ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.05.19 Tuesday

聞いてごらんよあの歌を 涙を支えたあの歌を ハイウェイネオンに吸い込まれ 自分を探したあの歌を

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R2554.JPG

《雫》

パパ、ちょっと聞いてくれる〜?昨日地下街でばったり昔の彼氏と出くわしちゃったのよね、って言うより向こうが先に気づいたみたいで、ヤバイな〜なんて思いながら雑貨を見てたら案の定話しかけて来て、も〜、ほ〜んと嫌な奴!

《パパ》

へぇ〜、それってもしかして雫が一番嫌いなタイプって言ってた”マザコン彼氏”の事かい?あのなんでもママに相談するっていう、でも以外に勇気があるもんだね〜、だって雫に思いっきりぶん殴られて別れたのに、また話しかけてくるなんて。


《雫》

そうなんだけど、この話はそれだけじゃ終わらないの、このアホ男、”君も幸せそうだね、でも僕の幸せには及ばないかもね〜”なんて言いながら、手を繋いだ彼女と二人でマリッジリングを見せびらかしたりなんかして、まぁその女もど〜でもいい様な女だったから、気にも留めなかったけどね、でもまだこの話は続きがあるのよ、そしたら後ろからアホ男のママが、”あ〜ら、相変わらず貧相なお顔でいらっしゃるのね”って言って来るじゃない!カチーン!と来たから向かいのお店まで”カツカツカツ”と歩いて行って、生けすで泳いでたスッポンを素手でガバッ!っと掴んで、そのスッポンで3人まとめて思いっきりぶん殴ってやったわよ!

《パパ》

ス、スッポンくん、災難だったね!にしても口が過ぎますぞ雫お嬢さん、もう二度と話しかけて来ないだろうねその男、ってか今度話しかけて来たら何でぶん殴るんだろ?ぷぷぷ!


                                                             ーおしまいー


ってなわけで、時は2015年5月18日、場所は名駅地下街ユニモール、この事件は号外が出るほどだったんだとさ、見出しは、”惚れ惚れするね〜、雫姉御にスカッと爽快!飛んだスッポンに店主の悲鳴!”、だって。


さてさて、夜中にはけっこうひどい雨が降っていましたパパさん地方、久しぶりに今日は涼しくなりそうですね〜、小寒いぐらいなので、みなさん体調管理、油断しないでくださいよ〜。

ちらほらと、色んなところでバーベキューを見かけるようになった今日この頃、パパさんも去年は2回しかバーベキューが出来なかったので、今年はもっとたくさん出来たらいいな〜と思っています。

そうなって来ると色〜んなものが欲しくなって来るわけで、バーベキューグリルなんかはパパさんちもお安いのがあるんですけどね、でもそこはやっぱり男の子、他のグリルやタープ、チェアーやテーブルなんかが揃えたくなってしまうわけですよ。

もちろん買えませーん、奥さんの”あるじゃん”の一言で、即却下となるのは分かっているんですけどね、でもパソコンで見てると楽しいんですよね〜これがまた。

だって今のグリルは網の高さが調節出来たりするんですよ、だから焦げるからと言ってお肉なんかを急いで食べる必要はないんです、”そんなのお肉をいっぺんに焼くからいけないんじゃん、食べる分だけ順番に置いていけばいいだけの話じゃない”・・・で、ですよね。

だって今のランタンはとっても明るかったりするんですよ、本当にお昼みたいな明るさで、それも燃料は灯油で値段もそんなに高くないし、キャンプにはもってこいなんです、”そもそもなんでそんな夜に外でご飯を食べたりするわけ?虫だっていっぱい来るじゃない、意味わかんなーい”・・・で、ですよね。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!








 
{love}
2015.02.23 Monday

指でなぞった柱の傷に 寂しさひとつ覚えたけれど 大人の顔を覗かせた 君の未来に嬉しさふたつ

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R7083.JPG

ってなわけで、今日のパパさん地方は天気が少し回復傾向にあり、若干ではあるけれどお日様が見え隠れしつつあります、気温も高く、スキー場には雪がなくなってしまうのではないかと心配しているパパさんです、んなぁこたぁないか!

さてさて、昨夜は踏雪をみんなと一緒に寝させようと試みたパパさんでしたが、なかなか上手くは行かないもの、時期尚早だったかも知れません、まぁ最初はこんなもんでしょう。

雫たちの部屋へ行くと踏雪はいつもお布団の真ん中を陣取ってしまい、それによってみんながお布団の中や上に乗っかるのが出来なくなり、遠巻きに見ている事になります。

肝が据わっているのか、はたまた空気が読めないのか、なんにせよ大物ぶり?を発揮しているわけですが、体もみんなの中で一番大きいし、みんなからシャッー!されても一度たりとも鳴き声をあげた事がないし、君は本当に野良さんだったのと疑ってしまうぐらいに大人しいですね〜。

で、途中まではみんなと距離を置きながら上手くいっていた踏雪、パパさんも今夜は何かあるといけないのでウトウトしながらも徹夜を覚悟でお布団の中で観察しながら起きていました。

がしかーし!小雨の降る中を奴が現れたんですよね〜、キジトラの野良ちゃん、体も大きく、おそらく雄、あの鳴き声は完全に発情期?雫、優月、寒耐、とらちゃんが一斉に窓から外を眺め始めました。

