ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.01.04 Thursday

子を抱く父の笑い顔 セピアに刻んだ人生を 涙で濡らせどなお愚か 儚さ知りてもなお愚か 

JUGEMテーマ:ねこのきもち

 

昭和3年生まれ、どんな時代だったんだろう?そんなパパさんの父が、1月3日、午後5時に逝きました、享年91歳、優しい父親でした。

 

ごめんなさい、これはパパさん自身が記録として残しておくために書き綴っておきたかったから、ただ単にパソコンに向かっただけです。

 

パパさんの母親は、パパさんが一歳半の時に亡くなりました、だからパパさんは写真でしか母親の事は覚えていません、そして父も、パパさんの母親とはほんの数年しか一緒にいられませんでした、母親は最初の子供を流産し、そしてパパさんが生まれ、しかし次の赤ちゃんが出来たもののまた流産し、赤ちゃんと一緒に亡くなってしまいました。

 

パパさんが30代のころ、ある日記を家の片隅で見つけました、それは堪えんばかりに父によって書きなぐられた、母の死についてのものでした、最愛の妻を亡くした父の叫びはパパさんごときの人間にわかるはずもなく、でも、”最後まで読まなければ”、そんな衝動にかられたのを覚えています。

 

パパさんは中学の時に祖父を見送りました、祖父は冬になると炬燵で靴下を温めて、登校する前のパパさんの足に履かせてくれたものです、30代の時には祖母を見送りました、母親がいなかったパパさんの、育ての親といっても足りないぐらいにパパさんを愛してくれ、また、大正生まれの強さをパパさんに教えてくれたような気がします。

 

誰しも通らなければならない道だけれど、またひとり、パパさんの元から去って行きます、パパさんはまたひとりぼっち、奥さんや息子がいても、やっぱりひとりぼっちになったんだなぁと思わずにはいられません。

 

父は頑張ってくれました、奥さんの喪服を用意する時間もくれましたし、初詣にお参りする時間もくれました、父の人生が幸せだったかと聞かれれば、パパさんはただただ”そうであって欲しい”、と願うばかりです。

 

色んな事を、時間をかけて思い出したいと思います、今パパさんに出来ることはそのぐらいで、父の存在がどんなものであったにせよ、今パパさんがこうしてこの世にいられるのはすべて父のおかげ、父親の気持ちが分かる様になったパパさんは、またここから父と新たな生活を始めようと思います。

 

みなさんには、パパさんから言うのもおこがましいですが、今一度ご両親に対する自分の気持ちを客観的に見て欲しいと思います、あくまで個人的な思いですが、お葬式にお金をかけるなら、ご両親が健在なうちにたくさんのお金を使ってあげてください、思い出だけが宝物です。

 

やがてその宝物は亡骸と一緒に永遠の中に閉じ込められ、そしてあなたの心の中にも永遠を作る事でしょう、故人の永遠には誰も触れることは出来ず、あなたの永遠にも誰一人として触ることは出来ません、この世にお金以上のものがあるとしたら、それは心に刻めるもの、唯一それが永遠に残るものです。

 

ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

{love}
2017.12.25 Monday

傍にいるよ

JUGEMテーマ:ねこのきもち

 

ユエちゃん、ありがとう!

 

時が経つに連れて、パパさんは亡き愛犬の心や、ふわふわのチビを感じられるようになりました、ふとした瞬間にね。

 

あなたの愛娘、ユエちゃんはいつでも傍にいますよ、だからユエちゃんを、感じて欲しいと思います、そしてぎゅっと抱きしめて!

 

では、今日はこの辺で。

 

バイバ〜イ!

 

今日もにゃんこを抱きしめて、明日もにゃんこを抱きしめて、繋いだその手、どうか離さないで!

{love}
2017.12.10 Sunday

思いのままに愛してくれた そんなあなたを誰よりも 愛しているのは私だけ 愛しているのは私だけ

JUGEMテーマ:ねこのきもち

 

《とら》

 

おかしいですわね、なんだかとら、とってもオネムになってしまいましたわ、いったいどうしたのかしら?

 

《パパ》

 

そりゃあとらちゃん、美味しいものをいっぱい食べて、おまけにお部屋も暖かいと来てるからね、眠くならない方がおかしいと思うよ、遠慮しなくていいから横になって寝ればいいのに。

 

《とら》

 

”春眠暁を覚えず”って、こういう事でしたのね、だって美味しいものを頂いたのさえ忘れてしまうほど、とらをオネムにさせるんですもの、それではみなさん、おやすみなさーい!おほ!おほ!おほほほほー!

 

《パパ》

 

え〜とえ〜ととらちゃん、季節は冬真っ只中ですけど、春眠って・・・まぁでもいっかー!ねぇとらちゃん!ぷぷぷ!

 

                                                              ーおしまいー

 

 

ってなわけで、パパさんもとらちゃんも、家族み〜んなオネムな一日だったとさ、ちなみにパパさんち、ご飯を作るのが面倒くさい時は、迷わず鍋だってさ〜、簡単だし、体がポカポカになるもんね、みんな風邪ひかないでよ〜!

 

さてさて、ずいぶんとブログをさぼってしまって、あっという間に今年もあと少しになりましたね、パパさんと言えば、う〜ん、あんまり変わりはないですね、奥さんも日本に帰国してもう2ヵ月、我が家は共働きになったので、以前よりもなんだか協力する場面が増えました。

 

息子の燕華(イエンホワァ)は中国に、1歳と4ヶ月になりました、もう立ってゆっくり歩けるようになったんですよ、この目で立って歩けるようになる瞬間を見れなかったのは残念だけれど、まぁやんちゃし放題みたいだし、心配はしてないです。

 

雫も優月も寒耐も、とらちゃんも踏雪(ターシュエ)も彩虹(ツァイホン)も、み〜んな元気です、別の部屋の王蘭(ユーラン)もメンボー(パン)もカフェ(コーヒー)も、ジーダン(たまご)もチョコリー(チョコレート)も、み〜んな元気です、まぁこっちはカーテンビリビリのスーパーやんちゃ家族ですけどね、ぷぷぷ!

 

とりあえず元気で過ごせたら、今はそれだけで十分かな、クリスマスも近いしね。

 

では、今日はこの辺で。

 

バイバ〜イ!

 

 

 

 

この子はチョコリー(チョコレート)、女の子で一番の甘えん坊、パパさんの胸の上が大好き、生後8ヶ月なのに、なんだかとっても小さい気がします、この子の目線の先には、きっと”ふわふわのチビ”がいるんだ、そうだよね、チョコリー!

 

※私信  ユエちゃんの時間がゆっくり流れます様に。

{love}
Powered by
30days Album