ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.03.22 Tuesday

この空を そうこの空を いついつまでも君たちと 雲に乗って見ていたい 眠りに落ちるその日まで

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R6723 レタッチ.jpg

《踏雪》

パパ、今日はワシ、夕ご飯はいらんでよ〜、こんな事を言ったらパパに申し訳にゃ〜けど、ど〜もパパが作るご飯は胃が受け付けんでかんわ〜、ほりゃそうだわなも、毎日まいにちママの作るご飯を食べとってみや〜、他のもんが食べれんくなってまうに〜、そんだけママのご飯が美味しいっちゅう事だがね。

《パパ》

そっか〜、ごめんだよ踏雪、パパも一生懸命作ってるんだけどね、ママみたいに美味しいご飯は作れないんだよね〜、でもそろそろ夕食の時間だし、今日は寒耐も好きな唐揚げを作るから踏雪も一緒に食べたらいいのに、それにママが帰って来るのはまだ1ヵ月も先だよ、あれ?”ピンポーン!”って玄関で鳴った気がしたけど・・・

《踏雪》

ワシワシ!ワシはこれを待っとったんだがね〜、パパ、お金を払ったってちょ〜すか、まぁ〜ええ匂いがするでかんわ〜、”ニラレバ炒め”と”たまごスープ”、それに皮がカリカリの”餃子”はいつ見てもよだれもんだに、もちろんメインはお決まりの”チャーハン”だでよ〜、でもパパが言いたいことはよ〜分かっとるがね、ダイエットでしょ〜、これ食べたらするで、心配しや〜すなパパ!ガッハッハー!

《パパ》

お、お金の方が心配なんですけど、ぷぷぷ!

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、お腹いっぱいになった踏雪、でもパパさんのお財布は今までの踏雪のツケもあって、早々と空っぽになったんだとさ、早くママに帰って来てもらって、手作り餃子を食べさせてもらおうね〜、ってかどこで出前の電話番号を調べたんやねん!

さてさて、今日もいい天気のパパさん地方、でも朝はとっても寒くて、なんと氷が張ってました、もう桜前線が移動し始めたっていうのに、この朝の寒さはなんなんでしょう、これだから油断すると風邪をひいちゃうんだよね。

ひとり暮らしにも慣れた今日この頃、ただ、ひとり分のご飯を作るのってちょっとコツがいるような感じがします、あんまり続けて同じものは食べたくないしね〜、かと言って少なく作れば美味しくないし、インスタントものでは味気ないし。

こんな時にテーブルを囲んで、雫と優月と寒耐ととらちゃんと踏雪と婆や、そして野良の茶トラと一緒にご飯を食べれたら、どんなに美味しいだろうなぁと思ったりもします、いったいどんな話をするんだろうね、きっと今までのパパさんの悪口を言うんだろうな〜。

よだれかけをしてる踏雪、ご飯をこぼす寒耐、我先にお代わりをする優月、フォークとナイフを使ってマイペースで食べるとらちゃん、みんなのお世話をしながら聞き上手に徹する雫、ちょっと遠慮がちな野良の茶トラ、そしてこの幸せを壊そうとする強者がいつ来てもいいように、なぎなた姿で警備する婆や。

家族とはいいもんだよね、それはなにも人間同士じゃなく、人間ひとりと動物1匹でも同じこと、大切なのは今を守ること、このかけがえのない時間を守ること、そして他へ他へと幸せを与えて行って欲しいと思います、惜しみなくあふれ出る愛をね。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!




 
{love}
2015.12.12 Saturday

ケーキにロウソク幸せか 寒空カリカリ幸せか 猫に生れてみたけれど 人に生れてみたけれど

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R2378.jpg

《踏雪》

なんだてパパ、最近ワシはち〜ともブログに出してもらえんがね、いったいぜんたいどうなっとるんだて〜、きっとみんなも心配しとりゃ〜すで、早いことワシを主役にした話、書いたってちょ〜すか!それとワシ、ひとつおみゃあさんに頼みがあるんだて、すま〜んけどクリスマスケーキに、ワシの顔を書いてもらえんかなも、なんてったって生まれて初めてのクリスマスだで、どえりゃあ楽しみなんだわ、あかんかなも?

《パパ》

ごめんよ踏雪、今月はママの誕生日やクリスマスの飾り付けであたふたしてたから、パパもブログをサボり気味になっちゃったんだよね、もちろんケーキには踏雪の顔を書いてあげるつもりだよ、で、サンタさんにはなにをお願いしたんだい?雫もとらちゃんも優月も寒耐も、プレゼントを用意して踏雪とのクリスマスを首を長〜くして待ってるみだいだよ!


《踏雪》

ワシかね、ワシはず〜と前から腰が痛てしょうがないで、小さいマッサージチェアを頼んだわなも、あんまり大きいもんを持ってこられても、置き場所に困ってまうでよ〜、それから最近は新聞の字が読みにく〜なってまったもんだで、ブルーベリーのサプリも頼んだがね、あれはTVでどえりゃあ〜評判がええらしいでよ〜、他にもまんだあるけど、あとは内緒だがね、なんでもサンタさんは子供との約束を守るみたいだで、いっぱい頼んでまったわなも、ガッハッハー!

《パパ》

き、聞いてないですけど・・・

                                                             ーおしまいー



ってなわけで、靴下の中に入っていた踏雪の、クリスマスプレゼントのリクエストにパパさんびっくり!なにより先立つものを思案しなければならないパパさんだったとさ、でもついこの前、”ワシは他にな〜んもいりゃせん、おみゃあさんと家族がおるだけでええがね”って、言ったよね、そう言ったよね〜踏雪!ぷぷぷ!その前に、どんだけおっさんやねん!