そうなるともうみんニャは興奮状態、4ニャンが興奮している窓辺に後から踏雪が近づいたもんだから、な〜んでか優月がプッツンして踏雪を追い回し、優月に捕まった踏雪は一回転、ほ〜んの薄く薄くではありますが、額に猫パンチの痕が残っていました。

行き場を失った踏雪の前にいたのはとらちゃん、これはやばい!とらちゃんすでに戦闘状態、でもテレビの裏の狭〜いところでやってるもんだからパパさん足を伸ばして止めるのが精いっぱい、なんとか奥さんと二人で止める事が出来て事なきを得ました。

その後の踏雪は少し怯えてダンボールハウスから出て来なくなってしまい、30分経過後にようやく落ち着きを取り戻し、結局朝までパパさんと一緒に別の部屋でお寝んねしたんだったとさ。

でも今日はみんニャ普通通り、踏雪もお尻をクンクンされたりとなんとか日課を済ませる事が出来ました、踏雪はな〜んでのほほんとしてるんだろ?ちょっと不思議ちゃんかも知れません、って猫にも不思議ちゃんはいるのかな?ぷぷぷ!

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!




 
{love}
2015.01.22 Thursday

いま帰る それが君に出来る事 ただいまが 君が家族に出来る事

JUGEMテーマ:ねこのきもち
IMG_7941.JPG

《雫》

みんな〜、点呼をとるわよ、優月〜!寒耐〜!とらちゃ〜ん!あ、あら?婆やもいらっしゃったのね!はい、良く出来ました!いいことみんな、ここは横断歩道だからちゃんと右を見て左を見て車が来ない事を確認してから渡ってね、それじゃあ行くわよ!

《寒耐》

わ〜いわ〜い、寒耐は横断歩道が大好きだもんね、だって運転手さんはみんな止まってくれるんだもん!あれ〜、でも優月兄ちゃん、あの運転手さんはなんだか窓から大っきな声で叫んでるよ、寒耐は何にも悪い事をしてないのにきっと寒耐に怒ってるんだもんね!寒耐はとっても怖いんだもん!

《優月》

あんな奴は相手にしなくていいからね寒耐、横断歩道を早く渡れって怒鳴ってるだけなのさ、寒耐は怖がる必要なんて何にもないんだから、もっと堂々としてていいんだよ、なんだったらお兄ちゃんが文句を言って来てあげるからとら姉ちゃんと先に行ってたら?

《とら》

あらまぁ優月さん、そんな野蛮な事はいけません事よ、こういう時には頭を使って賢く応戦するのがセレブですの、ここはすべてとらにお任せあれ!ほら、ご覧あそばせ!いま婆やに合図をしてカルガモの親子を100匹ほど横断歩道に放させましたの、これで当分あのお方も身動きが取れません事よ、おほ!おほ!おほほほほー!

                                                           ーおしまいー


ってなわけで、婆やはドラえもんかー!きっとパパさんがこの場にいたらどれだけあたふたした事やら、雫を筆頭になんとも頼もしいパパさん一家、怒っていた運転手さんもカルガモには目尻が下がりっぱなしだったとさ。

さてさて、今日は全国的に雨模様、スキーに行かれる方は雪崩に注意ですよ〜、くれぐれも滑走禁止区域には入らない様にお願いしますね。

車も歩行者もお互い様、自分が歩行者になったり運転者になったりすれば、相手が邪魔だと思う時は必ず出て来ます、自分の事はさて置き相手のマナーに敏感に反応する事も多々あると思います。

いつ何時でも気持ちに余裕を、それが全てをいい結果に導く方法だと思います、急いで車をとばしたところで5分と変わりません、前方に祖父ちゃんが運転する車が時速30kmで走っていても、そのうちどこかで曲がって行きます(例外もありますが)、祖父ちゃんを待ってあげる余裕を、そしていつかはみなさんもパパさんもこの祖父ちゃんの様になるのです。

後ろから車が煽って来たら道を譲ればいいのです、パパさんも若い頃は車を止めて言い争った事もありましたが時間の無駄、道を譲る事は徳を積む事になるのです、これは賢い回避の仕方、家で待っているニャンコの為でもあります。

みなさんの体の中に流れている燃え滾る熱い炎はこんな些細な事には使わないで、いざという時、家族が危機に晒された時やニャンコの為に使って欲しいと思います。

”そんな事に構っている暇はないわ〜、だって家族がニャンコが一番だもん!”、たった今みなさんからそう聞こえて来たので安心しました、当然ですよね。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!


ブログ、”おたっしゃくらぶー高齢ネコの日々”のあいちゃんが亡くなりました、これぞ大往生に相応しい猫生だったと思います、飼い主teaさんほど猫の体の事を分かっておられる方はそうそういないと思われ、獣医さん以上に勉強され、あいちゃんと共に生きた人生だったでしょう。

ご自分を責められてはいますが、どうか穏やかな日々が一日も早く訪れる事を願っています、あいちゃん、本当にお疲れ様でした、ゆっくり休んでね、ありがとう、あいちゃん!







 
{love}
Powered by
30days Album