来ました、でもなんと1時間1,000円、田舎もんのパパさんには高っー!

あれはどこかの会社の駐車場なわけで、お正月も儲けようって魂胆なのだー!それは別にいいんだけど、でもね、誘導員のおじちゃん曰く、”今日はみなさんに1、500円もらっているんですよ、そうすればゆっくりお参りできますから”と、なんともわけのわからない説明。

パパさんとしてはのんびりお参りしたいんだけど、奥さんは1時間で帰って来れるから1、000円でいいじゃない!と強気なわけで、まぁお正月だから1、500円払うよと言って奥さんをなだめ、でも最後まで腑に落ちない奥さんでした、詰めが甘いよね〜パパさんは!

因みにパパさん地方、たとえば駅の駐車場に車を一日とめてもだいたい600円が相場かな〜、それに都会のデパートは買い物しなきゃ駐車料金が安くならないなんて、パパさんには考えられないよ〜、田舎もんだもん、パパさんは、ぷぷぷ!

すっかりパパさんもおせち料理から遠のいてしまったお正月、親父やお袋も家にいないし、それに奥さんは日本人じゃないからしょうがないよね〜、お店で買おうかと思ったんだけど2人きりだし、そんなこんなで今年も食べずじまいでした。

そう言えば確かおせち料理って、なんでも三が日に火を使うのは良くないってとこから来てるのかな、だから大晦日に日持ちのするものをお正月の為にたくさん作ったんだって、今でもそんな風習が残ってたりするんだろうか。

パパさんが子供の頃は良く、大晦日はお風呂に入るけど元旦のお風呂は沸かさないよって言われました、大晦日のお風呂は一年の垢を洗い流し、そして元旦は一年の始まりだから体の垢を洗い落とさない、そんなところから来てるんだって。

なんにせよ今年も始まってしまいました、色んな心配事はあるだろうけど体が最優先、とにもかくにも健康でこの一年を楽しめたらいいなと思っています、暖冬だからって油断しないようにね、今年もよろしくお願い申しあげまーす!

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!




 
{love}
2015.11.10 Tuesday

幸せの基準

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R8337.jpg

《優月》

パパの気持ちは良〜く分かるよ、だって前の彼女がそうだったからさ、なにかって言うと、”ねぇねぇ、聞いてよ〜!”って言って来るんだよね、だからちっともひとりの時間が作れなくて、それが原因でいつもケンカになってたんだけど、でもそんな事で、”他に好きな人が出来たんでしょ、だからそんな冷たい態度をとるのね!”って責められてもさ〜、ねぇパパ!

《パパ》

だ、だよね〜、やっぱ男同士、パパは優月に話して良かったよ、だってこんな話、雫やとらちゃんに話しても分かってもらえないからね、で、そんな時には優月はどうしてたの?

《優月》

もちろんすぐに別れたさ、彼女は別れたくなかったみたいだけどね、そんなんだからある時に電話で呼び出されて、しぶしぶ待ち合わせの喫茶店に行ってみたら、昔の彼女が8人一緒にいるじゃない、”8股ってどういう事よー!!”って聞いて来るから、”ごめん、まだ2人いるんだよね〜!”って言ってやったのさ、灰皿8枚飛んで来たけどね。

《パパ》

パ、パパもそんな経験してみたーい!ぷぷぷ!

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、気にしてもらえるうちが花、ようやくパパさんは奥さんの存在の大切に気づいたんだったとさ、”好きにすれば!”そう言われない様に、これからも努力して行こうね〜、パ・パ・さん!

さてさて、雨が2日も続いたパパさん地方、ようやく今日はお日様が顔を見せてくれました、気温も24℃まで上がるらしく、どうやら過ごしやすい日になりそうです、我が家のにゃんこたちも最近はくっつく事が多くなり、パパさんとしては嬉しい限りです。

コンクリートの上が悪くて、芝生の上ならいいと言うわけではありませんが、昨日はなんだかちょっと悲しい気持ちになりましたね〜、わざわざこんなデパートまでポニーを連れて来なくともといった感じでした。

前に行った花フェスタにもポニーはいたんですけどね、でもそこはとても広い公園で緑いっぱいの芝生があり、大木の木陰もあって気持ちが良さそうで、そのポニーはいつも気を使ってもらっている様な気がしました。

でも昨日のデパートの前にいたポニーは、乗馬クラブの会員募集の為に連れて来られたわけであって、餌は食べていましたがなんとなく寂しそうでした、雨降る中で、いったいどんな気持ちだったんでしょう、もちろん雨にはあたっていませんけどね。

受け付けの長机には2人の女性が雑談をして座っており、もちろんパパさんと奥さんはお馬さんに触りたくて近づいたんですけどね、でも、”どうせ興味がないんでしょ、この夫婦!”みたいな目つきでこちらを見て来て、声さえかけて来ませんでした。

