ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.04.30 Sunday

瞬きせずに 命を見つめて

JUGEMテーマ:ねこのきもち

 

今月はみなさんにとってどんな月でしたか?パパさんにとってはとても辛い月となってしまいました、自分で”ふわふわのチビ”をグミの木の元へ帰すと決めたのに、あれから毎朝行く畑のグミの木を見るのはとても悲しいものがあります、でも、グミの木の前で、”おはようチビ、もう起きて遊んでんのかい?”そんな風に話しかけたりもします。

 

この動画の中に、パパさんの愛した”ふわふわのチビ”はいません、チビは自分の命を賭してパパさんに、この兄弟たちの未来を託したのだと思います、パパさんの携帯の中にはまだちょっと元気だった動いているチビの動画があるけれど、今はまだ見れそうもないし。

 

みなさんはチビちゃんチビちゃんと気にかけてくださった、そんなみなさんにパパさんから出来る事は、この子たちの元気な姿を見てもらって、少しでも日々の疲れを癒して頂けたらと思い、動画を撮りました、昨日撮ったばかりの子猫たちです、”ふわふわのチビ”も喜んでくれると思います。

 

一番最初に産まれたふわふわのチビは、男性の手にしては小さなパパさんの手、そんな片手にも収まるほど小さかったけれど、この子たちは今はもう、パパさんの両手からこぼれ落ちるぐらいに大きくなりました、目も少しずつ開き始めています。

 

本来なら個別にコメントのお返事をするべきですが、これをもってお返事と代えさせて頂きます、みなさん、本当にありがとう、パパさんの夜明けはまだまだ遠いけれど、少しずつ元気になって行きます。

 

グミの木の元へチビを帰す時は涙が溢れ、パパさんはとてもじゃないけどチビに土を被せる事など出来なかったので、友達に頼んで土をかけてもらいました、だからチビの最後はこの前の写真の様な、菜の花に包まれた綺麗なままの状態のチビしかパパさんの頭の中にはありません。

 

ミルクとねずみのおもちゃをチビと一緒に入れたから、チビには最後に色んな事を話しかけました、”お腹が空いたらミルク、いっぱい飲むんだよ、おもちゃは誰かが貸してって言ったら、仲良く一緒に遊ぶんだよ”

 

”パパのところに来てくれてありがとう、すぐ、本当にすぐに会えるからね、ごめんねチビ!”いっぱいいっぱい話しかけました、そしてもう一度チビをこの手に抱きかかえ、いっぱいいっぱいふわふわのチビにパパさんは頬をこすり付けて、最後にキスをしました。

 

友達が土をかけるところを遠目に見ながら、でも優しくゆっくりと土をかけてくれた友達には感謝しています、パパさんも最後はこの手で見えなくなったチビに土をかけました、嗚咽って、本当にもれるもんなんですよね。

 

パパさんは幾度となく書いたことがありますが、にゃんこは天使、だからいつかは神様の元へ帰さなきゃいけない、きっと”ふわふわのチビ”も、たった2日だったけれど、自分の大きな大きな役目を果たして、また次の仕事へ向かったのだと思います。

 

ペットロスについての記事、いくつか読んでみました、その中でもパパさんが気になったのは、”これからももっと猫と関わって行きなさい”そんな記事でした、パパさんに出来る事をしよう、ひょっとしたら今より大所帯になってしまうかも知れないけれど、野良たちを、たくさんこれからも助けてあげたいと思っています。

 

みなさんの方がパパさんより先輩で、だから悲しい思いもいっぱいされて来られた事と思います、こうして書けども書けども話せども、涙は枯れ果てることなく流れ、ついついみなさんに甘えてやりきれない気持ちを綴ってしまいます。

 

どうやらこの先も、パパさんは強い人間にはなれそうもありません、幾度となくこんな事を繰り返して行くのでしょう、今はまだ、菜の花に包まれた”ふわふわのチビ”の写真を見ることが出来ないけれど、この先もあの二日間、チビを一生懸命抱きしめた、そしてチビも頑張った、あの二日間を忘れる事はないでしょう。

