ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2014.10.11 Saturday

君の心が溶けて行く 眼下に見えるは威海

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R2660.JPG

《雫》

パパ、考えて詰めてあげないとスーツケースに入りきらないわよ、なにしろお土産が多いものね、たった2週間だけどママにとっては初めての帰国、ママったらとっても嬉しそうだもの、ひょっとしたらパパはママが中国に帰っちゃったら泣いちゃうんじゃないの?

《パパ》

あのね雫、たった2週間だよ、泣く分けないじゃない、一人になれてかえって気楽になれるし、2週間なんて言ってないで1か月ぐらいママがいなくても全然平気なんだから、それより雫、大きな荷物が届いてるけどこれはなんなの?パパはこんなの頼んだ覚えはないけど。

《雫》

あ〜、やっと来たわね、とらちゃん、優月、寒耐、みんないらっしゃ〜い、これからみんなで練習するわよ、4人全員一緒にスーツケースに入ろうと思ったらちょっと工夫しないと、とらちゃんはもうちょっと丸くなって、寒耐は足をひっこめてくれる?こら優月!中でカリカリしないの!あっ、そうそう、みんな飛行機に乗る前にはオシッコするの忘れないでね!じゃあこれでよしと!なんとか納まったわね、そしたらパパ、当日はスーツケース2つ、ちゃんと空港まで運んで頂戴よ!

《パパ》

え〜、スーツケースに猫団子って、それでみんなもママと一緒に帰国しちゃうの〜、パパ、泣いちゃうかもー!

                                                            ーおしまいー


ってなわけで、空港で飛行機を見送ったパパさん、夕日に染まったパパさんの小さな背中をカラスが慰めてくれたとさ。

さてさて、台風がだんだん本土に近づいてきましたね、この台風は18号よりも北側を通る事になりそうなので広い範囲に影響を及ぼしそうです。

台風の中心が琵琶湖周辺を通過した場合、パパさん地方は台風の右側、東側に位置しているのでいっそう警戒が必要ですが、みなさんも台風情報とはにらめっこをして警戒、早めに適切な判断をして頂きたいと思います。

奥さんは11月から2週間の帰国が決定したので、今はお土産の選定を楽しんでいます、まぁでも、持って行けるものは限られていますけどね。

サハラマグ、これは保温ポットですけど8人分、それからデジタル秤は3人分を買いました、ポットも秤もあるでしょ?と思いましたがどうやらポットに関しては日本製の物がいつまでも冷めなくてみなさん喜ばれるようです。

秤の種類も少ないらしく、ケーキを作る時には重宝するらしいです、なんなんですかね、器を秤に載せたらゼロにする機能がついてないんでしょうか、それとも1グラムから量れる機能がないのかな?

あとは味噌、本だし、カレーのルゥ、スティック状のコーヒー(ミルクも砂糖も一緒になっているもの)なんかをお土産にしたいようです、でもこんなに持って行って本当に大丈夫なのかな?一応大丈夫だとは聞いていますけど・・・

カレーもコーヒーも中国の生活習慣の中には浸透していなく、特にインスタントのコーヒーをお湯で溶かして飲むという習慣はないようなので、砂糖もミルクも別々になっていると分量が分からないみたいですね。

ただ、日本のコーヒーはどれも美味しいようでみなさん感激されるようです、空気が綺麗で食べ物は美味しく、街は清潔で人々は秩序を守り、親切で礼儀正しい日本人、そんな風に外国の方は日本の事を見ていてくれるんでしょうか。

ありがたい事ではありますが、本当にそれに恥じない日本人であるのかはいささか疑問も残ります、写真家の岩合光昭さんが、”猫は平和の象徴、猫が居心地よく暮らしている街は人間も穏やかで必ず平和だった”と言われたのを覚えています。

もっともっと動物にも優しい日本人になれるはず、そうなった時に初めて誇り高き日本人と言えるのかも知れません。

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!











 
{love}
2014.09.13 Saturday

落ち葉舞う君と歩いたこの道も いっそ忘れてしまおうか

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R0386_1.JPG

《雫》

パパ、まだ準備がきないの?、早くしないと渋滞に巻き込まれるじゃないの!三連休は人出が多いんだから早く行かないと、あ〜、とらちゃん、お化粧は車の中ですればいいから後でね、も〜優月、あんたは遊んでないでとっとと車に乗りなさいよ!寒耐は忘れないようにおトイレを済ましておくのよ、ちょっとママ、今日は餃子は持って行かないから!