乗馬クラブの従業員か、はたまた派遣かアルバイトかは知りませんが、少なくともこのポニーのおかけでお給料を頂いているはず、だったらパパさんたち夫婦に声をかけろよ、”乗馬どうですかって聞けよ、それがポニーへの愛情だろっ!”って怒りが湧いてきました。

こんな光景は至る所であるわけで、パパさんの考え方が偏ってるんだろうし、斜めにものを見ているのは自分でも分かっているんだけど、でも愛情があるかないか、その笑顔は嘘か真か、動物を飼っていれば分かるんだよね〜。

動物で商売するのは勝手だけど、ちゃんと生き物に礼儀を尽くせって、あんたらのとるに足らない話は、ちゃ〜んとポニーは分かってんだから、動物の純粋無垢な愛を感じない、見返りを求めて愛を振りまくあんたらには、きっとこの先も幸せはやって来ないよ。

あくまでも勝手なパパさんの思いこみですけどね・・・

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!












 
{love}
2015.06.13 Saturday

片隅で

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R4339.JPG

《とら》

あら、おかしいですわね、朝はとっても素敵に履けたこの靴が、どうして今はこんなに窮屈になってしまうのかしら?ひょっとしたらブランドを変えたのがいけなくて?婆やには口が酸っぱくなるほど一流のデザイナーに作って頂くようにと申しましたのに、これではとらの魅力が半減してしまいます事よ。

《パパ》

それってもしかしてとらちゃん、靴を作る時に足のサイズを測ったのは朝じゃなかったかい?世間一般では夕方に靴を買えっていうぐらいだからね、朝と夕方では随分と足の大きさが違ってくるんだよ、一日の終わりには老廃物が重力で足の方へ降りて来ちゃうんだ、だから足がむくんで一番大きくなってる夕方なんかに靴を買いなさいって事なんだね。

《とら》


そうでしたの、とらはちっとも存じ上げませんでしたわ、でもパパ、朝から一日中むくんでいるご婦人方はどうしたらいいのかしら?ほら、あそこを歩いているあの方も、ほら、お店でハンバーガーを美味しそうに頬張っているあの方も、みなさんお顔もお体もパンパンですもの、それでも”夕方に靴を買った方が良くてよ”と、お教えした方がよろしいかしら?おほ!おほ!おほほほほー!

《パパ》

ぜ、全世界の女性を敵に回したね、とらちゃん!

                                                              ーおしまいー


ってなわけで、他の女性の事はそっとしといた方がいいかもねー!とパパさんはとらちゃんに教えたんだったとさ、ちなみにパパさんの好みはちょっとぽっちゃり、女性はお腹が少し出てるぐらいの方がちょうどいいよねー!だって、誰も聞いてないっつーの!ぷぷぷ!

さてさて、暑い暑いと言っても暑いのがなくなるわけでもなく、でも暑ーい!今年はもう白くまが何度パパさんのお腹の中に消えて行った事でしょうか、ちょっと量が多すぎる気もしないではないですが、食べると美味しいんだよね〜。

知的障害者の施設で利用者が暴力を受ける映像を目にしましたが、なんともまぁお粗末な事で、内部告発してくれたからいい様なものの、まだまだ氷山の一角に過ぎないと感じてしまいましたね。


モザイクはあったけれど、やがて実名は判明するでしょう、これは”誰かがどこかで見ててくれる”、じゃないんだよね〜、これは”誰かがどこかで見ている”、なんだよ、つまり悪い事は出来ないって事、そんなの昔から言われてるんだけど、なんでこんなに浅はかなんだろ?

なんでもそうだけど、罪の意識もないままに”いいないいな”で通しちゃうと、後で大変な事になる事ぐらい分かってんのに、集団心理っていうか、長い物には巻かれろ的な考え方は怖いよね。

”これやばくない?”、そう思った時点で行動しなきゃ、つまり事の次第が世間一般からかけ離れてないか、法律に触れないまでも人間としてどうなのよ?ってところまで考えないと、いずれは自分の家族も巻き込んで、一家離散、人生の終わりを迎えちゃうってことかな。

銀行員はお金が合わないと、それこそ合うまで夜遅くになっても仕事をするでしょ、たった1円の事でも帳尻合わせの為に、決して自分のポケットからは1円を出したりしないんだから、毎日毎日確かめて、みんなに迷惑をかけるような事はしないもんね。

会社勤めだろうが自営業だろうが、み〜んな組織の中で生きてるんだから、なんだかんだ言ったってパパさんも含め世の中の歯車には違いないんだよね、油を差して点検しないと、いずれはひとの指だって巻き込む危険な代物なんだよ、歯車って。


今のあなた、危ないよ〜!爆弾抱えてないかい?取り返しのつかなくなる前に、地雷撤去、誰かに頼んだほうがいいかもねー!かわいいニャンコ、守ってあげられるかな?な〜んてね。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!








 
{love}
Powered by
30days Album