 

さて、今ではもうすっかり散ってしまいましたが、パパさんがバイトへ行く道には白木蓮の木が街路樹として植えられていました、最初はなんの花か分からずに、でもとっても大きくて白かったので気にはなっていました。

 

”ふわふわのチビ”の母親、この三毛猫ですが、名前を”玉蘭”と名付けました、読み方は”ユーラン”と言います、実際にはこの”ユー”と言う発音はとっても難しいのですが、まぁカタカナ表記では”ユー”となります。

 

玉蘭は白木蓮の中国名です、どうかみなさん、覚えてやってください、玉蘭(ユーラン)です、”ふわふわのチビ”の事はおそらく、誰よりもこの玉蘭が悲しんでいる事でしょう、でもパパさんなんかよりもずっと強く、気丈で、残されたこの子たちを立派に育て上げてくれるはずです。

 

里親探しも考えてはいますが、今はちょっとパパさんの心が揺らいでいます、玉蘭の子猫たちに対する愛情の深さを目の当たりにしたら、母親から引き離すのはどうなんだろう?そして子猫たちを里子に出してしまったら、なにより”ふわふわのチビ”に申し訳ない気がするのです。

 

雫たちとの折り合いもあるだろうけど、出来たら先住猫たちと一緒にしてあげたいな、6匹が11匹になるだけ、たったそれだけの事かも知れません、これからゆっくり考えたいと思います、まぁしかし、涙、止まんないよー!どうしようねこれ。

 

ゴールデンウイーク、みなさん楽しんで!パパさんもふわふわのチビが待ってるから、一緒にゴールデンウイークは遊びます、なにして遊ぼうかチビ?

 

では、今日はこの辺で。

 

バイバ〜イ!

 

 

 

 

 

{love}
2017.03.31 Friday

祈り

JUGEMテーマ:ねこのきもち

ED6I3487.jpg

 

《とら》

 

それにしても月日が経つのは早いですわね〜、だって明日からはもう4月、なんだかとら、気分がウキウキしてきましたわ!きっと今年こそは素敵な殿方が、とらをお迎えに来てくれると信じておりますのよ、おほ!

 

《パパ》

 

でもね〜とらちゃん、うちにはまだ雫がいるから、あのやんちゃ娘を先になんとかしないとね、いつ嫁いでもいいようにと、少しだけ結婚資金も貯めてあるんだよ、男と付き合っても長続きしないっていうあの性格、どうしたもんだろうか、ああいうのを、”親の心子知らず”って言うんだろうね。

 

《とら》

 

心配なさらなくても大丈夫ですわパパ、とらは婆やに頼んで雫お姉様とその未来の旦那様の為に、大きなお屋敷をひとつ購入してありますの、それに使用人も何人か、だって雫お姉様ったら料理が苦手ですものね、で、ご結婚はいつになりますの?おほ!おほ!おほほほほー!

 

《パパ》

 

だ、だからとらちゃん、その予定がないから心配してるんだけど・・・とほほ!

 

                                                                ーおしまいー

 

 

ってなわけで、女の子を抱えるパパさんとしては、とってもとっても心配な毎日を送っているんだったとさ、ってか世の中の男にはもっとしっかりしてもらいたいよね、とくにゆとり世代、シャキッとせんかーい!ねぇパパさん!ぷぷぷ!

 

さてさて、今月はみなさんにとってどんな月でしたか?身を削られる様な思いをされた方もおられると思います、でも今の時期の三寒四温と同様に、少しずつ体も心もほぐれて行ってくれることを願っています、もうすぐそこまで、春は来ていますよ。

 

パパさんもバイトが始まり、夕方の4時に出かけてだいたい10時ぐらいの帰りになってしまいました、とにかく出かける前にトイレの掃除とご飯と水はしっかり準備して、でも帰って来るとこれがまたお腹を空かしてるんだよね〜。

 