《パパ》

大丈夫だって雫、いくら三連休だからってみんながお休みなわけじゃないからね、旅行は時間にも心にも余裕を持って出かけないと楽しいものにはならないよ、パパはいつも行き当たりばったり、なるようになるさでこの年まで生きてきたからね、それでもこうして生活していられるんだからパパって凄くない?

《雫》

バッカじゃないのパパ!そんな優柔不断だからいつも外食する時、”あれにしようかな〜?これにしようかな〜?”って、くるくるくるくる車を走らせてお店を探すことになるのよ!それにたまたま結婚出来たからいいようなものの、ママには感謝の気持ちを伝えてあるの?じゃあ準備が出来たみたいだから出かけましょうか、で、行き先は?

《パパ》

あっ!決めてなかった・・・ チャンチャン!

                                                          ーおしまいー


ってなわけで、ぎゅうぎゅう詰めの車の中に響いた歌声”ピクニック”、パパさんはいつまでもいつまでもこの幸せを感じていたかったとさ。

さてさて、どうやらここしばらくはお天気が続きそうで三連休も絶好のお出かけ日和になるのではないでしょうか。

一週間ほど前の話になりますがパパさんの家の近くの山の頂上には神社があり、そこには神様が祀ってあります。

時間にすると大人の足で片道20分もあれば頂上までつける道のりですが、何といっても勾配がきつくて年配の方にはとてもじゃないけど登れるような道ではありません。

毎年この時期には神社に御神酒を持って行くため今年は区長であるパパさんがその役目となりました、当然持って行ったからには後日あと片づけをしなくてはならず、そこでパパさんは奥さんを一緒に連れて行く事にしました。

完全武装で出かけたパパさんと奥さん、奥さんにとっては大変厳しい山登りとなったわけですが何とか無事に下山、が、しかーし!・・・

家に帰って恐る恐るパパさんがズボンを脱いでみると・・・ふくらはぎには直径5ミリほどの蛭が食いついており、手で取ろうとしてもスッポンのようになかなか離れてくれませんでした。

なんとか蛭を取ったパパさん、もしやと思い今度は奥さんを確かめる事に・・・そこに蛭はいなかったものの奥さんの太ももの裏は血だらけ状態、いやはや可哀想な事をしてしまいました。

蜂にさされ死にそうになって点滴を受けたり、ムカデに噛まれて悶絶状態が4時間ほど続いたり、蛭に食いつかれて痛痒い思いを経験しているパパさん、それでもこんな田舎に住んでいるのは、なんでかな〜?

では、今日はこの辺で、よい週末を。

バイバ〜イ!














 
{love}
2014.08.02 Saturday

湖畔宿 誰がために筆を走らす

JUGEMテーマ:ねこのきもち
BT6R8897.JPG

《雫》

パパ、今日は富士山に行くんじゃなかったの?せっかく誘ってもらったんだからママと二人で行けばよかったのに、たまには温泉にでも浸かってのんびりしたら?

《パパ》

う〜ん、そうなんだけどね、みんなは富士山に行っても登らないみたいだし、パパとママはどうせなら登山したいから今回は残念だけど行かない事にしたんだよ。

《雫》

あらパパ、見るだけでも価値があるんだから今からでも出かけたら?そ〜ね〜、富士山に行くならこのお洋服なんかいいんじゃないの?新幹線ならきっとお昼頃には着けるわよ、向こうに着いたら絵葉書を頂戴ね!

《パパ》

あのね雫、絵葉書って・・・それになんだかやけに嬉しそうだけど、パパの気のせいかな?

                                                           ーおしまいー


ってなわけで、これって雫のパパとママへの気遣い?それとも雫がただ家で羽を伸ばしたいだけ?いずれにせよ遠まわしに家を空けるよう促されたパパだったとさ。

さてさて、今頃富士山へ向かった一行は東名高速をまっしぐら、一泊の小旅行を満喫し英気を養って来る事でしょう。

パパさんはもう何十回と富士山を見てはいるもののまだ一度も登ったことがないので、いつかは奥さんと二人で登山をしたいと思っています。

本当は元旦に御来光を見れれば最高なんだけれど、きっと富士山も渋滞なんだろうな〜、そんな事を言いながらも今日見る花火はもちろん大渋滞、あんまり変わんないっか!

みなさんくれぐれも熱中症には気をつけてくださいよ、まだまだ夏本番、事故には気をつけて暑い夏の思い出を作ってください、もちろんニャンコとのゴロゴロだらだら、ちょっとすりすり暑いじゃ〜ん!生活も満喫あれ!

では、今日はこの辺で。

バイバ〜イ!










 
{love}
Powered by
30days Album