さてさて、強い風も収まり今日は晴天のパパさん地方、知らぬ間に暦は12月中旬、残すところはあと2週間となりました、連休の人はこんな時期に出かけるんでしょうかね〜、それともすぐにお正月だから我慢するのかな?

ワクチンの案内が来ていたので、今年もまた思案中です、そもそも本当にワクチンは必要なのか?それよりも風邪をひかせない、生活環境を整えてあげるほうが大切なような気もするけど、でも風邪をひいてもワクチン接種していればひどくならないようだし・・・

人間もそうだけど、やっぱり食べもので左右される部分は大きいんじゃないかな、免疫力を高めればある程度の病気は治ったりするよね、今はにゃんこのご飯が選べる時代、高い安いじゃなくて、本当に安全なものを見つけ出して欲しいと思います、それには勉強しなきゃね。

では、今日はこの辺で、みんな〜、良い日曜日を!


バイバ〜イ!



 
{love}
2015.07.21 Tuesday

頬に残ったあの痛み 脳さえ揺らした一発が 今でも自分を戒める 今日の人生すべてだと

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R4357.JPG

《雫》

やっぱり七輪に限るわよね〜ウナギを焼くには!ちょっと煙いけど、でもこの匂いだけでご飯が食べれそうだもの、こんな暑い日にはウナギでも食べて体力をつけなくちゃ、そうでしょパパ?ほらほら、ちゃんと焦がさないようにうちわを仰いでくれないと、せっかくの美味しいウナギが焦げちゃったら悲しいじゃない。

《パパ》

いやぁ〜、たまんないねぇー!なんてったって我が家では年に一度のイベント、ウナギなんてそうそうお目にかかれるもんじゃないから、心して食べないとね、でも雫、うちは家族が多いから、これだけウナギを買おうと思ったらやりくりが大変だったんじゃないの?まさか天然もののウナギって事はないよね?

《雫》

当たり前じゃないパパ、うちにはそんなお金はありません!このウナギは訳あり大特価で1匹500円、どんな訳ありかは怖くて聞けなかったけど、でもこんなお安いウナギでもこの最高級の”紀州備長炭”で焼けば、たちどころに美味しくなるらしいのよね〜、炭とウナギのどちらにお金をかけようか随分と悩んだんだけど、お高い炭を買って正解だったんじゃない、ねぇパパ!

《パパ》

あ、あのね雫、根本的に2つほど間違いがあると思うんだよね〜、1つは普通お金をかけるならウナギの方でしょ!それともう1つは、訳ありならなんで訳ありか聞こうよ〜、怖くて食べれないじゃない、それと気になる事があと1つ、パパの後ろに長〜い長〜いニャンコの行列が出来てるんだけど、パパは本当にウナギを食べる事が出来るのかな?ぷぷぷ!

                                                             ーおしまいー


ってなわけで、結局パパさんは野良さんたちの給仕係をする事となり、みんなが帰った後に微かに残った匂いだけをおかずに、ひとり寂しく七輪の前でご飯を食べたんだったとさ、”訳あり”、気になるよねー!

さてさて、東海地方も梅雨明けし、一気に暑さが増して来ましたね、熱中症対策、みなさん大丈夫でしょうか?この暑さのおかげで我が家のニャンコたちも動かなーい!どうにもこうにも動いてくれないので、写真もまだまだお休みです。

去年もこんなんだっけかなって考えてみましたが、でもパパさんも雫たちも歳を1歳取ったわけだし、体が重くなるのは当然だよね〜、明け方ならやる気があるみたいですが、でも体調管理に気を付けてあげて、涼しくなる秋を待ちたいと思います。

そうそう、電気柵で感電死された人のニュースがありましたけど、あれって普通では考えられないんですよね、まぁパパさんちの場合は車のバッテリーが電源なので、もちろん触れば”ドン!”って来ますけど、でも死ぬことはないんですよ、だってパパさん何度も誤って触ってるし、奥さんも経験があるしね。

それに基本的に猪や鹿やハクビシンなんかは、雨の日や夜に行動するので、パパさんちの電気柵は日が落ちてからしか通電しないようになってます、危険の案内も出してあるし、この地方では子供たちにも親が教えるんだけどな〜、触っちゃダメだよって・・・

いつもの事ながら夏休みは危険がいっぱい、大人でさえ溺れちゃうんだから、ほ〜んと気を付けて頂きたいものです、ダメなものはダメ、親と子供が友達の様な関係の多い昨今、懇々と説明してあげるのが理想なのかも知れないけれど、でも、パパさん世代の親父たちは一言、”ダメなものはダメだ”、そんな威厳がありました。

自分で体験しなきゃ分からない事はあるけれど、でも命を落としてしまえばそれまで、二十歳過ぎても自分の無知さ、体力の無さ、自分の事を分かってない若者は数知れず、だから若者って言うんだろうけど、親も突き放してあげないと。

パパさんの同級生の女の子、中学卒業して看護婦になったけど、今では立派な役職で、見た目もしっかりしてるもんね、言う事はきっぱり言うし、人生歩んで来たって感じ、”いつまでもあると思うな親と金”、若者よ、浮かれていられるのも、そう長くはないんだよ。

必ずどん底人生がやって来る、これは誰も避けられない、普段してない事はいざという時には絶対に出来ない、だからこそ、少しでも自分の足で大地を踏みしめ、お互いに親離れ、子離れをしてあげる事が愛情じゃないかな。

”もう少しだけいいよね”、そう思ってる事ほど愚かな事はないと思う、違うかな。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!





 
{love}
Powered by
30days Album