野良のハチワレはいつも来てるけれど、まだまだパパさんには懐きそうもありません、踏雪はどうやらハチワレが気になるようで、いつも外を見て来るのを待ちわびているようです、でもハチワレを見たらみんにゃで、時々けんかも始まるし・・・

 

そうそう、野良の三毛、とうとう家の子になりました、おそらく雌です、捕獲するのはもうちょっと後でも良かったけれど、雌だし、それにパパさんと鼻ゴッツンやスリスリも出来たので決行しました。

 

トイレは一度だけ粗相しましたが後はご立派、おそらく1歳弱だと思われます、雫たちとの顔合わせは避妊をしてから、4月中に出来ればいいかな、でも、やっぱりハチワレと一緒にさせてあげたい、今はそれが一番の願いです。

 

ゆくゆくは我が家は8にゃんかな、まぁ先の事は分かりませんが、みんにゃ幸せになればいいと思っています、し、しまった!奥さんにはまだな〜んも言ってなかった、やばいかも?

 

あと2ヵ月を切った奥さんの帰国、パパさんの独身生活も、そろそろ終焉間近と言ったところでしょうか、まーじーかー!残念!

 

では、今日はこの辺で、写真の左が彩虹、右がとらちゃんです。

 

バイバ〜イ!

 

※私信、うみちゃんに、奇跡を!

 

 

 

 

 

 

{love}
2017.02.28 Tuesday

まーーーーーーーーーー・じーーーーーーーーーー・かーーーーーーーーーー!

JUGEMテーマ:ねこのきもち

ED6I3371 レタッチ.jpg

 

あ、あの〜、仲良しだったのね・・・ でもいつもってわけでもなさそうだし、まぁご飯はちゃんと用意してあるから、ご自分のだけそれぞれお召し上がりになって、お帰りになって下さいよ、ぷぷぷ!

 

”そのまま そのまま”、”動くなよ〜、1分でいいから動くなよ〜!”そう言って走ってカメラを取りに行った甲斐がありました、いったいどんな関係なんでしょうね〜ハチワレと三毛って、兄弟はあり得るんだろうか?

 

こんなひと時のささいな事だけど、それは一瞬にしてパパさんの体の熱い部分を通りすぎ、幸せをもたらしてくれました、日曜の午前8時、これだけでお腹がいっぱいです、にゃんこたち、いつもパパさんを幸せにしてくれて、ありがとう!

 

さてさて、だんだん春めいてきた今日この頃、あっという間に2月が終わろうとしています、今月はみなさんにとってどんな月でしたか?

 

ってなわけで、これからパパさんは5月まで、ひな祭りもひとり、ゴールデンウイークもひとり、でも時間は貴重だから、今のうちにやれる事をやっておこうと思います、ちょっと先だけど夕方からのバイトに行ったりして、少しだけ生活が変わります、まぁ5、6時間なので、にゃんこ達、ケンカしないで待っててくれるといいんだけれど。

 

年度末にかけて、みなさんそれぞれお忙しいとは思いますが、くれぐれもお体には気をつけて、にゃんことの楽しい時間を過ごして欲しいと思います。

 

人がやがて最後の時を迎える時、いったい何を一番後悔するだろうか?いつだったか、何で読んだのかすっかり忘れてしまいましたが、でもその答えをこんな風に記憶しています。

 

死に際に人が最も後悔するのは、”もっと家族を大切にすれば良かった、もっと家族との時間を作るべきだった”そう書かれていたと思います。

 

にゃんこたちと今一緒に笑って、今一緒に泣いて、今一緒に抱きしめて、ひょっとしたら明日などと言う不確かなものが幻想かも知れないのに、今を曖昧にしていては、決して明日などその手からこぼれ落ちてしまう事でしょう。

 

今日もにゃんこを抱きしめて、明日もにゃんこを抱きしめて、繋いだその手、どうか離さないで!

 

では、今日はこの辺で、みなさんにとって3月が、なんの変りもなく、平凡な日々であります様に!

 

バイバ〜イ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

{love}
Powered by
30days Album